ネガティブな感情からくるエネルギーの解放方法と潜在意識を書き換える方法とは。【「なほひゆい」と「なほひふり」】


光一氏による『なほひゆい、なほひふり ~ディヴァインコード・アクティベーション』の体験レポートです。

【9/22(土)】『なほひゆい、なほひふり ~ディヴァインコード・アクティベーション』(人生を変える超具体的方法)

ほとんどの人が潜在意識下で現状維持を願っている?

ビューティセッションと呼ばれるセッションでワークショップは始まりました。

これは、「私はこのワークショップで最高のものを得て帰ります」という言葉に対して、潜在意識がどう反応するかを調べ、もし、心底そう思っていたい場合には、光一氏がその潜在意識を書き換えるというものです。

 

潜在意識の反応をある方法でテストしていくのですが、参加者30名のうち28名が、潜在意識の中で「このワークショップで最高のものを持ち帰ること」を否定していることがわかりました。

 

光一氏は、本人の了承をとり、「最高のものを持ち帰る」という潜在意識の書き込みを一瞬で行います。

すると、本人の目や表情が明るくなっていき、再度テストすると「OK」に変わっていきます。

 

人間の本来の美しさは、心からの美しさに起因しています。

ところが、女性の多くが潜在意識の中で「綺麗にならなくてもいい」と思っており、前述の方法で、その書き換えを行うことから、「ビューティセッション」と名付けられたそうです。

 

ポイントは変化を受け入れるということ

ビューティセッションを行うと、視界が広くなったり、熱を感じたり、鼻水が出たりと、身体にちょっとした変化が起こります。この時、どんな些細なことでも「変化を受け入れること」がポイントだと光一氏は言います。

変化を受け入れるということは、起こったことを受け入れることであり、それは祝福すべきことなのです。

受け入れる癖ができれば、自分軸が整い、本来の自分に帰ることができます。

後述の「なほひゆい」は、まさに変化を受け入れるクセをつけるテクニックになります。

 

ネガティブエネルギーの解放を行う「なほひゆい」のメカニズムとは?

ふと怒りや悲しみなどのネガティブな感情が訪れた時に、そのネガティブなエネルギーを解放するのが「なほひゆい」というテクニックです。

具体的には、ネガティブなエネルギーを見つけ、身体のどこにあるかを特定し、どんなエネルギーか具体的に想像し、そのエネルギーに対して名前をつけて、手の動作で払うというものです。

 

ワークショップでは、ペアワークで、色々と昔の嫌な出来事を思い出してもらい、そこから来る嫌な感情をリリースして、その後再び、思い出してもらって、どういう感じになるかというワークをやりました。

 

普段であれば、嫌なことを思い出した時は、思考の中でなんらかの意味付けを行い、なんとか対処すると思います。

これはこれで一時的には落ち着きますが、また思い出したときに同じような思考の繰り返しをやってしまいがちです。

 

ところが、これをネガティブなエネルギーの塊としてイメージして、身体をつかって払うゼスチャーをするだけで、気持ちがすっとするのを感じましたし、また同じことを思い出しても、今度は「どうでもいい」ように感じてしまうのです。

 

ここでのポイントは、楽しみながらやるのがコツだそうです。
というのは、エネルギーは楽しんだ方がまわるからです。

【9/22(土)】『なほひゆい、なほひふり ~ディヴァインコード・アクティベーション』(人生を変える超具体的方法)

 

感情はエネルギーに情報がはりついたもの

感情は英語で書くと「emotion」で、エネルギーの移動を指しているようです。

もう少しかみくだくと、そのエネルギーに情報がはりついており、それをネガティブに体が感じれば、ネガティブな感情が起こるというわけです。

 

「なほひゆい」では、その感情があることを一旦受け入れて、その情報をリセットしています。

そして、後述の「なほひふり」では、この情報の書き換えを行います。

 

潜在意識の情報を書き換える「なほひふり」の極意とは?

 

「なほひふり」はディヴァインコード・アクティベーション(神性の活性化)のテクニックです。

それは、自分の中の神により、波動を高めて活性化して、潜在意識の情報を書き換えるというものです。

 

神様に近い波動は「喜び」です。また神は「調和」を応援するものです。
ですので、アファメーションの時に重要なことは、「自分も相手もみんな幸せ」という観点を持つことなのです。

 

「なほひふり」の具体的なプロセスは、抽象的な言葉でゴールを決め、反対のエネルギーをみとめ、ゴールの情報を入れて、入ったことを確認するというものです。

これもペアワークで行いました。

 

「なほひゆい」と「なほひふり」の次は?

「なほひ」というのは、古神道の言葉である「直魂(なおひ)」から来てきます。

「直魂」とは「直霊」とも書き、天の繋がる霊のことをいいます。

「なほひゆい」の「ゆい」は「結」をあらわし、自分の中にある神様とつながることを意味しています。

 

そして、「なほひふり」の「ふり」は、活性化をあらわし、直霊を活性化させて、そのエネルギーで情報を書き換えることを意味しています。

 

そして、「なほひシリーズ」で、もう一つぜひ覚えていただきたいテクニックが「なほひかへ」です。

「かへ」とは「おふりかえ」で、災いを転じて福となすテクニックになります。

 

ネガティブなエネルギーを一瞬で、ポジティブのエネルギーに転換する方法になります。

このワークショップについては、こちらをご覧いただければと思います。

【満員御礼】『なほひかへ&ALC』 

 

【9/22(土)】『なほひゆい、なほひふり ~ディヴァインコード・アクティベーション』(人生を変える超具体的方法)