新しい時代に導いてくれる?クリスタルチルドレンの特徴を7項目で解明!


クリスタルチルドレンと呼ばれる人たちのことをご存知でしょうか。
広くの意味で“時代を拓いていく導き手”という、人類の繁栄に必要な重要な人たちのことです。

それでは、どういったところで一般の人たちと違いが出てくるのでしょうか?

クリスタルチルドレンは、1970年代後半からみられるようになったインディゴチルドレンの後継者です。
正しくは、性質が変わらない、時代に応じた名前の変化となりますが、インディゴチルドレンが導いた未来を、さらに高めるように導く使命をもった者たちのことです。

多くの人は、自分がクリスタルチルドレンであるという自覚がありません。
まずは、自分のことを見つめ直して、自分らしさを見つけることが大切です。

しかし、元々の素質が無ければどれだけ努力しても思い出す使命もありません。
自分にクリスタルチルドレンとしての力があるのかどうかもあわせて、読んでみてください。

 

1. クリスタルチルドレンとは

1.1. クリスタルチルドレンの生い立ち

クリスタルチルドレンは、生まれてきた時点でその性質をもっています。
使命をもって生まれてきていますので、後天的にその才能をもったり、修行などをしてなれるようなものではありません。

しかし、ほとんどのクリスタルチルドレンは、使命を忘れてしまっているのです。
それは、現代に穢れが溢れてしまっているせいです。

規律を守るように厳しく縛り付けたり、怪我や病気になったら即薬漬けなど、しがらみや穢れに囚われることで、能力を発揮する機会を失われてしまうのです。
ですから、現代社会には適していない性質を持っています。

後天的に才能をもったりすることはないとは述べましたが、元より素質があったクリスタルチルドレンが、ある日自分の使命を思い出すことはありますので、後天的にクリスタルチルドレンになったかのように見えないこともないです。

1.2.簡単に判断できる特徴とは?

クリスタルチルドレンには、元々の素質にそった特徴がいくつかあります。

まずは、一般の子どもとは違う、澄んだ見透かすような目をもっています。
輪廻転生を繰り返していない、比較的新しい魂がクリスタルチルドレンとして生まれてきますので、綺麗な魂が瞳に反映されるのです。

他にも、霊感が強く、オーラの識別が可能であったり、いわゆる第六感が敏感です。

普通とは特別違う価値観をしていたり、独特な雰囲気をもっているので、しばしば障碍者とのレッテルを貼られて本来の人間らしい生活から離されてしまう場合もあります。
そうなってしまうと、本来の能力を発揮できる機会を失ってしまいますので、自分はクリスタルチルドレンでないと思う方でも、ぜひ協力して使命を思い出せるように導いてあげましょう。

1.3.インディゴチルドレンの後継者

クリスタルチルドレンは、1970年代後半に生まれてくるようになったインディゴチルドレンの後継者です。
インディゴチルドレンも人類を導くために生まれてきたと言われています。

クリスタルチルドレンは、インディゴチルドレンと生まれてきた目的は同じですが、インディゴチルドレンが導いた世界を、また新たな使命をもって高みへ導いていく役割があります。

インディゴチルドレンはすでに大人になってしまっていますので、世代交代というふうに書くとメージがしやすいですね。

また、世界をよりい方向に導く使命を受けて生まれてきた人たちの総称は「スターチルドレン」とされています。

 

2.使命をもって生まれてきたクリスタルチルドレン

2.1.なにをするために生まれてきたの?

クリスタルチルドレンは、地球がアセンションするための手助けをするために生まれてきました。
アセンションとは“次元の上昇”のことです。

より良い形になろうとする動きです。
しばしば、地球のアセンションは災害であると言われています。
ですが、それはあっているようで間違っているのです。

自然災害は、人々に“気付き”を持たせるための、方法の一つなのです。
地球がアセンションするためには、地球上に住む生き物もアセンションに向かわなければなりません。
穢れきった世界のままでは、地球は高みを目指すことができないのです。

そして、また別のアプローチをかけてアセンションを手助けしようとしているのが、クリスタルチルドレンです。
クリスタルチルドレンは、日々の行いによって、人々へ強く訴えかけることができるのです。

2.2.どうすれば使命を果たせるの?

