世界で一番、空気と水のきれいな島を巡る 『タスマニアーツアー』 日程表


ジェフが日程表を作ってくれました。

かなり長いですが、これだけ色々と連れていってくれる現地ツアーは他にはないのでは? と思う位、タスマニア満喫ツアーになっていますおんぷ。

※昨日、タスマニアの魅力に着いて書きましたので、もしタスマニアにご興味がある方は、昨日の記事を読んで頂けたらと思います。

9月3日 木曜日
夜の便で、日本からオーストラリアに向けて出発(機中泊)
※エアーチケットは、各自で手配していただきます。参加する方が成田の場合、出来る限り同じ便をお奨めしますので、こちらで安いチケットを調べ、そのチケット情報をお知らせします。

9月4日 金曜日
朝の7~8時にシドニーに到着。(イミグレーションと税関を通るまで約1-2時間かかります)
通訳の松元優がシドニー国際(インターナショナル)空港にお迎えに参ります。そして、一緒にオーストラリアの国内便への乗り継ぎの空港まで向かいます。国内便発着のドメスティック空港で荷物をチェックインできますので、その後(だいたい10時以降)は自由になります。

もし良ければ2時間半くらいの空き時間がありますので、電車に乗りサーキュラー・キーに行き、(通訳が一緒に行きます)そこで美しいシドニー湾を眺めたり、オペラ・ハウスまで歩いたりすることができます。
シドニー湾にはたくさんのカフェがありますので、お昼ご飯を海やハーバー・ブリッジを眺めながら楽しむこともできます。1時15分までに電車に乗り、ドメスティック空港にお戻りください。

2時20分にシドニーからホバートに飛び立ちます。
ツアー料金には、ホバートに着いてからホバートを帰りに出るまでツアーで滞在する全ての料金が含まれています。但し、お昼代と飲み物代や個人のおこずかいは含まれていません。
ジェフが空港にお迎えに参ります。ツアーの専用バスはとても心地よい新しいバスです。

ウェリントン山までドライブ(サンセット)
バスでホバートの街の、ダーウェント川の橋を渡り、ウェリントン山に向かいます。そして、ウェリントン山の見晴台から、素晴らしい夕焼けを見ます。
ウェリントン山はこの地域で最も高い山で、ホバートやダーウェント川と湾を見渡せる素晴らしい景色です。山の頂上から夕暮れ時に、海や海岸線を見るのは忘れがたい経験になることでしょう。

ホバートの宿泊先までドライブ
山から下りて、ジェフがサンディ・ビーチにお連れします。ここはホバートで最もトレンディーな場所の一つです。宿泊先はブルー・ヒルズ・モーテルです。

この宿泊先はツインルームのお部屋で、どのお部屋もクイーン・ベットとシングル・ベットとなっています。どのお部屋もセントラル・ヒーティングと電気毛布、ケーブルテレビ、紅茶とコーヒーを作る設備、ダイレクト・ダイヤルの電話、ブロードバンド・ワイヤレスのインターネットのアクセス、ヘア・ドライヤー、アイロンとアイロン台そして冷蔵庫が付いています。

ホバートで夕食
金曜日の夜になりますのでレストランの予約をします。ツアーのメンバーが揃った段階で予約をします。
ホバートにはたくさんの良いレストランがありますので、以下からお選びください。シーフード、アジアンヌードル、インド、タイ、イタリアン。レストランが決まりましたら、ジェフがバスで皆さんを送迎します。
この日は、日本からの長旅なので早めに就寝されるのを望まれるかもしれませんね。でも、もし良ければ夕食の後に街を歩いたり、オーストラリアのテレビを見るのは如何でしょうか?

9月5日 土曜日
よく眠ったところで、朝は割と早くからスタートします。紅茶かコーヒーと軽めの朝食をとり、モーテルをチェックアウトし、バスに乗ってサラマンカ・マーケットに向かいます。

9時 サラマンカ・マーケット(市場
サラマンカ・プレイスはホバートに来たからには必ず行かなくてはいけない場所です。多くのギャラリーやレストラン、カフェや1830年代の砂岩の倉庫があり、サラマンカ・マーケットが開かれています。今まで訪れたマーケットの中でも最高です。特に土曜日のサラマンカ・マーケットには、皆さん心を奪われることでしょう。何百もの露天が並び、大道芸の人がいたり、バンド演奏があったりと、とても賑やかです。

