【サイキックアタック対策】あなたも受けているかも?そのサインと対策・なぜ今サイキックアタックに気づく人が増えているのか?

【サイキックアタック対策】あなたも受けているかも?そのサインと対策・なぜ今サイキックアタックに気づく人が増えているのか?


地球の次元の上昇と共に、人類もほぼ4~5次元へと上昇を遂げています。

これに伴い、原因不明のサイキックアタックなどの現象に気づく人も増えているようです。

この原因は何かといいますと、4次元は、霊界であるため、次元上昇前は、霊感がある人だけが霊と接触していたわけですが、上昇によって、ほとんどの人がアクセスすることになってしまったことです。

某ユーチューバーが、「私に呪いはかからない」と宣言するだけで、呪いは効力を失うと述べていましたが、そんな簡単なことで、呪術やサイキックアタックが解除できるのなら、誰も苦労はしませんし、ヒーラーに莫大な報酬を払ったりするようなことはしないでしょう。

そこで本記事では、そうしたサイキックアタックに悩まされている方に、その対処法をご案内いたします。

1.サイキックアタックを受けているサイン

最近、下記のリストのような現象がないでしょうか?

  • 物が良く無くなる・紛失する
  • 物が良く壊れる
  • 虫が良く出てくる
  • 何もないところで転ぶ・つまずく、その頻度が増える
  • 原因不明の身体の痛み・チクチク・痒み
  • 睡眠が妨げられる
  • 夢がコントロールされているようだ
  • ネガティブなイメージ・想念が送られてくる
  • 誰かに凝視される
  • サイキックアタックをしている人物のダブル(分身)が現れる
  • 物理的に離れているサイキックアタッカーの匂いがしてくる
  • 大切な人・身近な人との仲がこじれる・疎遠になってしまう

では、説明が必要な項目について詳細に説明していきますね。

 

虫が出てくる

虫は、魔物と繋がっている人たち、魔女などが呪術を使う時の眷属として使用されます。

虫と言っても、蝶、蜂、テントウムシなどの昆虫ではありません。俗にいう害虫です。

ハロウィンで、虫がモチーフとして使われるのは、だてに間違いではありません。正解なのです。

次元の低いものは、低いものと繋がっています。自分が直接ターゲットの家に現われて、ターゲットを監視したり、嫌がらせをするのは難しいので、虫を自分の分身に使って、ターゲットを監視したり、苦しめたりするのです。

呪術に長けている人や、魔女系の人は、これを得意としており、魔女系の人と関わったり、呪術をかけられている時には、それまで、家に1匹も虫がおらず、網戸をつけていても、家に虫がやってきます。

オリンピックに、必ず呪術師同伴で参加する国があるそうで、ある時、スケート選手が軒並み転倒してしまった大会があるそうなのですが、その時、冬季オリンピックのスケートリンクであったにもかかわらず、虫が大発生していたそうです。

 

誰かに凝視される

呪術者は、相手に呪術をかけたり、念を送る時に、よくターゲットを凝視します。

傍にいない場合は、写真やイメージを使っているでしょう。

これは、海外での体験なのですが、バスを待っている間中、車いすに乗っている人や、松葉杖の人などにガン見されることが度々ありました。

誰かが意識を集中している姿は、傍から見れば何とかなく判りますから、そのただならぬ殺気を感じ、立ち位置をずらしたりするのですが、すると、相手も自分の位置をずらして、当方が視界に入るように調整するのです。

で、その後何が起こるかというと、バスに乗ったとたん、突然足に稲妻のような激痛が走り、息もできないくらい苦しくなる、という現象が起こるのです。

明らかに黒魔術かなにかで、相手に自分の痛みを転嫁させているのでしょう。

 

想念を送られる

筆者がマンションの高層階に住んでいた頃、誰かがしばしば筆者の脳内のスクリーンに、「マンションのベランダから飛び降りる」イメージを強制的に送ってきたことがありました。

筆者は、自分の想念と他者から押し付けられた想念の区別がつきますので、これに対して、プッと吹き出して笑っていましたが、もしこれが、自他の区別がつかない人であるなら、もしかすると、自分の意思と思い込んで、行動に及んでしまう可能性もあるかもしれません。