クリスタルチルドレンが使命をもって生まれると話していますが、実際どのようなことをすれば使命を果たせるのでしょうか?

答えは、使命を受けている本人にしかわからないことです。

クリスタルチルドレンは、使命を思い出した時点で、もうすでにその方向へ歩んでいるのです。
クリスタルチルドレンが生きていく中で毎日なんとなく気にもとめずにしている行動が、使命だったりするということです。

ですから、「これが私に課せられた使命だ!」と思って行動しているうちは、ただの自己満足であり、本当の使命を果たすことができていません。
残念ながら、間違った情報に惑わされて“自分がクリスタルチルドレンだと思っている人”が、少なくは無いのです。

もちろん、誰かのためにやろうと思ってしている行動をやめる必要はありません。
人の役に立つ行動を心がけることで、ふと本当の使命を思い出し、そちらの方向に進むことができるようになるからです。
ですが、意識している段階では、使命を思い出せてはいません。

2.3.どのような仕事に就くべき?

2.2.で述べたように、クリスタルチルドレンは生きているだけで使命を果たしています。
「自分の使命にあった職種に就こう!」という意識をもぅている間は、まだ自己満足・勘違いの段階です。
そのまま悩んでいても、使命を果たすことができません。

覚醒済みのクリスタルチルドレンは、悩むことなく自分が進むべき分野を選択します。
そのためにも、自分が好きなことを突きつめていることが大切なのです。

まずは、現世で触れてしまった穢れを落とすために、自分を見つめ直すところからやり直しましょう。

 

3.今からでもクリスタルチルドレンになれるの?

3.1.もって生まれた才能のようなもの

クリスタルチルドレンという響きに憧れのある方。
今からでもなれるのではないかとお思いではないでしょうか?
残念ながら、クリスタルチルドレンは生まれた時点で素質が決まってしまっています。

輪廻転生の回数が少ない魂がクリスタルチルドレンに選ばれるため、後天的に才能が付属することはありません。

どれだけ人のためといって行動しても、クリスタルチルドレンにはなれないのです。

ですが、同じように、自分を見つめて、善い行いを意識していくことで、個人でのアセンションは可能です。
使命をもつことはありませんが、今まで同じ事柄でもより楽しく感じたり、幸福感に溢れる生活を送ることができるようになります。

努力していたのに!と躍起にならず、魂のアセンションを目指してみましょう。

3.2. 開花前の秘めたる力がある場合

大人になってもクリスタルチルドレンとしての行動ができていないかな・・・と思う方。
クリスタルチルドレンの素質がまったくない場合ではなく、いまだ開花できていない場合があります。

現代社会には、クリスタルチルドレンの才能に蓋をしてしまう事柄がたくさんあるので、使命に気付かず人生を終える魂もたくさんいます。
その場合は、才能を開花させるための意識をすることで、遅咲きの力を取り戻すかもしれません。

クリスタルチルドレンの素質はあると思うのに、やるべきことに迷ってしまっている方は、まずは自分を見つめ直して、自分らしさを思い出してみてください。

自分らしさを突きつめていくことで、ふとした瞬間に使命を思い出し、その方向へ進めるようになるでしょう。

 

4.クリスタルチルドレンの使命の思い出し方

4.1.使命を思い出すためにまずするべきこと

クリスタルチルドレンが忘れてしまった使命を思い出すためには、まずは今まで生きてきた中でうまれたしがらみから解放される必要があります。
毎朝同じ時間に起きて、同じ時間に家を出て、夜遅くに帰ってきては寝るだけ。このような、人間らしい生活を捨てた現代の働き方にならっていては、残念ながら、能力開花はのぞめません。