地元で作られているアートやクラフト手芸品、タスマニアの美しい木でできたお椀などや、ローカルなウールや皮、綿の珍しい洋服など様々なものが売っています。ハーブのクリームやローション、石鹸などのお店や、たくさんのラベンダー製品、地元で作られたワイン、香りのいい美味しい食べ物がたくさん売っています。クリスタルや貴重な宝石、収集品やユニークなお土産となる品など、全てお手ごろな価格です。

昼食 (マーケットもしくは波止場で)
マーケットで美味しい食べ物を試した後も、まだお腹がすいているようであれば、美味しいフィッシュ&チップスの昼食を、ホバート・ワーフ(波止場)で食べることができます。いつもたくさんのヨットがアンカーで繋がれていて、港を見渡す素晴らしい景色です。

ジーブスタウンとヒューオン・バレー渓谷までドライブ
昼食の後は、ヒューオン渓谷まで田舎の景色を見ながらのドライブです。ヒューオン渓谷では大きな木のある森をお散歩します。

タフーン・フォレストの森のエアウォーク
タフーン・フォレスト・リザーブは、タスマニアでも最も有名な森です。花をつける木の中で、世界で最も背が高く60m近いユーカリがある場所です。そして、この森にあるタフーン・エアウォークという、長さ597m、高さ48mにも及ぶ橋があります。このエアウォークは、ユーカリの森の20m上にあり、なんと!両端に柱はなく、梁だけでできていることから、エアウォークと呼ばれています。

美しいい木々や森の様子を、高いところから鳥瞰図のように見ることができます。また、ピクトン川とヒューオン川や森の周辺の息を呑むような景観も見ることができ、どの年齢層の方でも歩ける穏やかな道になっています。エアウォークは、タスマニアの美しい自然を楽しむ他に、類をみないような体験になることでしょう。

サウス・ポートの宿泊先 ジェッティ・ハウスとサザン・フォレストB&B
エアウォークからバスに乗り、更に南のジェッティ・ハウスとサザン・フォレストB&Bの宿泊先に向かいます。このB&Bは木材で作られたモダンな建物で、ジェッティ・ハウスは独特な建物で、二軒ともチャーミングな宿です。どちらの宿も、家庭栽培や地元で採れた食材を使用した、豪華な朝食をご用意します。

ジェッティ・ハウスで夕食
夕食は、ジェッティ・ハウスのロスとカールが、私達のグループにだけ特別な美味しい食事をご用意します。夕食の後は大きな暖炉の周りに心地よく座り、美味しいポート・ワインや紅茶、コーヒーを片手に“お喋り”に花を咲かせるのはどうでしょうか。

9月6日 日曜日
ジェッティ・ハウスで朝食
家庭栽培や地元で採れた食材を使用した、本当に美味しい朝食をお楽しみください。

宿を8:30am出発  エンド・オブ・ザ・ロードとホエール・モニュメントへ
エンド・オブ・ザ・ロードは、道路がある最南端になります。19世紀には、サウスポート(港)は捕鯨船やアザラシ猟船の停泊する港として、また材木産業で栄えた場所です。大きなホエール・モニュメント(クジラ記念碑)や、道の終わりを示す標識があります。コックル湾は美しい手付かずなビーチになります。

スティング・ケイブ(洞窟)
次に、近くにありますハスティング・ケイブ(洞窟)に向かいます。タスマニア・パーク&ワイルドライフ・サービスの案内で、洞窟内の最も大きな広場、ニューデゲイトまで45分かけて歩きます。洞窟は素晴らしく、流れ石、鍾乳石、柱、石筍や珍しいヘリクタイト ― 小さいフィラメント内にカルサイトが渦を巻いたもの等があります。

この洞窟は約4千年前から形作られ、1917年に材木の労働者が入り口を発見するまで、存在が隠されたままでいました。この素晴らしい発見を、当時の知事の名前をとりサー・フランシス・ニューデゲイトと名づけました。
ニューデゲイト洞窟内は広く、細い通路はなく、明かりも付いています。石灰岩よりも硬くて重いドロマイトができる、オーストラリアの数少ない洞窟の一つです。(ドロマイトとは真珠のような白色で、ピンクがかったクリスタルです。有名なタスマニア岩とは違います)洞窟内の気温は年間を通して9℃で保たれています。
神秘的な洞窟の後は、どうぞ温泉でお寛ぎください。

