★チャック・スペザーノ博士の12月のニュースレター。


ヴィジョン心理学の創始者である、チャック・スペザーノ博士のニュースレターを、

ヴィジョン心理学トレーナーの大空 夢湧子さんが訳してくれましたので、転載します。

 

12月はいつもながら深い無意識の中に下りる月です。

それによって、これまで人生に影響を及ぼしていた魂のパターンを解消することが可能になるのです。

また、霊的に成長できる月でもあります。

つまり、この世界の中にいながら、この世界に染まらないようになるということです。

 

「すべては最善の目的のために起きている」という古くからのスピリチュアルな原則があります。

自分の計画通りに物事が進まない時は、深層意識や集合的無意識レベルの計画にしたがっているのです。

癒される必要があることを癒すために、できる限り高いレベルで物事が展開しているのです。

 

起きているすべてのことに責任をもつことがアカウンタビリティー(自己責任)の原則ですが、責任をもつことで罪悪感から解放され、自分のパワーを取り戻すことができるのです。

対立や葛藤から抜け出すためには、自分で自分に何を隠しているのかを見つけだすことが重要です。

 

私たちは自分で自分に隠してきたことが多いからこそ、無意識(ソウルマインド)はもちろん潜在意識が、表面意識よりはるかに大きいのです。

人生で起きる出来事は、本来、私たちを幸せにしてくれるはずです。

でも幸せではないという時は、自分を癒すことに目を向けて、スピリチュアルな視点を持って、前に進んで幸せを取り戻すことが求められています。

 

そういう意味で、12月は、より高い意識の領域に入り、一時的に滞在するだけでなく、より高い知覚と経験の領域で生活できるようになる「超越の月」になりえるでしょう。

より多くの愛と喜びがあなたの生活を満たすようになったとき、高い意識に入ったことがわかるのです。

あなたは大切なことによく注意して「ボールから目を離さないように」してください。

 

これが自分を安全で幸せにしてくれると思い込んで崇拝していた、いわば「偽りの神(アイドル)」を手放すと、手放した分だけ痛みや苦しみなど、自分を支えてくれないものをも手放せるのです。

 

多くの人が「ホームストレッチ」に入っています。

ホームストレッチと言っても、人それぞれ違います。

人生や仕事や人間関係において、また、お金、健康、成功、スピリチュアルな道など人生の一つの面のゴール直前のホームストレッチかもしれません。

 

自分を全面的に与えることが求められています。

そうすれば、犠牲に惹かれる気持ちを忘れられるからです。

犠牲すると自分が消耗し、たとえ成功しても、それを受けとることができません。

ホームストレッチですから、自分自身を完全に出し切ってください。

何をするにも、自分自身を完全に分かちあうことで、新しいレベルに行く助けになるでしょう。

 

何かに耽りたいという誘惑が出たときは、(お酒やゲームなど)何かに溺れるたびに「犠牲しては浸り込む」悪循環になることを思い出しましょう。

受けとり、楽しみ、祝福してください。

でも本物の喜びは、関わることから生まれます。

今月のあなたの正しい選択が、来月のあなたの自然な規律になります。

 

今月は癒すべき対立がかなり多いです。

勇気を出しましょう。

自分の気持ちを分かち合いましょう。

たとえ成功しても、より大きな対立や落ち込みや自己攻撃や惨事を招きたくないなら、すべての攻撃や批判や期待を手放しましょう。

 

どんな対立も、もっとも深いレベルでは、両者は同じことを感じています。

そのことに気づけば、そこで対立は終わり、お互いへの思いやりが始まることができます。

すべての対立の中心に罪悪感があると気づくことが重要です。

罪悪感がなければ、対立もなく、恨みや批判や怒りも無いのです。

あらゆるネガティブな経験や問題の根底には罪悪感があり、つねに自己攻撃につながっています。

問題というものは、自分を罰するかたちです。

罪悪感とは大いなる幻想であり、エゴが大きくなろうと罪悪感を強くするのです。

 

世界はあなたを写し出す鏡ですから、自分自身とその他のすべての人をゆるしてください。

あなたの無実があなたの自己価値であり、あなたが何に価する存在なのかを表します。

あなたが人生でできる最高の、そして最も意義あることのひとつは、人が自らの無実に気づくのを助けることです。

それによって、あなたが自らの無実さを見つける助けになります。

 

あらゆる問題の下に潜む、もう一つの主な要素は恐れです。

次のステップを進むのが怖い時、私たちは進みを遅らせるために問題を利用します。

次に控えていることが自分の手に負えないのではと危惧しているのです。

これはエゴが、自立的に一人でやっていく方向か、不十分になるかで分裂しているのです。

いつも自分と一緒に歩いている「大いなる存在」を思い出すことができると、恐れは簡単に解消します。

 

私たちが、世界の中で神以外のものに助けを求めることは、すべてある種の希望的観測にすぎません。

自分が本当に前進する準備ができた時は、マインドはどのようなものでも有効に活用できるのです。

私たちは神からの助けを得ることができるのに、意味の無いものに投資してしまうのです。

この世を楽しむのはよいのですが、それを神の代わりにしないことです。

物事を楽しんでも、全体的な視点からその事をとらえてください。

 

「私は、これの代わりに神をもつこともできうる。」

 

というのは、あらゆる分野であなたをスピリチュアルに先に進めてくれるワーズオブパワー(力のある言葉)です。

この言葉を使えば、自分の外の物事に執着して痛みにつながらなくてすむでしょう。

 

あなたが一歩進むたびごとに、恩恵とミラクルはあなたと共にあるでしょう。

そして常にあなたと一緒に歩む「大いなる存在」を思い出すなら、どこに困難などありえるでしょうか?

 

今月は、過去4年間続いた「天上界の超加速化(スーパー・セレスティアル・スピードアップ)」の最後の月です。

その後の9年間も天上界のスピードアップはつづきますが、個人的な変容でも、集合的な癒しにつながる世界的な変容においても、エネルギーを投資する効果を最大限に得られるのは今月が最後です。

 

今月のあなたが信じられないほど祝福されますように。

 

あなたが自分を開いて与えられた恩恵とミラクルをすべて受けとれますように。

あなたと一緒に歩く「大いなる存在」を思い出せますように。

あなたが間違いを修正し、無実を受けとることができますように。

 

ナイトライト・ニュースレター

2016年12月

ハワイ州、カハルウにて チャック・スペザーノ


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です