『あなたはアルクトゥルス人かも?アルクトゥルス人診断』アルクトゥルス人の10の特徴と、その使命とは?アルクトゥルス人であることを強みに活かすには?

『あなたはアルクトゥルス人かも?アルクトゥルス人診断』アルクトゥルス人の10の特徴と、その使命とは?アルクトゥルス人であることを強みに活かすには?


「あなたの出身惑星は?」の記事でも採りあげましたが、私たちの中には、プレアデス星、シリウス星、アンドロメダ星など、さまざまな惑星から転生している魂、すなわちスターシードがいる、と言われています。

その中でも、今回は、アルクトゥルス星人をさらに深く掘り下げてご紹介してまいります。

「どうして私は、地球に馴染めないんだろう?」「自分の魂の起源は、地球ではないかも?」「使命があると感じているけど想い出せない」と、感じる方は、そのヒントが見つかるかもしれませんので、どうぞご一読くださいね!

1.アルクトゥルス星とは?

アルクトゥス星人たちの故郷であるアルクトゥス星は、地球から、36.66光年離れた、オレンジ色のとても美しい星です。

日本語では、五月雨星、麦星と呼ばれており、うしかい座に属しています。アルクトゥルス星は、春の夜空を代表する、キラキラと輝く星です。

アルクトゥルス星はうしかい座の中でもっとも明るい恒星であり、6次元という高い波動に存在しています。

ちなみに、おとめ座のスピカとは夫婦星です。

 

2.アルクトゥルス星人とは?

アルクトゥルス星人は上記アルクトゥルス星から転生してきたスターシードのことです。

アルクトゥルス星は極めて波動が高く、アルクトゥルス星人は、地球の愛と平和の波動を高め、覚醒を促すことを目的として転生しています。

地球人を癒し、地球を平和で愛に満ちた世界にすることを目指しています。

アルクトゥルス星人のほとんどは、5-6次元の存在と言われています。

アルクトゥルス星人は、物理的な身体をあまり重要視せず、意識体を重視する傾向にあります。

したがって、地球人として転生する際には、外見的な美しさよりも、耐久性や利便性、サバイバル的な要素を優先にして決定しているようです。

 

3.アルクトゥルス星人の特徴

争い事、勝負事を好まない

アルクトゥルス星人は、幼少期より、勝ち負けがある活動を先天的に避けたがります。

鬼ごっこなどの遊びはもちろん、体育の中で、率先してボールを奪い合って勝敗を競うようなバスケットボール、ドッジボールなども、楽しいとは感じません。

人との喧嘩や賭け事なども、できるだけ避けようとします。

アルクトゥルス星人は、気性が穏やかで、純真な魂を反映した、優しい瞳をしているのが特徴です。

際立った個性

一般人とは違う「何か」、独自の強いこだわり、個性を持っているのが、アルクトゥルス星人の特徴です。

争いごとは好みませんが、「これだけは譲れない」というこだわりや理念を持っているので、「メンタルの強い人」と捉えられたりします。

その「譲れないもの」がなんであるかは、各人によって異なりますが、この理念によって、集団に埋もれることなく、独自の道を歩む人が多いのです。

こうした性格的な特徴から、実際の血液型はともかく、マイペースのB型とみなされる人も多いでしょう。

 

知性が高く、鋭い洞察力

人を見抜く力、嘘を見抜く力があり、鋭い洞察力を持っているのが、アルクトゥルス星人の大きな特徴です。

勘が鋭く、危機回避能力もあるため、勧誘や巧い話に騙されることがほとんどありません。

真実、本質を見抜く、鋭い観察眼をもっているのです。

 

ここ一番の時の集中力が半端ない

自分が興味を持ったものには、驚異的な集中力を発揮して、やり遂げようとします。

アルクトゥルス星人が、いったん情熱を注げる目標を見つけたら、達成できないものは、ないのではないかというくらい、エネルギーを注いで、寝食も忘れるほどに、専心します。

なので、アルクトゥルス星人が成功するには、この「目標」を見つけることなのです。

それは、自分が「面白そう!」と興味を抱くものです。

その反面、興味の対象が多すぎて、エネルギーが散漫になったり、多くのことに手を広げ過ぎたりすると、どれも中途半端に終わる可能性もあります。

 

愛と平和を広めていく伝道師

アルクトゥルス星人が地球に転生する最大の使命は、「争いのない平和な社会を創ること」です。戦争や犯罪が増えてきたと感じたら、地球人の1人に転生して、争いのない社会を創っていこうと尽力します。

アルクトゥルス星人特有の平和なエネルギーは伝播していきます。1人が平和なエネルギーを発していると、その波動は、パートナーにも、家族にも、友人にも、同僚にも伝わり、社会へと拡がっていきます。

