セルフセラピーカードによる、6月のカードリーディング


こんにちは。大空夢湧子です。

「セルフ・セラピー・カード」を使って、6月の傾向と幸せのヒントをリーディングしてみました。

<4月のカードリーディング>

今年の6月はワールドカップで盛り上がりそうですね。6月があどのような傾向があり、解決のカギは何かを「セルフ・セラピー・カード」でリーディングしてみました。

6月におちいりやすい傾向や罠のカードとして、「期待」「過去世」「暗いストーリー」を引きました。

解決の鍵として、「インスピレーション」「恵まれた才能」「真実」を引きました。

梅雨時で湿っぽい6月ですが、「インスピレーション」のひらめきに従い、自分のできることをやって「才能を」発揮していくと、だれにとってもうまく行く「真実」を選択できそうです。

■より詳しい説明

6月は、自分ならこのぐらいできるはずという「期待」や、人からの期待に応えようとして、頑張っても満足できずストレスを感じる傾向がありそうです。

そこを解決するカギは、「インスピレーション」に従うこと。

インスピレーションは、あなたを幸せへと導くハイアーマインドからのメッセージ。インスピレーションに従うと、自分に相応しい人間関係や豊かさが得られます。

6月のもうひとつの傾向は、無意識にやってしまう、うまく行かないパターン。それは喩えてみれば、「過去世」から持ってきたうまく行かない癖のようなもの。

そこを解決するカギは、人のために自分のできることをやって才能を発揮すること。

才能といっても、あまり大げさに考える必要はなく、元気のなさそうな友だちをユーモアたっぷりに笑わせるのも才能です。
  

6月に陥りやすいもうひとつの傾向は、「暗いストーリー」。

無意識に暗い筋書き通りに物事がどんどん悪い方に展開してしまうこと。

これを解決するカギは、「真実」を選択すること。真実とは、自分にとって飲みならず、関係者全員にとってもうまく行くもの。

なんだか物事が暗い方に展開している時には、次のアファーメーションを言ってみましょう。

 「真実は私のマインドの間違いを正してくれる。」ACIM

何度か言っているうちに、不思議とこころが晴れてきますよ。

【セルフセラピーカード講座】

定期的にこのセルフセラピーカードの基礎講座と応用講座を開催しています。

自分のための問題解決や、他者へのカードリーディングが出来るようになるための講座で、ルフセラピーカード・スペシャリスト認定講座もあります。

ご興味がある方はこちらをご覧ください。 → http://www.reservestock.jp/events/33326


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です