【ライトワークとは?】 「ライトワーカー養成講座・その①」-ライトワーカーとして目覚めた君へ

【ライトワークとは?】 「ライトワーカー養成講座・その①」-ライトワーカーとして目覚めた君へ


さまざまなスピリチュアル系や精神世界系のサイトを読み、「どうやら自分は、“ライトワーカー”というものに属するらしい」と気づいたものの、「じゃあライトワーカーってなにをすればいいんだろう?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、本記事では、そういったライトワーカーとして目覚めたばかりの方々や、ご自身がライトワーカーとしての使命を果たしているかについて疑問をお持ちの方々向けにライトワークの方法をお伝えしてまいります。

ライトワーカーという言葉が気になる方は、どうぞご一読くださいね。

1.ライトワーカーの本文とは?

まず、ライトワーカーといっても、必ずしも、ヒーラー、カウンセラー、セラピスト、チャネラーなど、スピリチュアル業界の仕事をする必要は無い、ということを知りましょう。

どちらかというと、普通の業界にも、ライトワーカーの方々がいらっしゃった方が、サポートのネットワークが偏りなく繋がるので、好ましいと言えるかもしれません。

ですので、「自分はライトワーカーだから、今の仕事は即座に止めよう」と選択をすることは、必ずしも正解ではないのです。

とくに、そのお仕事が、充実していたり、自分にとって歓びをもたらすものだったり、安定した収入をもたらすものでしたら、特に辞める必要は無いかもしれません。

「ワクワクすることをすれば、お金がついてくる」というスピリチュアル業界の無責任な美辞麗句に踊らされないように注意しましょう。

ワクワクすることをしていれば、豊かさが付いてくるというのは真実ではありますが、これには、さまざまな条件があり、

例えば、まず、ご本人が浄化すべき固定観念やブロックがあったり、またワクワクするだけでなく、なんらかのプラスを人類や地球にもたらすことをしなければ、ご自身にも還ってくるものが望めないなど、クリアにすべき課題がいくつかあるため、誰も彼もが、ワクワクだけで、生計を立てられるかというと、そのようにはならない可能性もあるからです。

いわゆる「ジャイアンのリサイタル」など、自己満足に終わってしまう活動では、見返りは望めないということです。

ですので、まずは、現在の仕事を行ないながら、併用してライトワークを行なっていくことをお奨めします。

 

2.ライトワークの方法

ライトワークには、行なう人によって、さまざまなメソッドがありますが、本記事では、言霊のパワーとビジュアライゼーションのパワーを使って「ソース」と繋がり、必要なエネルギーをダウンロードするメソッドをご案内します。

ここで言うソースとは、全ての源、創造主を意味します。特定の、宗教の神を意味してはいません。

(*本ワークの考案者は、ライトワーカーであり、いかなる宗教にも組織にも属しておりません)