自分らしさを見つけるためには、しがらみから解放され、自由になることが必要不可欠です。

ですが、さっぱり仕事を辞めてしまうというのも、生きていくためには不可能なことですよね。
家庭をもっている女性なら、自分のための時間をつくれるよう、家族に協力を依頼しても良いと思います。

大きく時間をつくれない場合は、少しでも自分の好きなことができる時間をつくれるよう、調整をしてみてください。

4.2.生きているだけで使命を果たせている?

使命を思い出したクリスタルチルドレンは、使命に関係する事柄を好んでするようになります。
ですから、生活しているだけで、その使命を果たすことになるのです。

たとえで言えば、研究者などがわかりやすいでしょうか。
研究者は、自分が興味のある分野の研究をして、成果をあげていますよね。
やりたくない分野に縛り付けて無理やり研究させているなんてことは、絶対にありません。

そして、それはたいてい人類の発展に役立つものです。
研究職の人は、行動が不可思議な人が多いと聞いたことはありませんか?

他にも、音楽家、芸術家にはクリスタルチルドレンが多いと言われています。
自分の興味のある分野に特化して、人々を導いたり、気づきをもたせたりすることができるからです。

 

5.クリスタルチルドレンの有名人

5.1.わかりやすい時代の導き手

クリスタルチルドレンが生まれるようになってからまだ日が浅く、目だった有名な子どもたちはあまりいないと思います。まだ、自分の使命を思い出せてはいないのでしょう。

ですが、クリスタルチルドレンの前任インディゴチルドレンの可能性が高い人物は、人気動画配信サイトで人気を博し、人々(多くは子どもたち)に多大なる影響を与えていました。
現在は活動を休止していますが、医者にインディゴチルドレンであると診断されたとの自己申告もありましたし、現代のインディゴチルドレンのかたちとして、能力が進化していますよね。

これからのクリスタルチルドレンたちの時代でも、やはり多くの人々が目にする動画配信サイトでの出現は否めないでしょう。

芸術家はどの時代でも消えることはありませんので、クリスタルチルドレンを応援したい方は、その分野に根を広げておくと良いかもしれません。

5.2.これからのクリスタルチルドレンのかたち

アインシュタインもインディゴチルドレンのような性質をもつ人だったと言われています。
技術が無かった頃には、技術の基盤になる知識を解明したり、技術が発展してくると、そこで人々に影響力のある発言をしたりする人がでてきたり、クリスタルチルドレンの役割は時代によってどんどん変わっています。

そして、今は地球のアセンションに向かって、たくさんのクリスタルチルドレンが生まれている時期です。
今までには無かった分野で活躍している、目立った子どもがいれば、クリスタルチルドレンの可能性が高いです。

クリスタルチルドレンは、誰かの協力なくして使命を思い出すことは難しいので、自分には力がないとお思いでも、周りに才能のカケラがある子どもがいたら、自由にのびのびと生活できるように、手助けをしてあげましょう。

 

6.まとめ

クリスタルチルドレンとは、1970年代後半からたくさん生まれてくるようになったインディゴチルドレンの後継者的存在です。

地球がアセンションするのを手伝うために、それぞれに使命をもって生まれてきます。
使命は、だれかに決められるものでもなく、自分で決めるものでもありません。

自分らしさを忘れずに生活することで、ふと使命を思い出し、その方向へと進むようになります。

インディゴチルドレンは第六感が発達していますので、霊視やオーラを視ることができる子どもがいたら、注意深く見守ってあげてください。

レインボーチルドレンとは?その秘められた力と特徴について紐解く!

インディゴチルドレンの使命はなに?人類を導いてくれる特徴5項目!

人はどこからやってきて、どこにかえるのか?「あの世」の本当のしくみとは?