また、睡眠中の、潜在意識がオープンな状態を狙って、呪術的な想念を送ってくる存在もいます。

こうした自分の意思と無関係の想念やイメージは、気にせず笑い飛ばしましょう。

 

サイキックアタックをしている人物のダブルが現れる

筆者は、数年前、生まれて初めて体の一部が、疑似アトピーのような皮膚の疾患に見舞われました。

幼少期からこのような症状になったことがありませんし、食生活に注意していますので、通常であれば、どんな不具合も一時的な現象にとどまり、数日もすれば、すぐ正常に戻るのですが、この疾患に関しては、アロマセラピーを使っても、軟膏を使っても効果がなく、とにかくしつこいのです。

で、この皮膚の疾患なのですが、海外に来る前に勤めていた会社の同僚が患っている皮膚疾患の症状にソックリなのです。

でも、もう物理的に離れていますし、伝染性の疾患でもないですし、関連しているとは思えませんでした。

ところが、当地で彼女のダブル(別次元の分身)を常に見かけるのです。

まるで、生霊となって筆者につきまとっているかのようです。

ある日など、電車を待っていたら、また彼女のダブルが現れたので、なるべく距離を取ろうとしたのですが、彼女は筆者の近くの席に座ると、いきなり、進行方向と逆にくるりと向きを変えて、筆者をガン見しはじめたのです。

この異常行動を見て、彼女は筆者に呪術をかけて、自分の疾患を転嫁させようと呪術をかけているんだと気づきました。

元々、彼女は過去世で魔女だったとリーディングされており、今世でも実際に筆者を陥れたり、筆者とツインフレームの仲を引き裂いたりといった行動をとっているので、これは、腑に落ちました。

このように、自分の知っている人物のダブルが現れる場合、それが自分の好きな人やソウルファミリーならば、あなたを思ってあなたの傍であなたを守っているわけですが、あなたに対して敵対している人の場合、生霊となってあなたについていたり、呪術をかけているというサインでしょう。

2.サイキックアタックの定義・カラクリ

サイキックアタックとは、魔の存在に繋がることによって、そのパワーを利用して他者を攻撃をすることです。一方、神あるいは光の存在に繋がって、善のためにパワーを発揮することになると、サイキックアタックではありません。

日本では、こうしたサイキックアタックを行う人たちは、顔がいかにも魔女・魔男っぽかったり、魔女のような風貌をしているものですが、筆者の経験では、海外では、必ずしもこれが当てはまらず、女優のような可愛い風貌で、看護師の職業の女性でも、強力な黒魔術師であったこともありました。

 

某資産家宅での体験談

事実は小説より奇なりと言いますが、筆者は、サイキックアタックに関連して、海外でとても興味深い体験をしましたので、サンプルケースとして、ここにご紹介します。

筆者が海外に戻って来て、1年くらい経過したころ、ある条件で高級住宅地の豪邸のペントハウスに住めることになりました。

家主の女性は、女優のような美しい女性でした。

彼女は、ベジタリアンではありませんでしたが、筆者と同じように、オーガニックの食材にこだわっていました。

しかも、話をしてみると意気投合。「やったー!仲間に会えた!アセンション、キター!」と、私は歓喜しました。

でも、後にそれが、大きな誤解であることが判明しました。

ただ、そこかしこに、彼女が光側ではないという「サイン」はありました。

例えば、光側だとするならば、イエス様や聖母マリアとまではいかなくても、天使だとか、光側の存在のアートなり、なにかしらそれを示すようなアイテムが家にあるものですが、この家には、「黒い鳥」の置物があちこちに飾ってありました。

「なんで、平和の象徴であるハトや白い鳥ではなく、黒い鳥なんだろう?」

また、いたるところに「スカル」のアイテムを使用していました。スカルと言えば、魔の存在を崇拝する某秘密結社が連想されました。

ゲートを開閉するスイッチのキーホルダーから、料理に使うスパチュラにまで、スカルのデザインが施されていました。

「ねえ、なんでスカルなの?これって、別に可愛くはないよね?」と、ちょっと皮肉っぽく彼女に尋ねてみたところ、「あら、流行ってるじゃない」という答えが返ってきました。

