オラクルカードとは?オラクルカードの使い方とおすすめカードランキング!

オラクルカードとは?オラクルカードの使い方とおすすめカードランキング!

あなたは、オラクルカードをご存知でしょうか?

これは、和訳すると「神託カード」ということで、いわば、高次元からのメッセージを受け取るためのツールです。

現在では、海外版のものを含め、バラエティ豊富な種類のオラクルカードが溢れています。

でも、自分との相性が良くないと、使いこなせなかったり、そもそも、どうすれば使いこなせるようになるのかが、判らなかったりするかもしれません。

そこで本記事では、あなたに合ったオラクルカードの選び方や、使い方のコツなどをお伝えします!

 

1.オラクルカードはどんな時に使うのが良いの?

①ハイアーセルフ・ガイドからメッセージを聞く

オラクルカードというと、日本人には馴染みのない単語ですから、なんとなく、とっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、これは、手短に言えば、タロットカードの別バージョンとみなして良いでしょう。

タロットカードとの違いは、カードのタイプによって、天使、神々、女神、妖精、精霊などが描かれている点で、そのために、より神聖な存在との繋がりが期待できることです。

オラクルカードは、「重要な決断をする時」「何かの選択で悩んだとき」「疑問の答えを知りたい時」「最適な決断をしたい時」に、潜在意識・ハイアーセルフ・守護ガイドからメッセージを受け取るツールとして使うことが出来るのです。

つまり、ペンデュラムやOリングテストと似たような役割を持つものと捉え方が出来ますが、オラクルカードを使うことによって、より具体的なメッセージを受け取ることが可能です。

 

②セッションでクライアントに解決策を見出す

カウンセラーによっては、クライアントの問題解決として使う人もいます。

ただ、タロット同様、ドンピシャの答えが書いてあるわけではなく、抽象的なメッセージなので、そこから自分のインスピレーションを使って答えを導き出す作業が必要になります。

筆者の場合は、セッションの際、ガイドから答えが降りてきたり、セッション後にガイドが調査結果をビジョンで見せてくれたりするので、オラクルカードを使っていません。

でも、オラクルカードの凄さを知ることになった経験があります。

ヒーラーさんからセッションを受けた際、彼女が最後にオラクルカードを引くと、「天使」と「水の女神」という2枚のカードが出て来ました。天使は、筆者の過去世なので、まさにドンピシャだったものの、水の女神というのは、最初はピンときませんでした。

その後、ネットで調べたところ、その「水の女神」が意味するところが判明し、まさに自分が繋がっている女神を意味していることに気づきました。

このヒーラーさんは、筆者を表すカードを見事に2枚引き当てたことになります。

このように、オラクルカードは、使いこなせていれば、極めて的中率の高いツールになり得るわけです。

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

2.オラクルカードのメリットとデメリットは?

メリット

なにかに迷った時、適切な答えを得るためのツールとして使うことが出来ます。

また、私たちのハイアーセルフは、TV、映画、本、景色、周りの人など、さまざまなものを通して、私たちに常にメッセージを送っているのですが、私たちの精神状態が安定していないと、彼らのメッセージを受け取ることは難しいものです。心をオープンにして、落ち着いていないと、受け取ることが出来ないのです。

彼らは、メッセージを送ろうとしているのですが、私たちが心を開いていないと、メッセージを受け取り損ねてしまうかもしれません。そんな時に、彼らからメッセージを受け取る場を自発的に設けることが出来るのが、オラクルカード・リーディングなのです。

海外でシェアハウスを探していた時、こんなことがありました。

 

シェアハウスを選ぶに際し、ある「条件」があり、問い合わせの段階で、その条件をクリアにしていないものは、全て除外していました。

とあるシェアハウスの見学に行ったところ、問合わせの段階では判らなかったのですが、行ってみたところ、その物件は、まさしく、筆者が絶対NGとしていた条件に当てはまっていました。

でも、そのタウンハウスは、リノベーションしたてで、内装はピカピカ、リビングルームの調度品も豪華で、シェアハウス自体は、気に入ってしまったのです。

でも、肝心の「条件」がNGでしたので、普段なら、「いったん考える」ということで持ち帰る、ということをします。

ただ、オーナー自身の家が郊外だったので、もし後日決断するとなると、オーナーは手付金のために、もう一度遠路はるばるドライブする必要があったのです。

しかも、その時、諸事情から、1週間以内に、引っ越し先を決めなければならないという、差し迫った状況にありました。

なので、非常に迷ったのですが、そこに決めてしまったのです。

 

筆者は「迷った時には、決断しない」というポリシーでしたが、その時は、上記の事情が重なり、止むに止まれず、手付金を払ってしまったのです。

さて、引っ越し当日、引越しのバンを降りたところ、バッグのショルダーストラップが二つとも同時に外れ、お財布の入ったバッグが、道路に「ガン!」と落ちたのです。

それは、あたかも「行くな」というサインのようでした。

その後、引越ししてからは、「お財布を盗まれる夢」を見ました。実際にお財布を盗まれたわけではありませんが、その物件に引越してからというもの、仕事が落ち込み、住んでいるだけで、赤字になっていったのです。家賃を払うために住んでいるようなもので、まさにお金を盗まれたのと同じです。

