バイオフォトン(光)について



1933年にロシアの物理学者アレキサンダー・グルヴィッツ(Alexandar Gursitsj)は、
すべての細胞は「光」(フォトン)を放出しているという仮説を立てました。1970年後半には、ドイツの物理学者たちがその仮説を科学的に証明しています。

細胞は「光」を放出するだけでなく、吸収し備蓄します。

物理学者ポップ(Popp)とマースマン(Mersmann)は、「光」の吸収時間は細胞の「質」と関係があると確信しました。ちょうど電池と同じように健康な細胞は、長時間「光」を蓄えることができ、不健康な細胞は短時間で消耗してしまうのです。彼らはまた細胞が死んでいくプロセスが星のそれと似かよっていることを発見しました。星は死ぬ直前、新星に変わるのですが、その際の発光は千倍にもなります。

さらに健康な細胞の放出する「光」には一貫性があり、不健康な細胞の放出する「光」は無秩序であること、そして、その無秩序な放射物は電子フィルターを用いて分別可能であることが発見されました。

大学病院の放射線医学専門家は、そういったすべての発見を療法として確立しました。この療法によって、無秩序な放射物は反転されて体内へ戻されて中和され、健康なものだけが残るようになりました。すべての細胞の中で毎秒10万回もの化学反応が起こっています。

この過程は周知のとおり、電磁信号によって操作された細胞の中心から発信する「光」の信号が、科学反応の原因だと考えられています。「光」の信号以外、どんな光のシステムを利用してもこれほどの反応を起こすのは不可能です。なぜならば、「光」の速さで動作するシステムはほかにないからです。電磁振動がなければ科学反応、生科学反応は起こり得ません。

もし、この電磁振動を変えれば、のちに続いて起こる科学反応も変化するのです。身体の科学的性質を変えたければ、電磁気を変えなければならないのです。この電磁振動を無視して医薬品を使用するなどして科学的性質のみを変化させると、効き目もわからないまま一生その医薬品を使うはめになってしまいます。

科学的性質に悪いところがあれば、振動に悪いところがあるということです。科学的性質を修正するには、振動を修正しなければなりません。そうでなければ、何の保証もなく、症状と戦っているだけになってしまいます。しかも間違った信号(電磁振動)は、その方向を正すことができないまま、別の問題を引き起こすことになります。

ですからエネルギーシステムを秩序立てておくというのは、非常に大切なことなのです。エネルギーは多ければいいというものではありません。「量」は確かに大切ですが、「質」は、それよりはるかに重要なのです。
さらに、万物はそれぞれ特有の放射物をもっていることが証明されています。

◆スターライトについて

今回のセッションで使用する機器は、スターライトという、光子共鳴を利用し、測定・セラピーを行う機器です。その前身となるのが、EVAというドイツ人医師のフォルが構築した理論に基づく経絡測定機器です。

フォルは、経絡の微弱な電流を流し、その電気抵抗値を測定することで、具体的に身体のどの部位にエネルギーの乱れが生じているのかを指摘する方法を開発しました。さらに健康に良いものは身体に接触しただけで、エネルギーの流れが正常な値を示すことを発見し、これにより患者さんに最適な薬や量を選択することが可能としました。

生体光子(バイオフォトン)は、現在検査可能なもっとも精妙なバイブレーションであり、これを調べることにより生物のみならず全ての物質の様々な要素を知ることができます。この検査方法は、公的に認定された方法で、大手食品メーカーなどですでに利用されています。もちろん、スターライトもこの理論を応用しております。

EAVの世界普及について

EAV機器は、ドイツ中心に2万台以上普及していると言われています。そしてドイツに次いで普及しているのがロシアです。ロシアではすでに5000人以上の医師がEAVトレーニングを受けています。EAVを含めた代替医療を研究する者にとってロシアの研究蓄積は見逃せません。

◆光子共鳴について

テレビやラジオをつけたとき、すべての放送は同時にオンエアされているにもかかわらず、それらすべての放送を混線して受信することはありません。

あなたは自分のテレビやラジオをある特定の信号に合わさなければなりません。あなたのラジオやテレビがちゃんと共鳴すると、そのときにのみ、選択した局を鮮明に受信できます。チューニングがうまければうまいほど、共鳴ができ、それだけ画像や音質信号が良くなります。医学において、人体も特定の信号に合わせてやれば、その信号と共鳴することができます。つまり、言いかえれば人体がその信号と同じ周波数であれば、共鳴できるということです。

治療するインパルス(周波数のようなもの)が、その人体の周波数と一致した場合にのみ、効果をあらわします。設定された治療インパルスが人体と共鳴できるときのみ、効果が得られます。これがバイオ共鳴の原理です。もしインパルスが共鳴しなければ、どんな治療も成し遂げることができません。