温泉
この温泉は、森やシダの葉に囲まれたところにあります。更衣室とシャワーとお手洗い、バーベキューのできる場所や、森の中を歩けるようになっている大きなピクニック・エリアにあります。この温泉のお湯は、年間を通して28℃の湧き水です。衛生的にも管理され、子供のための浅いプールもあります。.
温泉といっても日本の温泉とは違い、この湧き水はプールにも流れていて、水着を着用して入ります。水着を着て入っても、温泉水は疲れた筋肉を癒してくれます。

ハスティング洞窟のキオスクで昼食
このキオスクは、温かい食べ物から冷たい食べ物まであります。腰をおろして昼食をとるなり、温泉を長く楽しみたい方は何か食事を購入して、次の冒険の場所まで移動する、バスの中で食べるのもいいかもしれません。

ルナリス・ジェムストーン
ありきたりのクリスタル・ショップとは違います!ルナリス・ジェムストーンの主人、ボリスとクリスティナは地質学者です。お店のルーン・リバー・ショールームに置いてある、沢山の原石を発掘した、経験豊富なオーナー達です。ルーン・リバーで見つけた、貴重なジュラ紀の森のシダが化石化したものや、木やオニキスの化石化したのも、様々な色のアゲイトや、ジャスパーなどがあります。

タスマニアでしか採れない珍しいスティチタイトやセルペンタイトの素晴らしい標本があったります。それらはまだ原石の段階のものや、磨いてカーブが付いたものもあります。タスマニア産のみならず、オーストラリアの他地域のものや、海外からの鉱石やクリスタルがここでは販売されており、日本で通常購入するよりも安い値段で買うことができます。

コーラル・リンク・ルック・アウトで、クリスティナと一緒に原石を探すツアー
私達のグループのためだけに、クリスティナが原石を探すツアーを特別にご用意致します!
ルーン・リバー(川)の原石の出る場所です。ここはアマチュアやプロの人達が美しいアゲイトやジャスパー、クオーツ・クリスタルや、ジュラ紀の木や珍しいシダの化石化したものを見つけています。掘るか“注意深い目”でウロウロと歩き回るだけでも通常は原石を見つけることができます。
専門家のクリスティナに、自分が発見したものを鑑定してもらったり、時間があれば磨くやり方を教えてもらえることでしょう。

オーフォードの途中で夕食
ツアーのメンバーで、何を食べるかが決まったら、そのお店に向かいます。

オーフォードに向けてドライブ
夜の時間のドライブになるので、晴れていたら空を眺めてみてください。タスマニアの夜空は、宝石を散りばめたような神秘的な星や惑星が瞬いているのが見えます。あたかもベルベットの上にある、ダイヤモンドのように光っています。そしてまた、目を凝らしていると野生の動物を見つけることができるかもしれません。ワラビーやパディメロン、カンガルー、ウォンバット、もしかしたらタスマニアン・デビルもいるかもしれません。

リバーサイド・コテージにて宿泊
オーフォードでは、プロッサー・リバーの土手にあるコテージに分散して泊まります。このコテージは、古いスタイルのビーチ・ハウスを思い出させる、海をテーマにした宿です。人里離れた場所にいるけれども贅沢なロッジで、滞在を満喫してもらえるような一流の設備です。

長い一日の後で、寝る前にもしかしたらワインを少し傾けるのもいいかもしれません。都会の喧騒から離れて新鮮な空気を吸って、素晴らしい寝心地をお楽しみください。平和的で静けさのある夜です。

9月7日 月曜日
よく眠った後は、早朝に川沿いをお散歩しましょう。その後に、美味しい朝ごはんをコテージでどうぞ。
オーフォードはタスマニアの東海岸の人里離れた魅惑的な場所です。ホバートから73km北にいったところにあります。プロッサー湾の入り江の南側湾岸にあるプロッサー川の河口口の中央にある村です。この湾を越えたところに、マーキュリー・パッセージ(水路)があり、マリア島が背後に見えて素晴らしい眺めです。
ピクニック用にお昼ご飯を購入し、トリアブンナに向かうフェリーに乗ります。素晴らしい漁村で、この湾岸で最も安全なハーバーがあります。

10:30マリア島に向けてフェリー(トリアブンナから出港)
マリア島国立公園は歴史をもつ島です。1642年にアベル・タスマンが、バタビア(ジャカルタの旧称)の知事の妻である、マリア・ヴァン・ディーメンを讃えてその名前を付けました。フランス人が1802年と、1825年に訪れました。ポート・アーサーよりも7年前に、イギリス人がこの島を流刑地として定めました。この島の過去を表わす、沢山の歴史的建造物や面影を見ることになるでしょう。

