【2021年3月度最新アセンション情報】ロシアでGESARAスタート!?コロナは、新型インフルエンザ区分へ。日本でのワクチン投与は任意に。

【2021年3月度最新アセンション情報】ロシアでGESARAスタート!?コロナは、新型インフルエンザ区分へ。日本でのワクチン投与は任意に。


風の時代に入り、「現実」が目まぐるしく変化しているのが、もう誰の目にも明らかとなっています。

本記事では、風の時代がスタートしたばかりの今、私たちが最優先にすべきことはなにか、そして最新の現況のレポートをお届けいたします。

1.3月度概況

本格的に風の時代が始まった今、筆者が感じていることは、風の時代とは、「真実暴露」の時代ではないか、ということです。

「風」が、これまで真実の上に覆いかぶさっていた「嘘」を、すさまじい勢いで吹き飛ばしている、ということです。

多くの方が気づかれている通り、現在さまざまな「嘘」が白日の下にさらされてきています。

一方、惑星の動きをみますと、現在山羊座に冥王星が滞在していますが、土星を守護星とする山羊座は、「旧態依然」「現状維持」「権威主義」を象徴しています。

その山羊座に、旧体制を破壊することを象徴とする冥王星がソロで滞在しているということは、既存社会、権威主義を破壊するのに「絶好のチャンス」、ということを意味します。

この惑星の動きを、これまでの社会の「真実の姿」が明らかになっている、という現状と併せて考えますと、現在行なうのに最適な行動は、

私たちが突入しようとしている黄金世界に不要な「旧世界のシステム」をことごとく焼き払うことである、ということです。

一言でいうなら、「改革」です。

現在は、全惑星順行期間も相まって、またとない改革の機会なのです。

これは、天が、アセンションのために用意してくれた、絶好のスプリングボードあるいは追い風です。

これをアセンション改革派の私たちは、大いに活かすべきでしょう。

聖書も、イル●ナティカードも、シンプソンズも、決して「恐怖新聞」ではありません。

「カラクリ」が判った時点で、舵を切り直せばいいだけのことです。

予言が成就するのは、カラクリに気づいていない時だけです。

カラクリに気づいた時点で、顕在意識に上った時点で、「呪い」は効かなくなります。

私たちには、運命を変えるパワーが備わっているのです。

また、こうした動向と同時に、「2極化」がもう後戻りできないところまで来ている感が否めません。

どんなにワ●チンによる死者のデータの話をしても、もう聞く耳を持たず、情報ですらも「嘘だから見ない」といって、拒否する人たちがいます。

あるいは、ほとんどの人は、ハナから、「真実の情報」にアクセスすらしない、といった事態になっています。

ワ●チンを打つ人と打たない人は、かなり前から魂のレベルで決定していたのかもしれません。

これは、アセンションする人とアセンションしない人のグループ分けと類似しているとも考えられます。

2.アチラ側の計略を知ることで、タイムラインの舵取りを見定める

現在、光側を攪乱させる目的があるのか、さまざまな情報が飛び交っていますが、これに惑わされないために、ここで、いま一度、「アチラ側のゴール」を明確にします。

なぜなら、その方向に誘導するものを全て拒否し、さらに意識から削除し、タイムラインを切り替える必要があるからです。

アチラ側の計画はジョージア・ガイドストーンに刻まれていた

1980年にアメリカのジョージア州に突如として現れた石板、通称ジョージア・ガイドストーンには、「人類は5億人以下を維持する」と、刻まれていましたが、アチラ側のゴールは、現在70億である人口を、大幅に削減することです。

さらに、削減後は、残りの人類をマイクロチップで管理し、超監視下社会によって、家畜のように人類の行動をコントロールすることです。

マイクロチップで、いつ誰がどこにいるかを完璧に把握するのです。

このような奴隷社会に反旗を翻す者は遠隔で殺傷されることになるでしょう。

ベーシックインカムが導入されるかもしれませんが、檻の中で生きるのでしたら、そんなものは、もはやあっても無くても無意味です。

そんな社会になったら、どんなにお金を稼ごうが、どんなにビジネスで成功者となろうが、もはやお終いです。

檻の中ですから。

なので、この流れに向かう政策は、手遅れになる前に、全て初期の段階で削除することが重要です。

そうした政策の例が下記になります。

・ワ●チン義務化

・ワ●チン・パスポートの発行:ワ●チンを打っていない人は交通機関の利用を禁ず・渡航を禁ず

・スーパーシティあるいはスマートシティ創り

・戸籍・銀行口座など、全個人情報の紐づけ・囚人のように番号管理

(目的:人畜管理が容易になるから。ただし、「完全に」安全な社会になったらOKと推測される)

攪乱させるための情報を垂れ流している似非光側の工作員がいる可能性も?