慣れてきたら、ハイアーセルフからのインスピレーション等によって、自己流にアレンジしてもいいでしょう。

筆者は、クライアントさんにこのメソッドをご紹介したところ、下記のようなご報告がありました。

●身近なライトワーカーと繋がった

●ずっと見つからなかったのに、お仕事が見つかった

●良い事しか起こらなくなった

●タイミングが良くなった

●みんなが親切になった

むろん、相関性を特定できるものではありませんが、ワーク後に良好なフィードバックを頂いております。

ライトワークの際は、気持ち良さと変性意識状態から寝落ちする可能性がありますので、椅子に座って背筋を伸ばして行なうポジションがお奨めです。

①基本:エネルギーのダウンロード

1.深呼吸をします。

呼吸は吐く息が先です。身体の中から、邪気を全て吐ききるつもりで、ゆっくりと口から息を吐きます。

疲労、不安、ストレス、ネガティブな想念など、不要なものが吐く息と一緒に出て行くのをイメージします。

息を吸う時には、頭頂のチャクラから、金色の光が入ってくるのをイメージしながら、鼻から息を吸います。

金色のエネルギーが細胞の隅々まで満たしていくのをイメージします。

これを、リラックスするまで、3回程度繰り返します。

2.合掌し、万物の創造主、自分のハイアーセルフ、ガイド、神々、天使に感謝を述べます。

「万物の創造主よ、私のハイアーセルフよ、ガイドよ、神々よ、天使たちよ、このワークをサポートくださり、ありがとうございます。」と宣言します。

この宣言は、このワークを通じてダークサイド等、意図しないものに繋がらないようにするために、言霊のパワーを使うのが目的です。

ご自分の繋がりたい特定の存在がある場合は、そうした存在に変更しても結構です。

3.グラウンディングします。

仙骨から金色のロープがどんどん伸びていくのをビジュアライズします。

これを、地球の中心の地軸に繋げます。

ロープを縛るイメージでも、錨のようなものでくくりつけるイメージでも結構です。

4.ビジュアライゼーションで、分身をソースに飛ばします。

自分の分身である光の珠が、足から身体を上昇していき、頭頂のチャクラも飛び出していきます。

地球を抜け、大気圏を抜け、宇宙を抜けて、ソースへと向かいます。

ソースに到着したら、そこは黄金の光の領域です。

5.ソースと一つになります。

光の珠と、黄金の光は一体になります。至福の状態になります。

ここで、暫く、至福の状態に浸ります。

6.ソース(創造主)と一つになったところで、ソースからエネルギーをダウンロードします

「私、○○は、宇宙の愛と叡智に、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。」

このように宣言し、ビジュアライゼーションで、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。

ダウンロードするエネルギーは、ゴールドでも、虹色でも、淡いピンクでも、ご自身の好きなイメージで結構です。

「私、○○は、私たちをサポートして下さる、神々、女神、天使たち、マスターたちに、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。」

同様にエネルギーをダウンロードしますが、ご自身でしっくりくる存在にエネルギーをダウンロードして構いません。例えば、天使よりもイエス様や仏陀がしっくりくるようでしたら、そうした存在を入れるなどします。

次に、私たちがお世話になっている地球にエネルギーをダウンロードします。

「私、○○は、地球に、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。」

次に、ライトワーカー、光の存在をサポートするエネルギーをダウンロードします。

「私、○○は、ライトワーカー、光の存在に、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。」

次に、ご家族あるいはソウルファミリーにエネルギーをダウンロードします。

「私、○○は、自分の家族に、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。」

この時、もしご家族で癒しやそのほかのエネルギーが必要な方がいらっしゃる場合は、その必要と思われるエネルギーをダウンロードします。(*ご本人の自由意思を侵害しない範囲で)

最後に自分自身にエネルギーをダウンロードします。

「私、○○は、自分自身に、愛と光と感謝のエネルギーをダウンロードします。」

この時も、もしご自身に、ダウンロードしたい特定のエネルギーがある場合は、そのエネルギーをダウンロードします。

7.自分の望む世界をビジュアライズします。

たとえば、

★成りたい自分になり、やりたいことをやり、望むものをスピーディーに具現化し、一緒にいたい人たちといる、それが当たり前の世界。

★地球上のライトワーカー、アセンションピープルが、共に至福千年紀のなかで、理想の世界を具現化している-支配から解き放たれ、生活に必要なお金・住宅が支給されて、サポートシステムの中で、平和に生活している世界。

8.最後に感謝を述べて終了します。

「ありがとうございました。」

以上が、基本形となります。

いかがでしたでしょうか。

気分が高揚したり、スッキリしたり、心身がリフレッシュされたり、といった体感があるかもしれません。

ビジュアライゼーションは、「本当に出来ているのか、いないのか、いまひとつ自信がない」という方がいらっしゃいますが、ライトワークにおいて重要なのは、意図です。

意図さえしっかり持っていれば、上手くいっているとみなしてOKです。

あとは、ビジュアライゼーション後に、外出して、普段との違いを意識してみてください。

周りの人たちの、あなたに接する態度は、普段と比較して、いかがでしょうか?

真摯に行なっていれば、宇宙がサポートしてくれているのを、実感できるでしょう。

 

②アレンジ版

①が基本形となりますが、これで手応えを感じられたら、適宜アレンジしてみましょう。

自分が、「もっとこうなると良いな」と思うエネルギーをダウンロードするのです。

たとえば、

●「私〇〇は、地球と宇宙のライトワーカーが繋がり、絆とネットワークを強めるエネルギーをダウンロードします。」

といったアファメーションをして、ソースから、その意図するエネルギーが宇宙のライトワーカーに降り注ぐところをビジュアライズすることもできます。

あるいは、

●「私○○は、地球のアセンションを加速させるNESARAのエネルギーを地球上にダウンローロします。」

といったアファメーションをし、ソースから、その意図するエネルギーが地球上のそれを望む存在に降り注ぐところをビジュアライズすることもできます。

(NESARAについては、こちらの記事をご覧ください)