しかも、入居後1年間の値上げは法律で禁じられているのですが、2か月後には値上げもされました。

フリーランスなので、住む家によってビジネスがある程度変動するのですが、この家が、これまでで最悪でした。そして、それは、まさに筆者がNGとしていた「条件」が原因だったと思います。

 

2か月くらいで、そのタウンハウスが自分にとって合わないと判り、見切りをつけたのですが、クリスマスと年末年始が重なってしまったので、結局5か月間出られませんでした。

お財布の入ったバッグが道路に落ちたり、財布を盗まれる夢などで、ガイドはメッセージを教えてくれたわけですが、「なんで、手付金を払う前に教えてくれなかったの!」とガイドに対してちょっと苛立ちの気持ちもありました。

話が長くなりましたが、あの時、内見の前、あるいは手付金を払う前に、冷静になってオラクルカードでハイアーセルフからメッセージを聞いていれば、失敗しなくて済んだかもしれません。

みなさんも、このような経験はないでしょうか?

迷った時には、オラクルカードを通じてハイアーセルフに聞いてみることで、後悔になる選択を回避する可能性が高まるのです。

 

デメリット

では、オラクルカードを使うことにデメリットはあるのでしょうか?

ここでは、使用に際して、デメリットとなり得る可能性について検証してみます。

●常にカードに依存ししてしまう傾向になる

オラクルカードは、あくまでも、メッセージを受け取るツールとして使うのがベストです。メッセージの答えがズバリ当たる、という経験をすると、ついなんでもかんでもカードに答えを求める依存的な性格になってしまいそうですが、そうならないように、注意しましょう。

「自分の運命は自分で切り拓ける」と信じている人なら、こうしたツールに頼る必要はなくなります。

 

●直感で即断する能力が衰える

私たちには、時と場合によっては、即断しなければならない場面というものが必ずあります。そういう場面では、家に帰って、心を落ち着けて、オラクルカードに聞くわけにはいきません。

なので、普段から、迷ったり、答えを探すたびに、オラクルカードに聞くのを習慣にしていると、即断を迫られる状況で、その時の直観・インスピレーションを受け取って即座に行動する、という能力は衰えるかもしれません。

まずは、自分の直観から答えを出し、そのうえでオラクルカードを引いて、自分の直観が正しいかどうか答え合わせをしていく、という直観力を鍛えるトレーニングとして使っていくのがお勧めです。

 

●後で後悔するかも?

何かの行動をした方が良いか、しない方が良いかをオラクルカードに聞いて、もしカードから、「止めた方が良い」という意味の答えが出たら、おそらくその行動を止めてしまう人は多いでしょう。

でもその後、「あの時、行動していたら今頃どうなっていただろう?」という後悔が生まれる可能性があります。メッセージを信じ切っており、行動しなくて正解と、キッパリ割り切れる人ならいいですが、「やらないで後悔するより、やって後悔した方がマシだ」という考えの人は、オラクルカードは、参考に留める方が賢明かもしれません。

 

 

3.オラクルカードの選び方のコツ

オラクルカードの選び方のコツですが、調査してみますと、オラクルカードは、作成者の意図に大きく左右される傾向にあります。

作成者が純粋に、私たちにとって役立つものや幸福になるものを作成したいという意図で作ったものなのか、それともビジネス目的なのか、また高次元の存在からのインスピレーションによって作成したのか、それとも、低次元の存在に繋がって作成したものかどうかが、カードのクオリティと的中率に関係するということです。

あとは、ご自分のインスピレーションとカードから受ける印象です。

見ていて感情がポジティブになるもの、ワクワクするもの、ハッピーな気分になるものを選びましょう。

それが、自分の波動と合っている、というサインだからです。

逆に、イラストのテイストが合わないもの、波動が低そうなものは、止めた方が賢明です。

 

【動画セミナー】『ユニバーサル・アストロロジー ~魂の計画書:Book of Lifeを読み解く~』

4.オラクルカードの使い方

オラクルカードの使い方は、基本的に、ノウハウやルールなどなく、その人の自由です。

一番大切なのは、引く際に心を落ち着けることです。

オラクルカードを引く目的は、潜在意識、ハイアーセルフ、ガイドなど、高次元の存在からメッセージ(=神託)を受け取ること。

もし本人が怒っていたり、イライラしたりしていては、高次元の存在とは波動が違い過ぎて、適切なカードを本人に引かせるようサポートすることは、難しくなるからです。

なので、まずは、深呼吸を3回して、心を落ち着けてから、始めましょう。

下記は、カードをリーディングする方法の一例です。

 

1.オラクルカードは、トランプのようにデッキをシャッフルします。

2.自分が聞きたい質問を声に出して言います。

例:「○○については、○○した方が宜しいでしょうか?」

3.カードのデッキをハートに当てて、心を静め、「ココ!」と思ったところを開きます。

4.カードから、どんな印象を受けるか、インスピレーションを働かせます。

5.該当するカードの解説を読んでみます。

神経衰弱のように、テーブルに広げて選ぶ方法が好きな人もいるでしょう。

ただ、これだと、クセがついたカードがなんとなく判ってしまう可能性があります。

「何度引いても、同じカードを引いてしまう」という人は、もしかすると裏側のエネルギーから受ける印象で引いているだけの可能性もあります。

 

5.お勧めオラクルカードリスト!