私たちが冷静でいれば、上記の流れを見破り、冷静な判断で対処することが可能ですが、そうした情報にアクセスさせず、従って、必要なアクションをとれなくさせるための目的ではないかと思われる、攪乱情報を垂れ流している、似非工作員が存在する可能性が出てきました。

また、そうした人たちが裏で繋がっていて協力し合っている可能性もあります。

下記にその特徴を挙げますが、これに該当するからと言って、その人物が必ずしも、工作員とは限りませんので、ご了承ください。

◎特徴

①一般の人が知り得ないコアな情報を握っている。トランプの軍事作戦・表のメディアに流れていない詳細や日付など。

これは、どのようなデマを流して、攪乱させるか、グループ全員で話し合いのうえ、方向性を決めている可能性もあります。

例えば、本当はまだ成すべきことがあるのに、みんなが何もせず待っている、という状況を作るために、「確実に○月〇日にGEASARA」だと流布している可能性があります。

あるいは、人類のネガティブ波動が欲しいために、敢えて外す予測を拡散し続けているとも考えられます。

現時点では、決定だとされていた日付を全て外してきているわけですが、相変わらず、「〇月〇日に○○(緊急放送、GESARA実施)」と、流し続けています。

これは、ご本人にはその意図はなくても、期待値を高めるだけ高めておいて突き落とす、アチラ側のやり方と全く一緒です。

こうすることで、GESARAへの信憑性をガタ落ちにするのにも一役買っているわけです。

②油断させる情報を流す

「C○○が崩壊しました」という情報を流している発信者がいますが、なにをもってして崩壊と断言できるのでしょうか?日本の土地を買い漁っている外国人は、全員撤退したのでしょうか?

また、カルト団体への資金の流入は完全にカットされたという情報ありますが、どうやってその情報を入手したのでしょうか?

さらに、クレジットカードの支払いがチャラだという情報を流し続けている方や、クレジットカードの支払いチャラが選抜制だという情報を流している方もいらっしゃいますが、そういったかたは、差し支えない範囲で、そうなったという証拠をご提示いただきたいものです。

③なりすましと思しきツイート

トランプ大統領のアカウントが凍結されてしまったことを受けて、それに便乗したような「私はトランプ大統領ではありません」といった匂わせアカウントや、イヴァンカさんのものとされるアカウントも、トランプ支持者を翻弄するための、成りすましの可能性があります。

GESARAの実施が3月4日と煽られていましたが、結局それも外れました。

その後、イヴァンカさんのものとされるアカウントから、「そうだよ。3月4日は、GESARA開始じゃなかったよ。軍事作戦だから、知らせるわけないじゃん!(この愚民どもめが!)」的なニュアンスの、GESARAを待ち望んでいる光側存在を小馬鹿にしたようなメッセージがありました。

軍事作戦なのですから、最初から○月○日という日付すら流す必要はないわけで、このアカウントも、ご本人のものかどうか、疑わしいですね。

「○月〇日にはGESARA。○億円配布。」といったような情報を流し続けているツイッターの中には、なぜか都合よくアカウントが凍結になる人もおり、いかにも被害者のように見えますが、アカウントが凍結されてしまうことから、結果的に、上手い具合に責任の追及から逃れることが出来ています。

④政治家や芸能人を実名で闇側認定

常識で考えて、普通は、名誉棄損で訴訟になる可能性があることから、政治家や芸能人を名指しで闇側認定することは、よほどのことではない限り、憚れるものです。

しかし、そういった可能性を恐れる様子を微塵もみせずに実名で告発している「光側」情報発信者がいます。

これは、彼らとグルであるために、告発しても訴訟になるリスクはないという保証がなされたうえで記事を書いているのではないか?という推測が出来ます。

もし彼らが雇われて記事を書いている工作員なら、自分の命の保証はされていますし、上からの指示で書いているわけですから、恐れる必要は皆無です。

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

⑤リツイート、記事の引用などで協力し合っている

「光側」情報発信者の中には、記事投稿後、瞬く間に、毎回莫大な「イイネ」がついている人がいます。

これは、実際に多大な支持を集めている可能性もありますが、同じ団体の工作員が協力している可能性もあります。といいますのは、工作員の投稿に対して1回イイネする毎に決まった額の報酬が支払われるシステムがある、という暴露があったからです。

なので、工作員仲間が投稿したとたんに、イイネをして、お小遣い稼ぎをしているわけですね。

従って、あまりに不自然な数の即座のイイネは、投稿者本人が工作員である可能性もあります。

⑥日本人にしては不自然な国語の誤り

特定の情報発信者のパターンとして、専門的な情報などを握っており、高い知性が窺われるのにも関わらず、ごく簡単な国語ミスがみられる、という傾向があります。

これは、おそらく日本で生まれ育っていないために、初等教育を受けておらず、海外で、工作員として中等・高等教育を含めたトレーニングを受けた後に、工作員として活動をするために来日したことが理由かもしれません。