失礼かもしれませんが、子供を持つ成熟した大人の女性(40代)が、流行に乗っかって、家のアイテムにスカルを使いまくるというのは、ちょっと理解が出来ませんでした。(注:子供の趣味ではありません)

そんなある日、家主一家が旅行に行くということで、その期間に、庭の菜園や花壇の世話を任されました。筆者は快く引き受け、菜園に水やりをしていたところ、驚きのあまり、目を見開きました。

彼女の書斎の窓のカーテンが開いており、その隙間から見えていたのは、壁一面に掛けられていた、巨大なスカルのタペストリーだったのです。それは、単なる趣味・嗜好レベルを越えた、なんらかの意味(崇拝?)を持ったものに見えました。

ショックを受けたものの、気を取り直しながら、庭園の反対側にある花や木々の水やりをしようとして、建物の反対側に回り込むと、今度は身体が凍り付きました。家族やゲストが食事をする場所に、〇魔の彫像が飾ってあったのです。

あまりに気味が悪いので、せめて家の反対側を向くように、角度を変えようとしましたが、その彫像がガチ過ぎて、触ることすら憚られました。

「これは、もしかしたら、光側を装った〇魔崇拝者なのか・・・?」

筆者がこのことに気づいた後、彼女の従妹と称する女性がキャンピングカーで家に現れ、庭に住むことになりました。「従妹と称する」というのは、あまりに二人が、顔だけではなく、雰囲気、育ってきたであろう環境にいたるまで、なにもかもが違い過ぎているように見えたからです。

その従妹は、キャンピングカーで生活しており、言わばジプシーのようでした。

彼女は、服装から何から、明らかに魔女っぽい雰囲気が漂っていました。

ある時、筆者が外出して、外で良い気を吸収し、高揚した気分で帰途につくと、玄関の階段のところに、通せんぼするような形で、彼女と、その知り合いの中年女性が複数たむろしていました。

自然の美しい気を持ち帰ったままで部屋に戻りたかった筆者は、「ハーイ」と挨拶だけして、勝手口の方から家に入りました。

仲間内で盛り上がっていたわけですから、自分たちで楽しくやっていればいいことですし、特に大したことではないはずですが、このほんの些細な出来事がこの従妹の逆鱗に触れ、「M子が失礼な態度をとった」と従妹が激怒していたと、女主人に言われました。

どういうことかというと、私が自然から気を吸収して帰ってくるところを待ち伏せしており、魔女仲間でその良い気を吸い取ろうとしていたのに、私がその「蜘蛛の巣」の中に入ってこなかったので、激怒した、というわけです。

その後、この従妹は、屋外で筆者に魔術をかけ始めたらしく、突如として、筆者の部屋にそれまで見たこともない虫がどこからともなく、無数に入ってくるようになりました。どんなに退治しても退治しても、キリがなく部屋に入ってきました。

そんなある日のこと、筆者は外出後にお財布を忘れたことに気づき、外出してからわずか30分後くらいに家に戻ったことがありました。

女主人は、筆者が当分帰ってこないと油断していたらしく、普段は上品で、いつも高いトーンの声で、「ハーイ、M子!」と声をかけるのですが、その時には、魔女の従妹と同じように、玄関の階段に直接座り、ヤンキーのようにタバコをふかしていました。

タバコを吸っているところはおろか、地べたに座っている姿など、それまで一度も見たことがなかったので、筆者は、驚愕しましたが、上品な女優ような姿はあくまでも「仮の姿」であり、これが、この人の素の姿なのだと、その時ハッキリと気づきました。

彼女は、やさぐれた顔で筆者を見上げると、いつもとは違う、タバコ焼けした低い声で、「ハイ、M子」と、声をかけました。

この体験談と、他の体験談から、闇側の手口をまとめてみます。

【闇側が光側に近づくときの手口】

  • 光側に近づくときには、油断させるために、親しげに、仲間のフリをして近づいてくる
  • でも、実際にはなにか相手に対して目的がある【金・エネルギー・情報を奪うなど】
  • 自分たちの言いなりにならないと(求めているものをよこさない・要求に従わない)、手のひらを返し、今度は呪術をかけて攻撃してくる

 

