【バイオフォトン】ブレは成長であり、葛藤はエネルギー


感情やメンタル面のブレや葛藤について!

ブレる事はいけない事なのか。
ブレは自分を調整する為に起こる言わば自然現象の様な物。

適度の揺らぎ、揺れ、振れは必要だと思うのです。
陰と陽に適度に振れ、バランスが整う。

ブレというのはその適度な振れが過剰になってるだけ。
元の揺れに戻る為の大事なお知らせでもあります。

それは症状、病気とも共通します。

ですのでまずは、ブレに気付く。ブレて苦しくて。感情が動いてる自分に気付く。

 
感情があるのは人間の特権ですからね。

葛藤も感情や概念の織りなす過程で起こる現象です。

葛藤は調整がとれると何かを生み出す原動力になりますしね。

話変わって。

 
人は惑星の振動、影響を日常において少なからず受けてます。

 

火星という惑星があります。
火星の特徴は、指導力、統率力、リーダーシップ
怒り、攻撃的、エゴ、それぞれの特徴を持ってます。

自分の持つ気質、要素が火星が強かったり、火星のバイブレーションと共鳴しやすい時期は少なからず惑星の個性と影響があります。
その時々の自分のリズムで、リーダーシップが際立つか、怒りが強くなるか。

 
ちなみに火星は臓器でいうと、肝臓、胆のう、副腎皮質ホルモン
などと関連があります。

ブレが生じているとそれをお知らせする為に、身体は症状やお知らせを出したりします。

 
それが湿疹なのか、蕁麻疹なのか、怪我なのか。
気付き、調整される事で現象は変わります。

ブレは自らを整える為の振れ。
葛藤は次なるエネルギーを生み出す熱量。

 

 

そんな捉え方をしてみると、ブレも葛藤も、いろいろ起こる事も、意味の無い事など無く、いけないという事も無く、如何に自分が、そんな良し悪しで物事を見ていたのかに気付け大きなキッカケにもなります。

そしてそれは、自分の成長の為の素敵なギフトとなります。

そんな物事の捉え方、判断、視点。

 
そうすると少しは今の自分の環境、事象も認め、受け入れられるかもしれません。

何はともあれ、まずは自分が安心安定出来るメンタリティを!

ブレは何かしらのサイン。

私達は日々成長中なので、物事の捉え方こそとても大切なのですね。

 

バイオフォトンセラピー個人セッション。奇跡的な回復症例多数!