人々の心に灯りをともしていけるのがアルクトゥルス星人の強味なのです。

 

神々しいオーラと存在感

天使や女神のように、光り輝くオーラを発しています。サイキック能力のある人がアルクトゥルス星人を霊視すると、背中に羽が生えていたり、頭上にゴールド色のクラウンが見えたりすることがあるそうです。

5、6次元のアルクトゥルス星に住んでいたアルクトゥルス星人にとって、天使や神々は、人間よりも身近な存在であり、こうした存在とも交信できるので、神々や女神のような品格のあるオーラを発していたり、そのようないでたちが、自然だったりします。

どこか人と違う輝かしいオーラを発していたり、振る舞いに気品があったりする場合は、アルクトゥルス星人かもしれません。一般の地球人よりも波動が高いので、一目置かれやすく、なぜか存在感のある人です。

一説には、虹色のオーラを持っていたり、彼らが触れると、クリスタルなどに虹が出てくる、とも言われています。

 

ユーモアのセンスが抜群

ユーモアのセンスが抜群で、人を笑わせて、その場を盛り上げるのが好きなアルクトゥルス星人も多いです。

その人がいるだけで、その場がパッと明るくなったり、和やかになったりする、というのが、アルクトゥルス星人の特徴です。

動物・子供・自然から好かれる

アルクトゥルス星人は、その魂の純真さから、動物、子供、自然と共鳴し、彼らからとても好かれます。

アルクトゥルス星人自身も、心が穏やかで、動物と子供好きであるために、普通は人間を警戒する動物も、彼らには、心を開くのです。

動物によっては、アルクトゥルス星人を「自分と同じ仲間」とみなしているようです。

鳥、猫、犬など、打算のない動物と接していると、アルクトゥルス星人自身も、気持ちがほっと安堵して癒されていきます。

アルクトゥルス星にも色々な動物が住んでいるので、動物と触れ合うことによって、故郷の記憶を懐かしむという経験を、味わっているのかもしれません。

残虐性がないことから、自然界とも繋がりやすく、自然界からメッセージを受け取る人も多いでしょう。

このような特性を活かして、地球でも、子供や動物に携わる仕事や、自然や環境に携わる職業に就くアルクトゥルス星人も多いでしょう。

 

天使との深い繋がり

アルクトゥルス星は、別名「大天使の星」と呼ばれています。

平和で慈愛に満ちた、地球からすれば、まるで天国のようなアルクトゥルス星では、天使と交流があるからだそうです。

したがって、地球人に転生してからも、天使と繋がり、彼らからメッセージを受け取ることが出来る人が多いようです。

このように、アルクトゥルス星人は天使と縁が深い宇宙人ですので、地上でも天使の存在を感じることができます。

 

ウォークインによる転生

一説によると、他の宇宙人とアルクトゥルス星人の転生には決定的な違いがあり、アルクトゥルス星人の場合、生まれつきの転生ではなく、必ずウォークインという形態をとる、と言われています。

事故や大病など、九死に一生を得るような体験をしたあとに、人格が突然変わったり、人生観が刷新されるケースがありますが、これは、元の宿主の魂とアルクトゥルス星人の魂が入れ替わる、すなわちウォークイン(ネガティブな意味ではない、肉体の乗っ取り)が起こり、地球人の体にアルクトゥルス星人の魂が宿った、ということです。

このように、九死に一生を得るような体験をしたあとに、人間性や人格の大きな変容と体験したことのあるひとは、ウォークインである可能性があります。

 

優れたヒーリングパワー

慈愛に満ちた、天使のようなアルクトゥルス星人は、存在するだけで、周りの人達が自然と癒されるような特別な能力を持っています。

アルクトゥルス星人の素晴らしい点は「他者に善行をしても、決して見返りを求めない」こと。奉仕スピリットが生まれつき備わっているので、人々に無償の愛を与えていけるのです。

この能力を活かして、保育士、ヒーラー、カウンセラー、看護師などの職業に就いているアルクトゥルス星人も多いようです。

 

「転がる石は苔むさず」

アルクトゥルス星人は、一か所にじっとしているよりは、住まいや職を転々とする傾向にあります。

出来るだけ沢山の人のエネルギーに触れて、愛を拡げていくのがアルクトゥルス星人の使命であることから、居場所をコロコロ変えたくなるのです。

あと一歩で昇進というところで会社を辞めたり、住み慣れた土地を離れて、海外に移住したりします。

これは、エネルギーの停滞・進化の停滞を防ぐために、無意識のうちに、そのように活動していることもあるでしょう。

住居を変えない場合は、頻繁に旅行することで、エネルギーの停滞を防ぐため、旅行好きな人も多いようです。

変化を繰り返しながら生きていく、というのがアルクトゥルス星人の本来の生き方なのです。ずっと同じ空間にとどまるよりも、違う空間に羽ばたいていく方が、水を得た魚のように、活き活きとしていられるのです。

