『いよいよ新天照の降臨!』サアラ (転載)


10日の夜から降り出した雨は、かなり強く降り、

今朝は、火の神降臨にふさわしく、生暖かい靄がたち、

12月とは思えない温かさでした。


神秘的で、幻想的な光景を、今朝だけでもたくさん見せてくれましたね。
その後も、強い風によって浄化のプロセスは着々と進んでいます。

さて、いよいよ12日の早朝、
予定では、恐らく240分から3時半の間くらいに、
新しく就任された天照が、富士山の山頂に降臨されます。


今回、天照大御神をお迎えするのは、サラスヴァティーです。


サラスヴァティーはヒンドゥー教の創造神ブラフマーから分離した(生まれた)女神で、

後にブラフマーの配偶神となられました。


日本では、弁財天の名で親しまれていますが、

実は、弁財天は宗像三女神の一柱である市杵嶋姫と同一魂です。


そう聞けば、古事記や日本書紀などに詳しい方は納得されるでしょう。

スサノオが天照大御神の嫌疑を晴らすために、宇気比をされました。

宇気比とは、身の潔白を晴らすために神々が行う呪術のようなものです。


その際、スサノオの十束剣を天照大御神が噛み砕いて吹き出したときに、
生まれた三柱の女神が、宗像三女神です。

そのうちのお一人が市杵嶋姫です。

しかし、今回のお役目の場合には、

恐らく「サラスヴァティー」と申し上げた方がしっくりきますね。


彼女は非常に古い魂で、新天照をご指導するようなお立場だからです。


サラスヴァティーは、13時半には到着予定だそうです。


その後、木花咲耶姫との対面があります。

実は、木花咲耶姫は宇宙的に見ても、大変重要な役割を務めている存在ですから、

この地に下りてきたら、まずは彼女に挨拶を、ということになったのですね。


ET達は、私たち以上に「礼」を重んじますからね。

今、雲の向こうでは、大きなシップと、それを囲むように小型のシップが待機しています。

偵察部隊や、警備部隊のようなUFO達もたくさん飛んでいます。


静岡、山梨、長野あたりでは、たくさんのUFOを見ることができるかもしれませんね。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です