知性が高いので、初等教育をすっ飛ばしたと推測されます。ごく基礎的な国語教育が抜けているので、専門的な知識があるのに、小学生が習うような国語に致命的なミスが見られますが、本人は、このことに気付いていないようです。

⑦GESARAを支持する仲間を募っている

仲間を募っている発信者がいますが、これは、「GESARA推進派」を手元に置いておいて、管理することが目的かもしれません。

仲間のフリをして情報収集し、リストアップすることを目的としている可能性があります。

また光側を油断させて、その間に彼らの真の目的(人口削減・他は奴隷化)の促進を果たそうとしているとも考えられます。

ただし、これはあくまでも可能性であり、本当に「光の仲間」を募っている可能性もあります。

***

といったわけで、こうした人たちが万一にも工作員であり(仮説です)、未だにフルで活動しているということは、まだアチラ側に資金があり、私たちが意識からクリアにすべきアセンションの邪魔が存在する、ということのサインです。

ワークによって、こうした邪魔を意識からことごとく消し去りましょう。

外界に存在するものは、すべて私たちの内側に存在するものです。

GESARAが日本でもスムーズに施行されるまで、意識から「GESARAを邪魔するもの」を取り除いていきましょう。

『過去ワーク参照』

3.アセンション進捗状況

①2月13日から厚生省により、コ●ナは「指定感染症」から「新型インフルエンザ等感染症」に

コ●ナの位置づけが、新型インフルエンザ扱いになりました。

https://www.mhlw.go.jp/content/000733827.pdf

②日本では、母親グループの活動でワ●チン投与は任意に

日本では、ママエンジェルスというお母さんグループが厚生省に働きかけ、予診票で「打ちたくない」をチェックすれば接種しなくても良い、ということが決定されました。厚労省がその欄を作ってくれました。さらに、ワ●チンのすべての成分や技術も記述してくれたとのこと。

https://twitter.com/teamhideyoshi/status/1361993806543876098

これは、「一人ひとりの国民の力」のパワー、さらに国民が団結することで、国政を動かせる、という事実を証明したということで、大きな躍進を意味します。ママさんたちの活躍に感動しますね。

私たち一人ひとりは、これまで無力だと洗脳させられてきましたが、本来は、「主権在民」であり、政府は、国民のために存在するはずのものなのです。政府のために、国民が滅私奉公するのではないのです。

国民から搾取し、国民が苦しむことを立法化し、逆らう国民を抹殺するような政府なら、なんのために存在するのでしょうか?

とはいえ、政府も一枚岩ではなく、ダブルエージェントとして、国民のために頑張ってくれている人たちもいるのです。そうした人たちは、本当に感謝に値します。

彼らが、過去に暗殺されてきた、国民のために活動していた政治家の二の舞にならないように、彼らにも、今、愛と感謝とサポートのエネルギーを送りましょう。

③アストラ●ネカ欧米拒絶 国内ワ●チン6000万人分「消滅」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/286430/2

④●国へのマイナンバー情報流出問題、厚労省は「不都合な報告書」を握りつぶしていた

日本国民を背乗り推進で抹殺するつもりなのでしょうか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5601a47aa0ada5fb595c5af0aae0b19a32e8af4

⑤バチカンの地下から6万トンの金塊を押収

リン・ウッド弁護士のテレグラムに情報があったとのこと。

(*現時点では、下記情報ソースのみ)

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2510185922610577&id=100008575805546

⑥3月3日、ロシアで一足早くGESARA法案が発動か?

3月3日ロシアではGESARA法案が発動し国営テレビを通じて全国民に公表されたとツイッターを中心に広がっています。

本来は米のNESARA法案の施行から、全世界規模GESARA法案へと移行拡大する展開が予定されていましたが、トランプと同盟関係にあるプーチン大統領が、米に先駆けてロシアで公に号令を発した形です。

(*下記より抜粋。現時点では下記情報ソースのみ)

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1137957713284187&id=100012099069148

情報源はかなりあやふやで、公営放送が本当なら画像位はあるはずですが、どうもないようです。かなり不確かな情報ですが、もしこれが本当なら、ロシアから全世界にGESARAが広がっていくでしょう!

まとめ

私たち一人一人に、自分が理想とする世界に住むパワーが備わっているのです。

光の存在達が協力して、共に黄金世界を創造していきましょう!

By Athena

『あの世の本当の仕組みと、本当の輪廻転生(動画セミナー 第1話無料)』

『風の時代とは?風の時代を幸せに生きる15の方法』風の時代の特徴とマッチした生き方とは?

★この記事もオススメです♪