セルフセラピーカードによる、4月のカードリーディング


こんにちは。大空夢湧子です。

「セルフ・セラピー・カード」を使って、3月の傾向と幸せのヒントをリーディングしてみました。

<4月のカードリーディング>

4月がどのような月になり、どんなワナに陥る傾向があり、その解決のカギは何なのかを「セルフ・セラピー・カード」でリーディングしてみました。

 新学期、就職など新しい環境に入ることも多い4月。期待やストレスも多く、気持ちがひとつにならず、前の環境や人への未練や執着も出てきそう。

そこで「コミュニケーション」によって誤解を解き、「期待」や「執着」を「手放して、自分の「真実」の道を進む事が幸せのカギのようです。

<より詳しい説明>

 4月におちいりやすいワナとして、「期待」「隠れた自己」「執着」のカードを引きました。

解決のカギとして、「コミュニケーション」「手放す」「真実」を引きました。

「期待」のカードが表しているのは、自分はもっとできるはずだと自分に要求しつづける苦しさ、ストレス。また、人に期待と要求してしまうストレス。

  
それを解決するには、「コミュニケーション」によって相手に橋をかけて、自分の立場や気持ちを明確に伝え、行き違いや誤解を解きましょう。
   
 
「隠れた自己」とは、意識しているのとは違うことを望んでいる自分の一部。前に進もうとしているのに、自分にひそかに後ずさりしている部分があると、なかなか前に進めませんよね。

 
それを解決するには、執着や期待やニーズやこだわりを「手放す」こと。

 
過去の人や状況に「執着」している間は、前に進まないようにしているのです。4月は、自分にとっての「真実」の道を前進することで道が開けるでしょう。

  
桜が咲き、どんどん暖かくなり、活動的になる4月。季節が進むように、私たちも前に進みましょう。

大空夢湧子
poi

【セルフセラピーカード講座】

定期的にこのセルフセラピーカードの基礎講座と応用講座を開催しています。

自分のための問題解決や、他者へのカードリーディングが出来るようになるための講座で、ルフセラピーカード・スペシャリスト認定講座もあります。

ご興味がある方はこちらをご覧ください。 → http://www.reservestock.jp/events/33326


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です