『あなたはシリウス人かも?シリウス人診断』シリウス人の10の特徴と、その使命とは?シリウス人であることを強みに活かすには?

『あなたはシリウス人かも?シリウス人診断』シリウス人の10の特徴と、その使命とは?シリウス人であることを強みに活かすには?


こちらの記事でもご紹介した通り、地球には、さまざまな宇宙を起源とした、いわゆるスターシードが沢山いるとされています。

シリウス星人もその内の一つです。

メカやIT系に強かったり、イルカやクジラとコミュニケーションが出来たり、幾何学に惹かれたり、というあなたは、もしかすると、シリウス星人かもしれません!

1.シリウス星とは?

シリウスは、地球から肉眼でも見える、白く輝くおおいぬ座の星で、太陽の次に最も明るい恒星です。

星の説明は一般的なもなので割愛しますね。それよりシリウス人についてをお話ししますね。

 

2.シリウス星人とは?

シリウス星には、知的生命体のシリウス星人が住んでいます。

シリウス星人たちは古くから地球と関わりがあり、地球人に智恵を授けてきました。研究熱心で数学や幾何学にも精通しているシリウス星人は、エジプト文明ではピラミッドの建設に貢献し、マヤ文明ではマヤ暦の作成を指導しました。

アトランティスとも関係があり、アトランティス大陸が沈む際には、シリウス星人が救出に駆けつけたとされています。

古くから地球人の歴史と共に関わってきたシリウス星人ですが、現在は、一説ではタイムトラベルのテクノロジー研究に関わっているとも言われています。

あまり知られていませんが、日本の飛鳥文化もシリウスの影響を受けていたそうです。一度に十人の話を聞き分けたとされる聖徳太子は、シリウスからの転生者だと言われています。

西アフリカの先住民であるドゴン族には、シリウスに住むノンモ(=シリウス星人)が地球にやって来て文明を構築した、という伝承があるそうです。ドゴン族は未開の地に住んでいながら、ノンモに授けられたという天文学や人体の仕組みについての詳細な知識を持つことで知られています。

 

3.シリウス星人の特徴:

【シリウスAとシリウスB】

同じ惑星の出身者は、各個人によって個体差はあっても、大方似たような傾向を持っているものですが、シリウス星人の場合にはこれが当てはまりません。彼らの個性は、大きく2つの種類に分かれています。これらは、シリウスAとシリウスBと呼ばれており、共通点はあるものの、基本的な性格は対称的です。

シリウスAは、陽気で明るく、自発的に他人と交流を図ります。一方シリウスBの方はというと、内向的で隠遁生活を好みます。

なぜシリウスには、このような全く対照的な2つのタイプが存在するのでしょうか。

琴座(リラ)は地球を含む惑星がある銀河系宇宙において、人型生命体の発祥地と言われています。

元々、琴座星人はポジティブな性質を持っているのに対し、ベガ星人はネガティブな性質を持っていました。

このため、両者の考えが一致することはなく、ずっと対立関係にありました。

そこで、このままではいけないと琴座星人とベガ星人の代表者がシリウスに入り、紛争を収めようとしました。

そうして、双方が歩み寄って、共存しようと試みたのですが、どうしても受け入れられない者達はオリオン星に移ったのです。

そうした過程を経て、ポジティブなシリウスAとネガティブなシリウスBが誕生しました。

シリウス星人が他の宇宙由来の星人に比べて多様性があるのは、この琴座星人とベガ星人の紛争という背景があったからです。

このような背景から、シリウス星には2つの派閥があり、どちらが権力を握るかで長年ずっと対立関係になったのです。これが、猫族と呼ばれる癒し系のシリウスAと、知的レベルの高いシリウスBの2つのグループです。

シリウスA星人の特徴はとくにかく明るくポジティブな性格であること。シリウス星人には「ポジティブ」「ネガティブ」に分かれていますが、シリウスA星人は「ポジティブ」に当たります。とてもフレンドリーで底抜けに明るいのが特徴です。小さなことにクヨクヨしない性格です。

一方のシリウスB星人は「ネガティブ」に当たり、基本的にネガティブな性質です。

ネガティブグループに属しているシリウスB星人は、ネガティブで巧妙な、「ポジティブ活動」をすることが多々あります。例えば「ヒーリング」や「チャネリング」です。チャネリング情報の中には、ネガティブグループのシリウス星人からの情報が多くあります。

そのため、世界中のヒーラーやライトワーカーがこのネガティブグループに惑わされている事が良くあります。元々ポジティブグループのライトワーカーやヒーラーでも、シリウスの属性を持っていると、本人も無意識のうちに、ネガティブグループの支配を受け、ネガティブグループの洗脳活動をしている事があるのです。

ネガティブグループのヒーリングはなんの効果もなかったり、むしろ悪影響があったり、何度もヒーリングを受けさせられたりといったものもあります。

 