「光子共鳴」は、すべての治療処置の中心的原理です。ですから光子共鳴がすべての健康への鍵になります。

英国スタンフォード大学の教授シリル・W・スミス博士は、治療インパルスに人体が100%共鳴できると、即座に成果を得ることができることを発見しました。

◆「バイオフォトンセラピー(光子共鳴療法)」について

「バイオフォトンセラピー(光子共鳴療法)」は、不調和周波数を減少させることが目的なのですが、果たしてどのようにするのでしょうか?この問いに対して物理学者と内科医は、1つの答えを見つけました。

つまり、患者に不調和周波数の反転(ミラー・イメージ)を与えることです。最終的に2つ正反対の波がお互いに中和します。この法則がはじめて医学に応用されたのです。

装置についている特殊電気フィルターが人体から調和周波と不調和周波とを分けます。そして不調和の波は180度動かされ反転します(図1)。それから人体に戻されます。すると問題の周波数は、細胞や組織から解放されます(図2)。

この方法で、患者自身の病的振動はもちろん、体内に蓄積されていた農薬など、外からの物質の病的振動をも中和することができます。振動の反転は、それまでは考えられなかった医学的な大進歩です。人体の制御機能を異常な周波数から開放することができるようになったのです。

光子共鳴、患者との物質の振動、調和振動と不調和振動、不調和振動の反転など、これらはそれぞれの個人に合った療法の理想を実現するものです。スターライトを使用して、深刻な治療問題が起きることはないでしょう。唯一、副作用が起こるとしたら治療後に患者が疲労を感じるくらいです。これは約24時間続きます。しかしこれらの時間を過ぎると、診断と治療が正しければ、随分状態が良くなるでしょう。

電磁気振動は、物理学で紹介されるように、情報キャリアであると同時に情報そのものです。それらのとても得意な特徴のおかげで、それは機械と人間とを操作することができるのです。

薬物療法の錠剤や注射は、情報キャリアの一種です。ここに含まれる情報が、生化学プロセスを起こし、そこから先は人体のエネルギーがそのプロセスを引き継いで作用します。「光量子共鳴療法」は、e.m.振動を使用してこれらの振動の中に含まれる情報に反応して治療します。

スターライトは、身体自体がもつ振動を吸収し、それらを矯正し、その矯正した振動を身体に送り返します。またこの光子共鳴装置は、アレルゲン、組織、細胞、器官、薬物などから振動を取り出すこともできます。

◆「光子共鳴」原理の実用化

科学者が証明しているように、私たちの無限の全宇宙は、エネルギーの広大な広がりであり、その中で、エネルギーが濃縮される過程を経て、惑星や星が形成されました。エネルギーが非常に高密度化し、物質とみなされるようになった物体の一つが私たちの地球です。しかしもちろん地球だけが高密度エネルギーなのではなく、私たちの地球上に生存しているすべてのものがそうなのです。

アルバート・アインシュタインは、物質とエネルギーの等価を有名な公式に定めています。E=mc²。Eはエネルギーで、mは質量、cは光定数です。

これは、同時に人間は電磁界であることを意味しています。どのような調査方法を取るかによって、この電磁界は電磁粒子としてあらわれたり電磁波として扱われたりします。この知識は、医学にとって非常に重要です。というのもこのおかげで、エネルギー医療という、まったく異なる次元への突破口が開けるからです。

このことは人体が、エネルギーの観点から研究治療されることを意味します。
これにより、医学は診断治療に新しい可能性を生み出しました。従来の医学は、物質レベルに留まり、ほかのすべてを非化学的であると見なしています。でも彼らがしていることはまぎれもなく非科学的です。というのは通常の医学は、死亡した人体から得られた知識に基本を置いています。しかしすべてのものは生きているのです。

これまでの医学では、生きている人体に関するごく限られた知識人も大部分は、生体外の研究から得たものでした。このような研究の仕方では、すべてがコントロールされており、現実的な状況とはかけ離れています。

新しい科学発見にもとづいて発展したのが内科治療科目分野の1つである、いわゆる「光子共鳴治療法」です。これは、患者と物質との電磁気振動で治療をします。

【実例:脳死の方にフォトン(光)をチャージすると!】

あるとき、脳死により死と診断された人がいたが、ヨハン博士は直感的にまだ生きていると感じた。確認のため、フォトンの状態を調べた結果、まだわずかに身体の細胞からバイオフォトンの放出と吸収が確認された。そこで、バイオフォトンセラピーを行い、フォトンをチャージした結果、脳死とされた人は目を覚ました。幸い脳にも異常なく、今も健康で生存している。