今日に至っても、この島には車が走っていません。歩き周ることで、この素晴らしい自然の美しさを実感されることでしょう。息を呑むような断崖や驚くほど素晴らしい湾岸線です。ビーチを歩き回って海藻をちょっと食べてみるのも楽しいかもしれませんね。
お昼はピクニック・ランチをお楽しみください。

16:00 トリアブンナに戻るフェリー

メイデナへドライブ
トリアブンナからメイデナに向かいます。メイデナはゴールデン・リバー・ロードにある小さな街です。南西世界遺産エリアの外れにあり、マウント・フィールド国立公園から車で10分のところにあります。この国立公園には素晴らしいラッセル滝があり、スティックス渓谷に近い街です。このスティックス渓谷には翌日訪れる予定です。ここは世界で最も背が高い広葉樹の木々がある場所です。2006年の国勢調査によるとメイデナの人口は245人です。

ジャイアント・テーブルにて宿泊
ジャイアント・テーブル&コテージは、心地よいベッドと居心地のよい雰囲気、美味しいお料理で有名です。家族経営で誇りをもって運営されています。
森にある“ジャイアント・ツリー”に因んで、昔、材木の労働者とその家族によって建てられました。静けさに浸り、新鮮な空気を吸って素晴らしい田舎をご堪能ください。あなたのスピリットを取り戻すことでしょう。

この地域では、緑豊かで穏健な雨林、素晴らしい山並み、世界で最も背が高い木々、手付か手付かずの自然、そして素敵なワイルドライフがすぐそこにあります。ジャイアント・テーブル・コテージは川の土手にあり、カモノハシが生息しています。早朝か、夕闇の頃にカモノハシを見ることができることでしょう。

ジャイアント・テーブル・レストランにて夕食
ジャイアント・テーブルに滞在するゲストをもてなす、オーナー家族のプライドにかけて、本当に素晴らしいお料理が用意されます。地元で採れたフレッシュな食材です。通常、月曜の夜は、ダイニング・ルームはお休みですが、私達のツアー・グループの為だけに、スペシャル・ディナーを作ってもらいます!

ビデオ(映画)鑑賞「バラカ」
夜ご飯の後は、くつろいで「バラカ」鑑賞を堪能ください。これは世界中の人々の織り成すサウンドや儀式、音楽と美しさを捉えた映画です。この映画鑑賞の体験を、言葉で言い表すのはあまりに深遠で難しいほどです。

9月8日 火曜日
8:30amに宿を出発
“最も背が高い木々”の森に続く入り口まで車でドライブ

巨大ユーカリの木からスティックス川まで散策
このユーカリの木は、世界で最も背が高い広葉樹です。オーストラリア原産で、タスマニアとビクトリア州にほとんどが生息しています。タスマニアの南西と、ビクトリア州のオタウェイ山脈、ヤラ山脈と高山地域です。ユーカリの木は400年以上も生きて、130メートルの高さまでに至るということが分りました(130メートルになったら、全ての木の中でも世界一高い木になります!)。このような背の高い木々があるのはタスマニアのステックス川の渓谷だけです。

タスマニアでよく経験することですが、あまりにも素晴らしい自然の中を歩いている為、巨木たちの中に自分がいることを言い表す言葉がないような経験をします。もし土の上に横になり、上を見上げると、自分の内面の深いところから、自分はとても神聖な場所にいるのだと実感されることでしょう。

マウント・フィールド国立公園 ~ ラッセル滝、ホースシュー滝と森の散策
巨木を見た後は、マウント・フィールド国立公園まで心地よいドライブです。タスマニアで最も愛されている公園の一つで、周囲はユーカリの原生林で囲まれ、景観はバラエティーに富んでいます。オーストラリアの他の公園でも見受けられるように、草木が種々様々で、ヌマゴムの木の森林から巨大なシダの木が山の麓にあります。観光客に必要な施設も整っています。

穏やかな山歩きで、そびえ立つヌマガムの木から成る森を抜けて、地球上で最も背の高い、花をつける木々の間を歩きます。特有の木で、ハナミズキやムスク、ミルラなどです。滝に向かう道筋には、驚くほど背の高いシダの木々が生えています。滝は印象に残る、絵にかいたような美しさです。

マウント・フィールド国立公園のキオスク
公園内のキオスクで昼食を食べるか、散策する時間を多くとりたい方は、キオスクで買って次の目的地へと向かうバスの中でお取り下さい。