メカニック・テクノロジー関係に強い

シリウス星人の最大の特徴の一つが、メカニックやITなど、テクノロジーに強いことです。現在地球にある様々なテクノロジーも、シリウス星人の功績によるものが数多くあります。

なかでも航空機や宇宙開発などの高度な技術開発は、シリウス星人やシリウスから地球に転生した人が深く関わっています。

これにより、シリウス星人は宇宙テクノロジーを開発する「宇宙エンジニア」として知られています。その高度なテクノロジーによって、様々な星の情報を、地球など他の星に伝達する役割も果たしています。

宇宙では技術開発の任務を担っていたシリウス星人なので、ITや電化製品などのプログラムにとても詳しく、飲み込みも早いのです。購入した家電やオフィスの電化製品も、説明書に目を通すだけで、その日のうちに完璧にマスターします。テレビやDVDの配線なども、お手の物。

自分の持っている知識と書いてある理論を上手く関連させられるので、機械をスピーディーに扱えるのです。これは、職場や家庭で重宝される、彼らの大きな特徴です。

 

博学で、多岐にわたる知識をもっている

シリウス星人は博識で、多岐にわたる豊富な知識を持っていますから、人からどんなトピックを質問されても、相手に判るように、懇切丁寧に説明してくれます。

彼らが博識なのは、知的好奇心が旺盛な性質によるものです。なにか知らないことがあると、それについて徹底して調査して、情報を吸収します。

シリウス星人には、何もない星に種を蒔き、高度な文明を構築してきたという壮大な歴史があります。知識によって、問題を克服してきた歴史があります。

知りたいと思ったことは、好奇心が満たされるまで、とことん追求しますので、初心者からスタートし、気づいたら、その道のエキスパートにまで上り詰めていた、ということもあるでしょう。

 

海・イルカ・クジラに惹かれる

知性が高いことで知られるイルカやクジラの祖先は、地球を見守るためにシリウスから転生したシリウス星人だと言われています。

進んだテクノロジーを持つシリウス星人は、遺伝子工学にもおいても優れていました。そこで自らのDNAを操作して、地球に適した形態に変化したのです。

スピリチュアルな存在であるイルカやクジラは、宇宙と交信することで、多くの有益な情報を保存しています。シリウス星人は、イルカやクジラと交信することによって、彼らを経由してこれらの情報を受け取ることができます。

こうした理由から、ほとんどのシリウス星人は、イルカやクジラに惹かれ、彼らと無意識のうちに、コンタクトをとっています。そして、彼らのいる海に、安堵感を覚えるため、海が好きなのです。

ずば抜けた記憶力

特徴2とも関連していますが、シリウス星は地球よりも、文明がはるかに進化しています。そのため、シリウス星人の多くが、130以上の高いIQ保持者であると言われています。記憶力がずば抜けて高いため、試験関係では、高得点をマークする人が多いです。

1度見た景色は脳に永久にインプットされるという特徴もあり、幼少期に旅行で訪れた場所が、テレビに映っていたりすると、当時の記憶がまざまざと甦ってきたりすることもあるでしょう。

香りと記憶がリンクする人がいますが、シリウス星人がまさにそれで、「ハワイに行った時の、プルメリアの香り」「パリのカフェで嗅いだエスプレッソの匂い」などが、その時の映像と一緒にフラッシュバックするという感じです。脳内の構造が独特なので、天才ならではの苦悩を抱えている人もいるかもしれません。

 

ドライな性格

理数系であることからも、容易にイメージできますが、シリウス星人は、良い意味で「自分は自分、人は人」と割り切っています。情に流されるようなことはほとんどなく、何かトラブルが起こっても自分の課題と相手の課題をきっちり分けて理詰めで対処します。

このため、傍から見ると、「冷徹な人」という印象を与えがちですが、大事を成し遂げようとするときや、大きな決断を迫られる時などには、情にほだされていては、ベストな決断をすることは難しいものです。トップに立つようなポジションの人は特に、感情に流されていては、務まりません。

「不要と判断した物をバッサリ切る潔さ」を持っており、冷酷だと非難されても、マイペースに自分流を貫く鋼の精神力を持っているのがシリウス星人です。

研究熱心

高い知性を持ったシリウス星人は、研究熱心でもあります。ただ、シリウスAとシリウスBは性格が対照的なので、研究の方法も対照的です。

シリウスBは、一人で興味のある分野を黙々と追求する方法をとります。これに対し、シリウスAは、部屋にこもって研究するのではなく、積極的に地球人や他の星々にコンタクトをとって、情報の橋渡しをします。

 

豊かな感性でアーティストとしての才能あり

シリウス星人の中には、感性豊かな人達もいて、持ち前の研究熱心さも相まって、歌手やアーティストとして成功する人たちも多くいます。

一説によれば、絶世のスターと称されたあのマイケル・ジャクソンも、実はシリウス星人の一人と言われています。

 

