★セルフ・セラピー・カードを使った9月末から10月末迄のリーディング★


☆セルフ・セラピー・カードを使った9月末から10月末迄のリーディング☆

セルフ・セラピー・カードを使って、9月末から10月末までのリーディングをしてみました。

主なテーマを見るためにネガティブカードとポジティブカードを3枚ずつ引いてみると、ネガティブカードは「過去世」「裁き」「シャドー」、解決のカギとなるポジティブなカードとして「流れ」「豊かさ」「真実の愛」を引きました。

 10月は「流れ」に乗って行くことが大事な月。問題の方ではなく、「豊かさ」や「真実の愛」というギフトの方に注意を向けることで、流れに乗ることができるでしょう。

◆問題点を解釈する

「過去世」「裁き」「シャドー」

 1枚目の「過去世」のカードは、無意識的な人生のパターンが、癒されるために浮上してくるという意味。前世を信じるという方は、前世からの魂のパターンとして、あまり信じないという方は、無意識の中の物語やパターンと理解してください。怖れや痛みや罪悪感などのつらい感情が上がってきたとしても、それが癒されることで、人生が前に進み、流れに乗れるでしょう。

 そして2枚目の「裁き」のカードが表すのは、絶え間ない自己批判と、他者への批判。自己批判の嵐が吹き荒れている間は、平和が得られないし、前に進むことができません。ほんの一瞬でも、裁きを手放すと、もう一度人生を前向きにとらえられます。

  3枚目の「シャドー」とは、自分についてのネガティブな観念が抑圧されて、外に投影されたもの。あなたにとってのシャドーは、我慢できないと感じる人や、大嫌いな人ですが、その人たちの嫌なところは、実は自分がそうだと信じている性質です。その観念は抑圧され、反対の行為をして埋め合わされているのです。シャドーの下には、自分の中の光の部分、真の善の部分が隠れています。

  
◆解決法を見つける

「流れ」「豊かさ」「真実の愛」

  「過去世」を解決するカギとして「流れ」が出ました。「流れ」とは、タオの流れに乗って、何事もうまく行く、良いものがひとりでにやって来る状態です。流れは、タイミングの良さやシンクロというかたちで現れます。チャンスやツキ、運の良さです。無意識的なパターンによる行き詰まりを打開するために、タイミングの良さやシンクロに注意を向けると、流れに乗ることができるでしょう。
  
  「裁き」を解決するカギとして「豊かさ」が出ました。「豊かさ」とは、単にお金のことだけでなく、精神的な豊かさも含めたあらゆる面で、豊富で恵まれていることを表します。「裁き」の自己批判の苦しみを解消するために、「豊かさ」を積極的に受け取ってみましょう。
   
  「シャドー」を解決するカギとして「真実の愛」が出ました。「真実の愛」のカードは、今のあなたの人生にいる人やこれから出会う人に対して、心を開いて、勇気をもって与えつづけることを求めています。「シャドー」という障害は、「真実の愛」というギフトを隠すためです。あなたの心が新しい誕生を迎えて開こうとしています。あなたの心は自らを与えつくし、すべてのものを十分に受け取ることを望んでいるのです。
流れに乗った1か月をお過ごしください。
                             大空夢湧子
                                poi

【9/28(土).29(日)】ハイアーマインドとつながる2dayセミナー
~今あなたが抱えている問題の答えは、内なる叡智が教えてくれます~

このセミナーは、あなたの内なる叡智である

ハイアーマインドとつながる幾つもの方法を得ることで、

あなたが今抱えている様々な問題を自分で解決できるようにします。

■問題解決力を高めたい、もっと自分らしく生きたい方はこちら↓■
http://aitree.net/?p=450

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
読者登録してねフォローしてね


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です