【バイオフォトン】健康と情報と自分。答えを探す方向性が変わるだけで物事が大きく動き始めます


世の中には様々な方法があります。

食事法、施術、セラピー、医療、療法。

それらはすべて手段、情報であり、その情報を元に私達は判断する事が殆どです。

 

例えば。あの有名人が言っている。食べている。だから安心安全。だから取り入れてみよう。

昨日のテレビ番組で言っていたからきっと身体に良いに違いない。

あそこのサロン、なかなか予約が取れないからきっといろんな病気が治っているんだ。

サプリメント。これだけ宣伝しているからきっと身体に良いはず。

 

何をどの様に判断するのか。

その判断材料、基準って非常に難しくて。そしてあいまいだったりします。

 

ただ思う事は、

今の健康などを見て見た時、私達は無意識的にか意識的にか。

私達は常に何かを探していますね。

 

情報を探しているし、セラピストを探しているし、名医を探しているし、生き方を探している。

何かを探し、何かを取り入れ、そもそも何かであろうとしている。

 

そこでいつも思う事は、

私達は何かしらの形で常に依存していて、その分自分らしさと言うのを見失いやすくなっているようにも感じています。

 

依存の良し悪しではなくて、

調和こそ最もパワフルで、影響力があると思っています。

依存も自立とのバランスを取る事で依存度が強くなる事があります。

どちらかを嫌がるのではなく、今の現象を客観的に見て、自分を知る。

偏りを知る事で偏りを調和させる働きが起こるようです。

 

その為には、日々静かな時間を設ける事がとても大切なようです。

何かを手放す事って非常に簡単な事。それを難しくしているのは自分です。

 

・今しているスマホ動作をやめてみる

・ながら作業をやめてみる(1つの事に集中する。食べる時は食べる事に集中するとか)

・自分が喜ぶものを見る(花、絵画など)

 

調和が保たれると、非常に興味深い現象が伴う。

それがこれまでのセラピーで分かってきました。

 

無理にポジティブになるのではなく。

無理にネガティブを変えるのではなく。

 

今の動作を変えてみる。

 

それだけで調和が保たれます。

 

調和こそ、ネガもポジも無く、非常に強力なエネルギーが湧いてくるものです。

是非できる事から試してみて下さいね。

 

バイオフォトンセラピー個人セッション。奇跡的な回復症例多数!