3.サイキックアタック対策法

サイキックアタックの対策につきましては、コチラの記事とほぼ重複しますので、詳細はそちらをご覧いただくとして、こちらでは、ざっくりと概要をご紹介します。

セージを焚く・セージを飲む

浄化力では、やはり、セージを焚くのが最もパワフルでしょう。

シェアハウスの隣室の女性が強力な黒魔術師だった時のこと。

セージを焚くと同時に、驚いたことに、壁を隔てた隣室にいる彼女が、突然、喘息の発作のように、咳をし始めて、止まらなくなったのです。

これは、彼女が筆者に生霊を付着させており、その生霊がセージで炙りだされて、本体である彼女が咳き込んだ、ということです。それと同時に、部屋の壁に突然虫が数匹現れました。眷属として潜ませていた虫も、セージによって炙りだされてきたのです。

この虫を退治したところ、彼女のサイキックアタックは、かなりパワーダウンされました。

なお、セージを焚いた後は、窓を開けて換気するのをどうぞお忘れなく。

また、セージは、ハーブティーとして飲んでも体内の浄化になります。この場合は、勿論浄化用ではなく、ハーブ用のセージをご使用くださいね。

 

塩風呂に入る

お風呂は、身体を浄化するのに、極めてパワフルです。

特に生霊をもらいやすい人は、お風呂につかることで、生霊を落とすのに効果があります。これに粗塩を入れると、塩の浄化力で相乗効果となります。

また、最後の仕上げに、水のシャワーを浴びると、生霊を追い払うのにいっそう効果的です。(注:心臓の弱い方、体調の優れない方は、水シャワーはお控えください。)

体力をつける・スポーツをする

体力のある方、普段からスポーツをしている健康な方は、サイキックアタックを受けにくく、また受けたとしても、跳ね返すパワーがあります。

ですので、普段から、太陽光を浴びたり、スポーツをしたりして、身体を鍛えておけば、サイキックアタックを受けても、ダメージはあまり受けずに済みます。

睡眠を良くとる

睡眠は、身体にエネルギーを供給するベストな方法です。

人間は、何日か食事をしなくても生きていけますが、一定時間睡眠がとれないと、精神に異常をきたすと言われています。

それくらい、人間にとって、この世の幻想からプラグを抜くことができる睡眠は、必要不可欠なのです。

睡眠をたっぷりとって心身が安定している時なら、少々のサイキックアタック程度なら、さほどダメージを受けることはないでしょう。

 

掃除をする

低次元のスピリット・エネルギーは、汚い場所・臭いを好みます。

家・部屋を綺麗にすることで、そうした存在は、居心地が悪くなり、自然にいなくなり、解消されることもあります。

逆に高次元の存在は、汚れた場所、ほこりなどを嫌いますので、そうした存在に居て欲しいなら、居住空間を掃除して、綺麗にしておくことです。

居住空間が、高次元の存在で満たされているなら、低次元の存在は近づくことは難しいでしょう。

 

真言を唱える

ご真言を唱えることも、人によっては、かなり効果があるでしょう。

詳細は、コチラの記事に譲りますが、サイキックアタックの浄化でお勧めなのは、光明真言、不動明王真言、そして般若心経です。

 

オーラソーマのポマンダーを使う

オーラソーマのポマンダーも、相手によっては、かなり効果が期待できます。

詳細は、コチラの記事に譲りますが、これは、オーラ場を特定の周波数・波動に固定させることによって、引き寄せるエネルギーを調整する作用があります。

まとめ

今回の記事では、主に、サイキックアタックを受けていると、どのような現象が起こるか、また具体的にどのような形で攻撃がされるかについてフォーカスしてみました。

というのは、多くの人は、自分が攻撃されていることすら気づかず、「どうしてこんな現象が起きているんだろう?」というレベルで止まっているからです。このレベルでは、状態は悪化することはあっても、サイキックアタッカーの気が変わって攻撃を止めるのでもない限りは、改善されることはありません。

サイキックアタックを解消する最初の一歩は、まずは、自分がサイキックアタックを受けているということを自覚することです。

そうして初めて、解消するための対策を講じることが出来、また、もしかするとアタッカーが誰であるかを突き止められるかもしれません。

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

★この記事もオススメです♪