スピリチュアル・カウンセラーから啓示を受けたいという人の落とし穴。


こんにちは、Aitreeの木村です。

 

本日は、「スピリチュアル・カウンセラーから啓示を受けたいという人の落とし穴について」

お話ししたいと思います。

 

「私の魂の目的とはなんでしょうか?」

 

「私はこれから何をすれば良いでしょうか?」

 

これは、誰もが持っている永遠のテーマですが、

 

今でもチャネラーやリーディングする方に視てもらうという方が後を絶ちません。。
それはそれで、ご本人の納得する内容でしたら、

 

私たちがとやかくいう問題ではありませんが、

 

ただ、他力本願で答えを出すために、スピリチュアリズムがある訳ではありません。

 
「スピリチュアル」を広めた江原啓之氏ですら、

 

「応急処置的なカウンセリングに時間を割きたくない」という理由でカウンセリング活動を休止しています。

 

弊社でプロデュースしているサアラさんは、

 

「人の魂を勝手にリーディングすることは、たとえエゴ(意識)が求めていたとしても、人(空の化身)の尊厳を無視した行為でもあるので・・・」

 

という理由で個別セッションは極力休止し、

 

JSPスクールという場で「魂の目的」の探求方法を教えています。

 

 

もちろん、一時的に悩んでいたり、迷っている時の参考に伺うことは良いと思います。

 

私も、大手スピリチュアル系企業のコンサルもしているので、

 

海外講師の発掘などで多々セッションを受ける機会はあります。

 

(お薦めの講師などは、独断と偏見で、今後はブログなどにアップする予定です^^;)

 

そこで、得られるものも沢山あり、とても価値を感じることも多いです。

 
個人セッションなどは、自分で思っていたことなどを、

 

全く知らないサイキックな方が言い当てることで、

 

やっぱりこれで良かったんだ!と後押ししたり、とにかく話を聞いて欲しい的などに、

 

カウンセリングやセラピー的な要素でしたら良いかと思います。

 
しかし、あくまでも「魂の目的」を見つけるのは、本人の努力次第ということです。

 

これは、突き放したわけではなく、「自分の人生は自分で選択する」というテーマがあり、

 

「人生は他人の意見次第」になってしまっては、自分の尊厳を人に譲り渡しすことと同じです。

 

 

JSPスクールの活動は、「自分に対する尊厳を取り戻す」ことが目的です。

 

「自分の人生は、他者の意見を信じて進んでいいのですか?」という問いでもあります。

 
人はみな、あらゆる可能性を秘めているもので、それを選べる自由は自分にあります。

 

ですので、自分自身の可能性は他者から得るものではなく、

 

自分で切り拓くものですし、それが自分に対する尊厳なのです。

 
魂の目的を知る事よりも、まずは、空、魂の仕組み、

 

我々の存在理由、などをしっかりと理解し、

 

それから個人の目的を知ることではないでしょうか?

 

そうでないと、現在の位置と、向かう方向性すら分からずに、

 

やみくもにゴールを目指しているようなものですからね。

 
まずは、正しい智慧を得て、それに必要な準備をしっかりとしてから、

 

魂の目的の達成というゴールを目指したいですね。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です