【8月度最新アセンション情報】GESARAのステップの一つであるベーシックインカム(UBI)の導入案が具体化に!ルッキンググラス・プロジェクト:人類は未来を自由に選べるタイムラインに入った

【8月度最新アセンション情報】GESARAのステップの一つであるベーシックインカム(UBI)の導入案が具体化に!ルッキンググラス・プロジェクト:人類は未来を自由に選べるタイムラインに入った

 

みなさん、こんにちは。

本記事では、GESARA/NESARAのステップの一つである「ベーシックインカム」の導入案が具体化されたということで、それに関するニュースと、ルッキンググラス・プロジェクトのディスクロージャーが何を意味するのかについてお伝えしていきます。

1. GESARAへの第一歩:ベーシックインカム導入案が具体化

① 苫米地博士がベーシックインカムの導入案を具体化しTV放送を通じて解説

これまで、「机上の空論」「財源が存在しない」「インフレ懸念」などのダメ出しを食らってきたベーシックインカムですが、社会的に信用と権威のある人物から提案され、公共の電波を通じて提言されたことによって、現実化に向けて大きな一歩を踏み出したと言えるでしょう。

認知科学者である苫米地英人博士が、TV番組のコーナー「宇宙一受けたい授業銀河系ゼミナール」で、ベーシックインカム導入案を解説したのです。

 

② ベーシックインカムに関する誤解

詳細について述べる前に、まずベーシックインカムに関する誤解をクリアにしたいと思います。

ベーシックインカム即、闇側による人類奴隷化と、結び付ける方がいらっしゃいますが、これまで税金として徴収される一方だったお金を、政府から国民に返還する、という流れになるだけでも、人類解放へと大きく舵を切りなおすことを意味するのではないでしょうか。

GESARAには賛成なのに、ベーシックインカムには反対というのは、ちょっと筋が通らないでしょう。順序は宇宙にお任せで、順次可能なものから導入していけば良いのです。

ベーシックインカムと、懸念事項であるワ9チンパスポートやその他条件の付帯は、いったん切り離して考えるべきでしょう。そのような憲法違反の行為に対しては、国民には拒否権があるからです。

ベーシックインカムによってお金を配布するだけで、闇側から兵糧攻めに遭っているかもしれない沢山の人命を救うことになります。

 

そもそも、世界全体の80%超の富を牛耳ることによって、金融システムを利用して、人間を恐怖や争いなどの低次元のエネルギーに縛りつけておくというのが、闇側が人類のアセンションを阻むための戦略なのですから、お金の問題から解放されるだけで、人類の波動の総計は自動的にかつ幾何級数的に上昇するでしょう。

ベーシックインカム反対派は、おそらく財源にゆとりがあるある方々と推測されますが、ベーシックインカムに反対であるなら、単純に受け取りを拒否するか、寄付すれば良いのではないでしょうか。

この世には、実際には、「善も悪も無い」と言われていますが、神様の視座からすれば、実際にその通りなのかもしれません。神様は、打たせて取るタイプのピッチャーですから、通常、みんなの願いを叶えてあげようとします。

つまり、闇側の人類奴隷化計画であるベーシックインカムを、人類解放に利用すれば、両方の願望を満たすことになり、ある意味メデタシ、メデタシなわけです。

【動画セミナー】『ユニバーサル・アストロロジー ~魂の計画書:Book of Lifeを読み解く~』

③ ベーシックインカム苫米地博士案

さて、苫米地博士立によるベーシックインカム案ですが、これは、毎年日銀がQE(量的緩和)として発行している国債分(2020年実績・129兆円)を、そのまま国民にデジタル通貨として、1人毎月10万円配布する、というものです。

日銀から、各国民のウォレットに直接ベーシックインカムを毎月10万円給付することになります。

消費期限を配布後1年とし、金融商品のみ購入禁止とすることによって、景気刺激、GDP上昇が自動的に叶えられることになります。

 

ベーシックインカムを導入するもう一つの意義ですが、現在の職業の中で、今後AIに取って代わられる仕事が、アメリカでは大体40%くらいになるだろうと予測されていることから、日本でもAI導入により、仕事の需要が大幅に減ることが見込まれているのです。

仕事の需要が減れば、必然的に就業率も下がることになり、収入源が無くなったり減ったりする人口も増えることになります。

「お金のために働く」という考え方自体が、もはや「時代遅れ」なのです。

「社会への貢献」と、「収入の確保」は、本来切り離して考えるべきなのです。

この表現が、スピリチュアル系の情報発信者だけでなく、苫米地博士の口からも発言されたということは、まさに時代の流れが大きく変わったことの証ととれます。

これからは、最低限の生活は保障され、自分がやりたいことや、生き甲斐となる活動を行なうことで、人生を存分に謳歌する時代に入ってもいいのではないでしょうか。

結論として、ベーシックインカムは、アセンションへの大きな切り札と言えるでしょう。

 