 

③ライトワークを行なううえでの注意点

●まず、ライトワークについて重要な点は、意図と、いかに意識を集中させるかです。

ですので、やればやるほどいい、とういうものでもなく、もし気分が優れなかったり、やる気がない時には、無理して行なう必要はありません。

そうすると、ネガティブなエネルギーや義務感をダウンロードしてしまいかねません。

また、心がこもっておらず、形だけのライトワークだと、効果は望めないかもしれませんので、歯磨きのように、形骸化させないことが、コツです。

●エネルギーをダウンロードする対象を絞らずに、全員に送ればいいのではないか、と思うかもしれませんが、宇宙には、自由意思という法則があります。

現段階では、アセンションを望んでいない存在や、まだ準備が出来ていない存在も数多くおり、その人達の「まだアセンションしたくない・この3次元を楽しんでいたい」という自由意思は尊重されなければなりません。

ですので、自分では親切心のつもりでも、相手からすれば、余計なお世話となりますので、エネルギーのダウンロードは、それを望む存在だけに絞った方がいいのです。

④浄化のライトワーク

これは、巫女さん体質、エンパスなど、オーラ場に邪気が入りやすい方向けの浄化のワークですので、そうした方以外は、必要ありません。

上記に該当する体質の方の中には、地球の次元上昇に伴い、他存在のエネルギーが入りやすくなっている傾向になっている方もいらっしゃるでしょう。

そうした方は、自分以外の不快なエネルギーを感じた際に、行なう事をお奨めします。

ただし、ご自身の中に、トラウマなど、そうしたものを引き寄せる根本的な問題がある場合は、DNAアクティベーションなどで、そうした問題に抜本的に対処することが先決となります。

1)、2)までは、①の基本のライトワークと一緒です。

1)       深呼吸をします。

呼吸は吐く息が先です。身体の中から、邪気を全て吐ききるつもりで、ゆっくりと口から息を吐きます。

疲労、不安、ストレス、ネガティブな想念など、不要なものが吐く息と一緒に出て行くのをイメージします。

息を吸う時には、頭頂のチャクラから、金色の光が入ってくるのをイメージしながら、鼻から息を吸います。

金色のエネルギーが細胞の隅々まで満たしていくのをイメージします。

これを、リラックスするまで、3回程度繰り返します。

2)       合掌し、万物の創造主、自分のハイアーセルフ、ガイド、天使に感謝を述べます。

「万物の創造主よ、私のハイアーセルフよ、ガイドよ、天使たちよ、このワークをサポートくださり、ありがとうございます。」と宣言します。

3)「私、○○は、もし自分のオーラ場に、不要なコード、生霊、攻撃、悪しき想念があるなら、それを完全に永久に破壊し、◆◆します」(◆は、ご自分にとってしっくりくる方法を選びます:光に変えて天に還す・土に還す・相応の次元に還す、セントラルサンに還すなど)

上記のようなアファメーションをし、イメージの中で、自分の内部・オーラ場にあるそれらの創造物を光の竜巻(反時計回り)で巻き込んでいき、すべて愛と光と感謝に変え、それが天あるいはしかるべき場所に還っていくところをイメージします。

4)次に、不要エネルギーを還したことによって出来た自分のボイド(すきま)に、天から愛・光など、望むエネルギーを降ろして、満たしていきます。

自分自身を、愛と光のエネルギーで満たします。

5)「私、○○は、自分の周囲をゴールドのオーラで包み、その内側を自分のソウルファミリー・ガイド・愛と光と癒しと豊かさのエネルギーで満たします。」等とアファメーションし、ビジュアライゼーションでそれをイメージし、意図します。

まとめ

基本のライトワーク、是非実践してみましょう。

その後、タイミングが良くなったり、シンクロニシティを体験したりしたなら、まさに奏功しているサインですし、ご自身がライトワーカーであることの証です。

慣れてきたら、今度は、屋外のパワースポットや自然の豊かな場所、繁栄している商業地区などで行なってみると、その後の変化に違いが出て来るのに気づくでしょう。

また、志を同じくする仲間と行なうことで、効果は増幅しますから、仲間を見つけて一緒に行なうこともお奨めします。

これで、あなたもライトワーカーです!

『ユニバーサル・アストロロジー ~魂の計画書:Book of Lifeを読み解く~(動画セミナー)』