短気・キレやすい気性

シリウス星人の中には、「理由も判らず、なぜかイライラする」という短気な気性の人もいます。キレやすいところがあるのです。

誰かに気に障ることを言われたり、満員電車の中で足を踏まれたり、などのささいなことで、ブチッとキレてしまう事もあります。突然火が点くので、「怒らせたら怖い人」と思われるケースも多いようです。

 

美男美女

シリウス星人には、美男美女が多い傾向があります。何でもそつなくこなし、女性なら才色兼備タイプが多く、どんな環境でも、もてはやされますが、実は、彼らは、陰では、並々ならぬ努力をしているのです。

彼らは、上昇志向のタイプが多く、「もっと綺麗になろう」「もっと良いスタイルになろう」など、美意識が高く、自分磨きに余念がないのです。

 

男性脳

特徴1の、メカに強いことからも判るように、男女問わず、サバサバしたシリウス星人は、典型的な男性脳タイプです。男性脳の特徴として、勝敗にこだわる、一度に複数の事が出来ない、自己主張が強い、などが挙げられますが、なかでも一度に複数の仕事が出来ないのは、シリウス星人の大きな特徴です。

夢中になってしまうと、それしか眼中になくなり、誰かの呼びかけを煩わしいとまで思ってしまう傾向があります。沢山の業務を一度に引き受けるのが苦手で、秩序立てて1つずつこなしていこうとします。

「仕事量が多いと、頭の中が真っ白になってパニクる」のなら、シリウス特有の男性脳の持ち主であるのがその理由かもしれません。

 

二面性がある

裏と表、2つの顔を持っているのがシリウス星人です。男らしいのに、ジェットコースターが苦手だったり、天真爛漫に見えて、実は神経質だったりなど、表と裏でギャップがあるのが特徴です。

接する相手によって、見せる顔が全く異なるので、どの顔が一体本当の顔なのか、周りは混乱することもあるでしょう。

シリウス星には、2つの対照的なタイプの星人が混在しているので、そこに住む人の性質も、おのずと複雑なものになるのです。まるで二重人格者のようだと捉えられる可能性があります。

 

即断即行

好きな人が出来たら、思い立ったが吉日とばかりに、速攻でアタックしまくるのがシリウス星人。火花のように気持ちがパッと燃えると、アクションを起こさずにはいられないのです。あの手この手で相手を落とそうとします。

シリウス星人の魂には、「地球に滞在している間に出来るだけさまざまな経験をしておきたい」という願いが刻印されています。彼らにとっては、好きな相手を見つけて、充実した恋をしていくのも使命の一つなのです。

与えられたタイムリミットは限られていると知っているので、なるべく早く結果を出したいのです。シリウス星人は、自分の想いを素直に伝えるのが得意なので、成功率も高い、恋多き人です。

 

縛られるのが嫌

好きな人を追うのは、楽しいけど、相手から行動を制約されたり、しつこく追い回されるのは嫌がるタイプです。情熱的な恋をしていても、相手が粘着系な性格だと気持ちにブレーキがかかり、後ずさりしていきます。

シリウス星人にとって、どんな時も自分らしくいられることが重要なテーマなので、「毎日必ず寝る前にメールすること」などのルールで、行動を制限されると、自由を失ったと感じて関係を解消したくなるかもしれません。

 

犬よりも断然ネコ派

シリウス星人の中にはネコ族と呼ばれる、シリウスAグループがいます。生まれつき、ネコが可愛くて仕方がない」と感じるタイプで、犬よりもネコに強く惹かれる傾向があります。

ネコを抱っこしたり一緒に眠ったりすると不安な気持ちが解消され、愛情ホルモンがハートから溢れ出るようになります。ネコがいるだけで癒されて幸福感を抱けるようになります。

いつも忠実で真面目な犬に比べて、ツンデレで気まぐれなネコは、同じくツンデレなシリウス星人と似通っているので、通じ合い、磁石のように惹かれ合うのかもしれません。ネコと一緒にいると、ハッピー・エネルギーが増幅していくでしょう。

 

主導権は、自分が握る

恋愛において、主導権は自分がシッカリ握っておきたいタイプです。デートのプランも、予め決めておくのが好きで、どこで待ち合わせをして、どこで食事をして、といったことも自分が決めます。メニューの注文も率先して行い、自分が何もかもリードしていきたいのです。

シリウス星人は、上から目線で指図されるのが、嫌な性分です。指図を受けるくらいなら、自分がリードしていきたいという思考なので、恋愛では常に優位な立場に立とうとします。

 

まとめ

いかがでしょうか?

シリウスAとシリウスBは、対照的な性格ですが、共通点もたくさんありますね。

特徴を読んで、「あの人絶対シリウスだ!」と思い浮かんだ身近な人がいるかもしれませんし、自分自身のことを言い当てられたと感じた方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしろ、自分自身の強みを知ったうえで、それを活かして貢献できる形にすると地球人としての充実感も高まるでしょう。

『神、神社、地球外生命体の真実』

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

 

★この記事もオススメです♪