『ハワイ後のスサノオ』 byサアラ


「ハワイの儀式の後、スサノオはどうしているの?」

という皆さんの声が聞こえてきそうなので、その件についてのご報告をしておきましょう。

スサノオは、ハワイに再臨された後に、すぐタヒチに向かわれました。

タヒチには、レムリア時代に最も大きなスピリチュアルな学校がありました。

その地で、当時の教師たちであり、今は宇宙の長老教師になられた存在たちが、

改めて今回の計画について、スサノオから直接説明を受け、

また、教師たちからは、新たな智慧をスサノオが授けられるようなことがありました。

その後、111213日にスサノオは日本に入られ、淡路島にいらっしゃいます。


彼は、太古と呼ばれるような古い時代から、今に至るまで、地球に関わってきた多くのET種族について、
かなり詳細まで調べてから来られたようですが、その中で、今でも地球に関わっている種族たちや、
また、新たに地球や地球社会に関わりを持った種族たちを、それぞれ呼び、事情を詳しく聞いている状況です。


その影響は、社会的な面に既にたくさん投影されています。

この件に関しては、また後程シェアしましょう。


その後は1214日にある地で、

(ごめんなさい!それはまだ伝えてはならないと言われています。)


いよいよスサノオと天照の再契約の儀式が行われます。


今後の展開が本当に楽しみですね!


「地球の長い歴史の中で、今私たちは、最も面白い時代に生きているのだな~」と思うと、
こんなに素晴らしいチャンスを得ることができた魂を、皆さんも誇りに思いますよね。

Saarahat(サアラ)


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です