イーグルホーク・ネック宿までドライブ
素晴らしいタスマン半島を抜きにしては、タスマニアの旅は完結しません。過去と現在が交差するところです。歴史あるソレルの街から右折すると、景色豊かでワイルドライフ的な、伝統的で冒険的なタスマニア半島です。

この日の宿は、ルフラ・ホテルに用意しました。このホテルは古く、素晴らしいロケーションにあります。皆さんのお部屋は、ピラティス湾を臨む新しく建ったモダンな設備です。ピラティス湾は美しい曲線の広々としたビーチで、西側は太平洋に面し、南は大西洋になっています。

イーグルホーク・ネックB&Bカフェにて夕食
ここでもまた、私達のグループだけに特別なお料理が用意されます。地元で採れた超新鮮な食材を使った料理に、タスマニアのシーフードや美味しいデザートが付きます。この宿も、今までも滞在した他の宿でも感じたように、ホストが私達に最高のおもてなしをしてくれることでしょう。

9月9日 水曜日
テッセレイテッド・ペイブメント(モザイク式の舗道)
宿の駐車場から少し歩いたところに、有名なモザイク式の舗道があります。この珍しい地質層は、あたかも巨人がきちんと敷きつめたように見えます。
もし朝早く起きた方は、この舗道まで行ってみてください。そして鳥のさえずりを聞きながらビーチまで足をのばしてみてください。

8:30出発。ウォーターフォール湾を散策
皆さんを乗せて、ピラティス湾の南側にお連れします。ウォーターフォール湾まで、ドラマチックな断崖から渦を巻く海を見下ろす湾岸沿いを歩いていきます。この湾岸の自然は本当に注目すべき素晴らしさです。

タスマンズ・アーチ
タスマンズ・アーチは風により自然にできた、湾岸から内陸に向かって伸びている、アーチ状の巨大なトンネルです。

デビルズ・キッチン
60メートルの深さのデビルズ・キッチンは、タスマンズ・アーチと似たような経過で形作られました。タズマン・アーチが崩壊しなければ、デビルズ・キッチンのような地形になっていたことでしょう。

ブローホール
このブローホールの場所では、海の状態にもよりますが、海水が乱流で大波になり噴き上げる壮観な様を見ることができるでしょう。ブローホールやタスマンズ・アーチ、デビルズ・キッチンの岩は、ペルム紀(訳2万5千年前)に形成され、空洞となった部分は海の浅瀬の海底に砂となって沈殿しました。氷が表面に漂着したのではないかと推測されています。氷に付着した小石は氷と友に溶けたと考えられています。

フォーテスキュー湾
南東にドライブし、高速道路から土の道に入ります。森をくぐり抜けて、素晴らしい景色と平和的なビーチのあるフォーテスキュー湾に向かいます。この湾はとても保護されており、昔は裕福な船乗りのための安全なハーバーでした。

ポート・アーサーで昼食
午前中の散策の後には、ポート・アーサーで昼食です。
ポート・アーサーはオーストラリアで最も有名な観光地です。元々は流刑地として定められた場所で、強い印象を与える建物、快適な庭園と恐ろしい牢屋の設備が今でも残っています。たくさんの歴史話があります。 

コーラル・マインズ
コーラル・マインズ歴史的跡地は、タスマン半島にあり、かつてはタスマニアで稼動していた鉱山です。ニュー・サウス・ウェールズからの輸入された、高価な石炭に依存するとことから脱却する為にも、またポート・アーサーからの「最も悪い階級」の囚人への罰を与える場所としても、この鉱山は40年以上の間稼動していました。
タスマニアの美しい半島を訪れる皆さんに、このコーラル・マインズ歴史的跡地は、タスマニアの囚人の歴史に関して、今までとは違う歴史的観点を提供することになります。

キャドバリーチョコレート・ファクトリー
皆さんの大好きな、チョコレートを作っているところを見逃すわけにはいかないですよね!実際に稼動しているチョコレート工場を見学できるのは、珍しいことのようです。
箱一杯のチョコレートの詰め合わせがもらえ、たくさんの種類のチョコレートが売っていますよ。

タスマニアン・デビル・パーク
タスマニアン・デビル(タスマニアの悪魔)という名前が付いたのは、初期のヨーロッパ人の入植者たちが、夜に背筋が凍る金切り声と、獰猛な唸り声に慄いたことにより、そのように名づけられました。