①日本の神様カード(大野百合子・著)

これは、別記事でも特集を組んでいますが、日本に日本人として生を受けている以上、私たちは、八百万の神々のうちの、どなたかとご縁があるはずです。

このオラクルカードは、その中の48柱の神々がデザインされており、使用した人が高確率で、「このカード凄い!」という感想を抱きます。

筆者自身、長年疑問に思っていたことが、このカードを引いて、即座に明らかになりました。

それぞれの神からのメッセージは、制作者の大野さんが、全国の神社を参拝し、その場で神から受け取ったものだそうです。

 

②ガイアオラクルカード(エレマリア著&イラスト)

作成者のアーティストであるエレマリアさんは「見るだけで運がよくなる聖なる絵本」の著者であり、彼女のオラクルカードは、「見るだけで癒される!」「実際に幸運があった!」「的中率が凄い!」と、いずれも愛用者から高い評価を得ています。

その中のひとつ、このガイアオラクルカードは、エレマリアさんが日本各地、世界各地のパワースポットや聖地を旅し、宇宙、ガイア、大地、天使、龍神、精霊といった、多くの神聖な存在と繋がり、受け取ったエネルギーを独自のふんわりした優しいイラストとメッセージで表現したものです。

また、エレマリアさんのシリーズは、サイズがコンパクトなので、手が小さい女性にもシャッフルしやすく、持ち運びもしやすいのも特長です。

 

③ユニバーサルオラクルカード (エレマリア著&イラスト)

こちらも、②に続いて、同じくエレマリアさん作成の大人気オラクルカードです。

ユニバーサルオラクルカードの各カードの方には、聖母マリア、女神フレイヤ、女神イシス、瀬織津姫など、40人の女神が、こちらも美しい色使いとハートフルなタッチで描かれています。

エレマリアさんのオラクルカードは、単独で使っても、他の2つの「ガイアオラクルカード」「ギャラクシーオラクルカード」のデッキとミックスで使うことも出来ます。

 

④キャラクシーオラクルカード(エレマリア著&イラスト)

こちらも、同じく、エレマリアさん制作の、一枚一枚がアートのようなオラクルカードです。

ギャラクシーオラクルカードには、大天使、女神、アセンデッドマスターなどが「エネルギー」として表現されており、解説にはエレマリアさんが彼らとチャネリングして、受け取ったメッセージが記されています。

高次元存在が波動として抽象的に描かれたアートの方が好みの方は、こちらのタイプがシックリくるでしょう。

 

⑤レムリアン・カード(マリディアナ万美子・著)

マリディアナ万美子さんは、レムリアの記憶を持つセラピストで、このレムリアン・カードには、彼女が女神から受けとった癒しのメッセージが込められています。

レムリアは、神聖な女神性が溢れる天国のような世界であり、愛と癒しをベースに生きる女神たち、マーメイド、ドルフィン、ユニコーンなどの存在が、各カードに美しく描かれています。

レムリアの世界観に惹かれる方、レムリアの過去世とその能力に繋がりたい方にお勧めのカードです。

 

⑥エナジーオラクルカード(サンドラ・アン・テイラー著)

エナジーオラクルカードは、チャクラとそれらを司る大天使、天使のカードで構成されているオラクルカードで、アメリカで2013年に発売以来、現在に至るまで長期にわたるベストセラーとなっています。

このオラクルカードは、自分自身が発し、また自分を取り巻いているエネルギーをリーディングすることで、自分らしい人生を歩んでいくことをサポートするために誕生したカードです。

このオラクルカードは使えば使うほど、エネルギーという掴みどころのないものを感覚て捉えることが出来るようになり、直感力が高まってくるとされています。

カードのイラストも美しく、高級感があり、メッセージも的確とあって、海外物では、とても人気の高いオラクルカードです。

 

まとめ

いかがでしょうか?

オラクルカードは、何かを行なう際に背中を押ししてもらうため、あるいは直観力を磨くためのツールとして活用するのも良いアイディアですね。

By Athena

 

【全83話無料】『私たちの身体(臓器)はオーケストラ。臓器が持つ本来の音(周波数)を奏で、人生にハーモニーを生み出す83のヒント』

『DNAアクティベーション ~アダムコードの活性化~(動画セミナー)』