光子共鳴治療法の父は、ドイツ物理学者ポップ(Popp)とマーズマン(Marsmann)とドイツ内科医モーレル(Morell)です。

モーレル博士は、薬物療法の代わりに患者自身の振動を使うことができれば、治療は、さらに絶対的な成果があると考えました。彼は、患者自身の振動を測り、測定したその振動を矯正し、矯正した振動を患者に送り返すことができるような装置をつくりました。そしてこれにより、驚くべき効果が得られました。つまり、それまで治療できないとされていた病気に明らかに効果があらわれたのです。

これによりモーレル博士は、現在においてもっとも正確な診断と治療をするシステムを確立したのです。

身体のエネルギー状態は、病気や、放射線によって変わることがあります。もちろん、食べ物、薬物、接触、感情など、すべてのものが身体のエネルギー状態に影響を与えます。ほとんどの要素が、良くも悪くも身体に影響を与えるのです。

健康な人間が、病気の人間とは異なる周波数を放射することは容易に想像できるでしょう。これらの周波数は、お互いに絡まりあっています。健康な組織は、一貫性のある周波数を放射し、何らかの異常がある組織は不調和な振動を発しています。


◆電子スピン反転と病気の関係

身体に何かしらの不調がある場合は、体内の原子の回転が反転してしまっている可能性があります。(電子スピン反転) スピン反転が原因でおこる代表的な病気に、白血病・アレルギーと霊障(帯電と磁場の反転)・慢性疲労(電子の回転速度との関係)などがあります。※現在電子スピン反転を治せるのはスターライトだけ

◆電子スピン反転のメカニズム

原子核の周りを回る電子ですが、実は電子自身も自転をしています。この自転には、右回り(高いエネルギー状態)と左回り(低いエネルギー状態)の2種類があります。この電子の自転運動を「電子スピン」といいます。 通常は2つの電子(対電子)のスピンの向きが違うので、発生させる磁場は打消し合います。よって、その磁場はなく、安定した状態にあります。

しかしながら、活性酸素などにより、そのうちの1つの電子が奪われた状態(不対電子)になると不安定な状態になります。この不対電子に電磁波などの外部磁場の影響が及ぶことにより、スピン反転(高いエネルギー状態⇒低いエネルギー状態)を起こします。

◆電子スピン反転による電流と磁場

電子スピン反転すると電流、磁場ともに向きが逆転するということになります。磁場(磁界)が逆転することにより、人体へ様々な影響があると言われています。

◆地磁気の変化と人体への影響

生体はまわりの環境と密接に関係している。従って、人の体の機能も外的条件に適応するようになっている。外的条件のなかで、気温、湿度、光度(明るさ)のような気象条件の影響については、早くから調べられ、論文や著書にとりあげられている。

しかし、電場や磁場の影響についての関心は大変低かった。これは一般的に、生物が電磁場に対しては、他の感覚の場合のように、確かな受容器をもたなかったことによるものと思われる。

  • 地磁気変動が、心臓血管系、各種伝染病、神経病、眼病(緑内障)などの発病に関係している。
  • 地磁気変動の二日後に、病院に入院する人が増える、死亡率が増加する。
  • 血圧と白血球数、心拍数などの一日中の変化(日変化)が地磁気の日変化とよく似ている。
  • 磁気嵐(*1)のときには、老人の脈拍が増加し、血圧が上がる。
  • 磁気嵐のときには、交感神経や副交感神経の緊張が増大する。
  • 目の網膜の暗黒反応のレベルが地磁気活動度の一日リズムに依存する。
  • 地磁気活動が低い時には月経周期は短く(頻度が高い)、高い時には周期は長い(頻度が低い)。
  • 地磁気活動が高い時間帯には出産が多い。

*1:磁気嵐(じきあらし、Magnetic-storm)とは、 地球上の地磁気の急激な変化によって起こる科学現象。フレアにより太陽上に発生する荷電粒子が地球上に降り注ぐのが発生の主な原因で、フレア発生から1~数日後に観測される。磁気嵐が発生すると、電子精密機器に異常が発生したり、無線通信に影響を及ぼす等の悪影響がある。太陽黒点の活動が活発なときに発生しやすい。

■ジオパシックストレス(地磁気障害)と水脈と竜脈(レイライン)

地磁気障害には、地下水、地雷棒、土の地殻の裂け目などが原因であるレイラインがあります。これらは、地球磁界が障害を受ける原因になり、このような磁界においては人体が損傷を受けることは間違いありません。実際、人体に損傷を与えるのは、このような磁界の力ではなく、その質です。
このような磁界に長時間いると、電子スピン反転を起こしてしまいます。

【参考文献】 「ヘルス・エンジェル マニュアル」 株式会社IHMトレーディング発行


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です