④ベーシックインカム導入のメリット

●研究・開発・芸術など、収入を得るのにリスクがある職業でも、選択することが可能になる。


●生活保護だと負い目があって受け取る権利があっても受け取れない人がいるが、配布制だと,収入の多寡にかかわらず、全員が受け取れる。

●シングルマザー/ファザーが、子育てのために、無理してブラック企業などに勤める必要が無くなる。

ベーシックインカムのデメリットとして、勤労意欲の低下が懸念されていますが、アメリカ・カリフォルニア州とフィンランドの社会実験の結果に基づくと、勤労意欲は低下していない、というデータが出ています。

いかがでしょう。

これまでとは全く異なる概念に基づくシステムですから、導入には試行錯誤していくことになるでしょうが、パラダイムの変更には、常にこうした問題はつきものです。

その都度、みんなで意見を出し合い、協力して、行動し、克服していきましょう。

 

2.ルッキンググラス:人類は、未来を自分で選べるタイムラインに入った

ルッキンググラスとはなにか?

ルッキンググラスについて一般に発信されている情報から、安易な解釈をなさっていると判断される向きがありますので、この点をクリアにさせていただきたいと思います。

その前に、まず、ルッキンググラスをご存知ない方のために、ルッキンググラスとはなにか、また、このプロジェクトがリークした経緯について、カンタンにご説明いたします。

 

① ルッキンググラスについて

ルッキンググラスとは、カンタンに言いますと、未来を透視する装置のことです。まるで、ドラえもんの世界観のアイテムのようですが、私たちが現在使用しているテクノロジーは、これまで公開されていなかっただけであって、実際には、数10年も前から存在していたと言われていますから、このような装置が既に開発されていたとしても、なんら不思議はありません。

元々は、墜落したUFOの操縦席の椅子を利用したものとされており、それに座ることで、人間の超能力を増幅させるパワーがあるそうです。そこに座り、「A」というシナリオを実行することで、○年後、どのような未来になるかを透視できる、ということです。

 

② ルッキンググラス・プロジェクトがリークされた経緯

アメリカのエリア51で進められていたルッキンググラス・プロジェクトがどのような形でリークされたかといいますと、このプロジェクトに協力していた元海軍特殊部隊のビル・ウッド氏が、プロジェクト・キャメロットというサイトで、インタビューに応じ、その動画が公開されたのがきっかけです。

プロジェクト・キャメロットは、米政府機関や米軍の内部告発者に対するインタビュー等を掲載しているサイトです。

 

③ ビル・ウッドが協力を要請された背景

米軍と支配者側は、望むタイムラインを創造するために、ルッキンググラスを使って未来透視を行なっていました。透視した未来が望ましくないものであれば、タイムラインを変更するためのシナリオを練り直し、望むタイムラインを作るシナリオを実行することで、世界のタイムラインを自分たちの思い通りにコントロールしてきたのです。

ところが、彼らは、ある壁にブチ当たりました。2012年12月21日以降、どんなシナリオを作ろうとも、同じタイムラインになってしまう、という問題が起きたのです。これは、マヤ暦の終わりの日とも一致しています。

そのタイムラインでは、これまでバラバラだったタイムラインが、「世界・人類が白い光の壁に到達する」という単一の未来に収束してしまうのです。これまでは変更可能だった未来のタイムラインが、何をどうしても、同じ未来にしかならなくなったのです。

ビル・ウッド氏がこのプロジェクトへの協力を要請されたのも、この問題を解決する方法を見つけ出すためでした。

『DNAアクティベーション ~アダムコードの活性化~(動画セミナー)』

④ ビル・ウッド氏が到達した結果

ビル・ウッド氏は、要請されたように、問題の分析と解決にあたりましたが、どんなにタイムラインを変えようとしても、やはり同じ未来にしか到達できない、という結論に達しました。「白い光の壁に到達する」という未来は回避不可能だったのです。

彼は当初、これが「世界の終わり」を意味するのだと解釈し、この未来の回避に取り組んでいましたが、後に、そうではなく、これは、「支配者層側の終わり」を意味するのであって、白い光の壁は、世界・人類の覚醒を意味し、その回避が不可能という意味だったのだという解釈に変わりました。

覚醒とは、すなわちアセンションですから、2012年12月21日にアセンションするという精神世界サイドの考えと見事に合致しています。

 

⑤ ルッキンググラスの信憑性は?