 

飽きっぽい・器用貧乏

上記の項目とも関連していますが、なにかに興味を持った場合は、一心に打ち込みますが、ある程度満足した時点で、興味の対象が次々と変わっていく傾向もあります。

熱しやすく冷めやすいのです。何か新しい関心事が生まれると、それまで打ち込んでいたものは、あっさりと放り出し、次の対象に移ります。常に新しい経験を求めているのです。

したがって、結果的に器用貧乏になる人もいるでしょう。

 

スピリチュアルな使命を持っている

アルクトゥルス星人にとって、人生のテーマは、使命です。

幼少期から、なぜか「自分がやらなければならない」という使命感を抱く傾向にあります。

人生において使命や目的が定まると、そこに向かって、一心にエネルギーを注ぎますので、自分が地球に転生した目的となる使命に気づくことがアルクトゥルス星人にとって、カギとなります。

使命や目的が定まるまでは、原因不明の不満足感、不幸感、「なぜ生きているのか判らない」という感情に苛まれる人もいるでしょう。

 

豊かな感性とクリエイティブな能力

アルクトゥルス星人は感性が豊かで、雄大な自然やアートなど、感性に訴える、美しいものに共鳴します。

自身も、クリエイティブな才能に恵まれているケースが多く、そのような場合は、アーティスト・芸術家・表現者として活躍しているでしょう。

自然と一体化した、ナチュラルなライフスタイルを好む

アルクトゥルス星人は派手な生活に対する志向性がありません。

虚栄心がないため、そうしたものの追求には関心がなく、居心地の良さを優先した、ナチュラルなライフスタイルを好みます。

そのため、自分と同じ目的を持った仲間と共同体などを創る活動をするアルクトゥルス星人もいるでしょう。

 

ソウルファミリー・ツインレイを引き寄せるパワーが強い

ソウルファミリーのなかには、ツインレイというものがあります。

*ツインレイの詳細に関しては、こちらの記事をご参照ください。

ツインレイとは、もともと一つの魂だったものが、半分になった、「魂の片割れ」のことです。

地球上で、このツインレイに出逢える確率は低いと言われていますが、アルクトゥルス星人には、ツインレイを人生に引き寄せる、優れた才能があります。

ツインレイに出逢うと、初対面でも、前にも会話を交わしたような懐かしい感情が湧いてきたり、相手の考えている事が判ったり、一緒にいた過去世が甦ったりします。

アルクトゥルス星人の成長に欠かせないのがこの、「ツインレイとの出遭い」です。ツインレイは、自分にないものを持っている魂の片割れですから、相手との出逢によって、新たなステージにアップしていける可能性を秘めています。

 

人間関係において束縛を嫌う

恋愛においても、友情においても、自由を重んじ、束縛を嫌います。

お付き合いをしていても、既婚であっても、異性も同性も交流するのを好むタイプです。

どちらかというと、感情や本音を内に秘めるタイプなので、アルクトゥルス星人が、自身の深い部分を打ち明けるのは、本当に心を許した相手だけでしょう。

 

的確なアドバイスが出来る

アルクトゥルス星人は、オーラやエネルギーの性質上、カリスマ性がある人もいて、人を惹きつけます。

そのため、聞き役、相談役として成功する人もいるでしょう。適切なアドバイスをする能力に長けているので、カウンセラー、アドバイザー等に向いています。

 

人間関係に執着しない

アルクトゥルス星人は、基本的に温厚で、滅多なことでは怒らない、天使のような寛容な性格です。

いつも他人の為に精一杯働いているからこそ、自分の苦労が報われなかった時や、不当な扱いを受けたときには、そのような相手とは、ためらうことなく、バッサリ縁を切ります。

自分が誠心誠意尽くした相手から酷い仕打ちを受けたら、その相手を決して許すことはないでしょう。

そうした人には、さっさと見切りをつけ、後ろを振り返らずに、前進していきます。

 

地球環境に完全には適応できていないことも

アルクトゥルス星人も含めたほとんどのスターシードは、地球と比較すると、天国のような環境から、転生しています。

そのため、汚染や劣悪な気候の地球に適応することが困難なケースもあり、健康上、何らかの不具合を抱えていることがあります。

 

まとめ

いかがでしょうか?

いくつ当てはまりましたか?

アルクトゥルス星人として、重要なことは、自分の使命に目覚める、ということのようです。

そうすれば、自身に眠るパワーを発揮していけるでしょう!

『神、神社、地球外生命体の真実』

『失われた魂の記憶を読み解く、スピリチュアル・アストロロジー』

★この記事もオススメです♪