生きている有袋動物の肉食獣の中で最も大きい(そしてオーストラリアで唯一特殊化した清掃動物)タスマニアン・デビルは、強力な顎と大きな牙がある、小さな犬のような感じです。
タスマニアン・デビルという名前と風貌と違って、実のところ、この動物はシャイで弱い生き物です。攻撃的なのは見せ掛けで、争うのを避ける為です。
このパークでは、タスマニアン・デビル以外の動物もいます。ワラビーやカンガルー、素晴らしい鳥たちのバード・ショーもあります。

ジェフとマーニーの家でお祝いのディナー
ツアーの最後に、イーグルホーク・ネックにある、このツアーガイドのジェフ宅に皆様をお迎えします。美味しいお料理をご用意します。タスマニアの素晴らしい最後の夜を、一緒に過ごすことを楽しみにしています。

9月10日 木曜
ホバート出発 → 夜シドニー発
シドニーまで、通訳の松元優がお見送りしますのでご安心下さい。

9月11日 金曜日
午前中日本到着。
※帰着時間は、各自で手配しましたエアーチケットによります。

タスマニアツアー詳細—————————————————–

飛行機2009年9月3日(日本発)4日タスマニア到着
飛行機2009年9月10日 タスマニア解散 11日 日本到着
6泊9日のツアーです。(機中2泊)

世界一きれいな大自然の中をゆっくり散策したり、星空を眺めたり、美味しいものを食べたり、世界一きれいな水を飲んだりと、日本にはない魅力がたっぷりの島です椰子の木

そんなタスマニアを満喫するツアーを、僕の友人であるタスマニア島在住の「ジェフ」が、8名限定でガイドしてくれるツアーを創ってくれました。

ただの現地ガイドと行くツアーではなく、ジェフと行くという事にもすごく深い意味があると思います。

ジェフは、NLPという心理学をベースにしたコミュニケーションスキルのトレーナーで、とても穏やかで本当に素敵な方です。
日本にも何度も来られていて、多くの経営者やビジネスマンに教えていたりと、NLPの世界ではとても有名な方です。

NLPはアメリカの大統領を初め、多くの経営者は学んでいると言われている、コミュニケーションにおいては最高峰のスキルであり、自分自身を変えるツールとして、日本でもとても人気があります。

彼はコミュニケーションの達人中の達人で、どんな人でも彼には心を開いてしまうような方です。
そのNLPのトレーナーのジェフさんと一緒に7日間もいるのですから、ジェフさんから直接コミュニケーションの真髄を学べるかもしれませんね。
そして、自己を成長させるきっかけになるかと思います。
カウンセラーでもあるので、いろんな相談もでき、問題解決に導いてくれると思いますよ。

このツアーには、もちろん通訳の方も同行してくれます。
僕の友人であり、とても明るく優しい通訳の「ゆうちゃん」と共に、タスマニアの旅を通常のパッケージツアーよりも格安で、8名限定の少人数のメンバーで行きます。

通常、JTBなどのパッケージツアーですと、ガイド付きで40万円以上になります。
http://www.jtb-grandtours.jp/tour/1806/1806.html(JTBさんのツアーです)

そこで、それよりも安く、そして中身の濃いツアーをジェフさんに考案してもらいました。

人数にもよりますが、8名の参加ですと、お一人当たりAU$3600(約27万円)です。
エアーチケットは別ですが、格安チケットで8万円ほどで取れますので、35万円ほどになります。

http://www.travel.co.jp (すご~く安くチケットが買えますよおんぷ。

詳しい購入方法もお伝えしますので、お一人で不安な方でも大丈夫ですよ(*^▽^*)
一緒に参加する方とは、きっと縁があるでしょうから、すごくいい友達ができること間違いないしですキラキラ☆
通訳のゆうちゃんや、ジェフも一緒ですので、一人で参加するのが不安な方でも、すごく楽しめるツアーです。

【旅行代金に含まれるもの 】
宿泊費、現地での専用バスによる交通費、国立公園入場料、食費(朝6食、夜4食)

【旅行代金に含まれないもの 】
現地までの航空券、上記以外の食費、飲物代、おこづかい等

【お問い合わせ、お申込み方法】
下記Eメールにてお申し込み、お問い合わせください。電話をご希望の方は、メールを頂きましたらご連絡させて頂きます。

Eメール普通のメール:tasmania206@gmail.com

色々と質問などがあると思うので、お気軽にお問い合わせ下さいねにこ

申し込み~手続きまでの流れなどは、メールでご説明させて頂きますね。

Tetsuのブログ


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です