ビル・ウッド氏のインタビュー動画は、その後、翻訳動画も、オリジナルのサイトであるプロジェクト・キャメロットでも削除されてしまい、現在視聴が出来なくなっています。これは、支配者層がどうしても知られたくない情報だったので、削除されたのではないかと推測されています。しかし、その一方でビル・ウッド氏は視聴者の寄付金目当ての詐欺師ではないか、という疑惑も視聴者から寄せられているようです。

そこで気になるのが、ルッキンググラスと彼のインタビューの信憑性ですが、トランプ大統領の選出のみならず、彼の功績などが、米国のアニメ「シンプソンズ」で数多く預言が的中していること、さらに、「マトリックス」「トータルリコール」「コンタクト」等の映画で、既にルッキンググラスのテクノロジーが堂々と公開されていることから、これは、紛れもない真実だと結論付けられるでしょう。「コンタクト」で、ジョディ・フォスターがタイムトラベルに使用した装置は、ルッキンググラスとほぼ同じ装置と見なして良いようです。

なにより、2012年12月21日の光の壁への到達は、マヤ暦の終了の時と完全に一致していますし、その後、実際に怒涛の勢いで、支配者層側のディスクロージャーが続いており、多くの人は、まさに覚醒のプロセスに入っています。

ルッキンググラスに関する誤解をクリアに

ルッキンググラスのインタビューを踏まえ、ルッキンググラスによって、闇側の計画はとん挫し、黄金世界の出現が自動的に確定した、という解釈をし、そのような情報を発信する人が多いのですが、それは、少々早合点ではないか、というのが筆者の見解です。

ルッキンググラスのインタビューから判明したことは、あくまでも、なにをどうやったところで、2012年12月21日以降は、闇側の思い通りのシナリオが映し出されなくなった、というだけであって、これ以降の黄金世界が自動的に確定しているわけではない、ということです。

現在、闇側の悪行が、どんどん暴露され、支配構造に気づき始めた人が急増しており、大覚醒が、実際に起こっていることは事実です。

 

ただ、2012年12月21日以降、未来の映像が映らなくなったということは、それ以降の未来の、「闇側によるコントロールが不能になった」という意味だというのが、筆者の解釈です。

闇側は、これまで、人類を支配するために、例えば、A(=大量削減)という結果を出すために、B(=戦争)というシナリオを実施すればよい、ということで、Bというシナリオを実施する、ということをやって来たわけですが、それがもはや通用しなくなった、ということです。

つまり、闇側は、思い通りの結果を出すための計画を実施出来なくなったものの、まだ人類に悪影響を及ぼすことは可能だということです。

 

それは、現状を見れば明らかですよね?2012年12月21日以降、着実に覚醒は進んでいますが、自動的に黄金世界が幕を開けたわけではありません。

闇側ががここまで破れかぶれの行動をとっているのは、必死になれば、自分達にもまだチャンスがあると信じている、ということになります。もし闇側の排除および敗北が決定しているのなら、彼らは、とうの昔に自惑星にトンヅラしているのではないでしょうか。

ビル・ウッド氏へのインタビュー内容から判断する限り、黄金世界という未来が自動的に保証されているわけではなく、支配者側が未来を確定することが出来なくなった、という意味だと解釈されます。

なにもせずにロッキングチェアーにでも寛いでいれば、自動的に黄金世界が始まる、ということではないでしょう。

 

現状を見ましても、この点を誤解して、油断しない方が賢明と思われます。

でも、決して、この見解は、憂うべきことではありませんし、不安を煽ることが目的ではありません。

なぜなら、ルッキンググラスの透視結果は、人類が、自分が選択した人生を生きる権利・自由を取り戻した、ということを意味すると判断されるからです。つまり、未来は、一人ひとりの現在の選択と行動にかかっていることを意味するのです。

ですから、これからは、ますます日々の選択・行動・波動・感情というものが、どれほど大きな影響を及ぼすかを自覚して、生きていくことが極めて重要だということです。

世界各国で、デモや抗議によって、自由を勝ち取っている市民の姿が、何よりの証拠ではないでしょうか。彼らは、黄金世界の保証を信じて、家で寛いでいたわけではありません。自らの思念と行動とによって、切り拓いていっているのです。

たとえ黄金世界の未来が確定していたとしても、それは、なにもしないことで達成されるのではなく、それに沿って思考し、行動をとることで実現される、ということでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

人類は、アセンションのプロセスを一歩一歩、確実に前進しています。

この調子で、みんなで協力して黄金世界を実現させましょう!

By Athena

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

【全83話無料】『私たちの身体(臓器)はオーケストラ。臓器が持つ本来の音(周波数)を奏で、人生にハーモニーを生み出す83のヒント』

『88のエネルギーパターンのダウンロード:きめればすべてうまくいく』