バシャールとは一体誰?人の心をとらえる理由を徹底解明!


バシャール、という言葉を聞いたことがありますか?ある程度スピリチュアルに興味のある人であれば、ご存知かもしれません。1980年代にダリル=アンカというアメリカ人が、交信できるようになった宇宙人ということです。

ここまでならただのUFOと似た、ちょっと眉唾気味の話ですが、そのバシャールの交信によって発せれる言葉が、非常に「深い」のです。まるで今の日本、今の世界を見ているかのように、悩める心にフィットして、それによって今、ある種のブームになっているのです。

ここでは、そのバシャールがいったい何者で、どのような発言をしているのか、そしてスピリチュアルに敏感ではない人でも、その言葉とどう付き合ったら、自分にとってプラスになるのか、といったことについてご紹介します。

Contents

1 バシャールはオリオン座近くにいる宇宙人?

1-1 バシャールは惑星「エササニ」に住んでいる

バシャールについて書かれた資料、および交信内容によってわかるのは、バシャールは宇宙のオリオン座近くの惑星であるエササニという星に住んでいる宇宙人ですが、誰か特定の個人ではなく複数のエササニ星人の意識が合わさったような存在ということです。さらに、ある意味「生身の宇宙人」ではないので、エササニを実際に目で見ることはできません。そういうことなので、エササニ星人は、地球人のように個人個人の名前を持たず、言葉ではなくテレパシーで会話をし、意思やメッセージを交換しています。

バシャールという名前も本名ではありません。後で説明しますが、バシャールと交信できるダリルという人物がアラブ系の人であることを踏まえて、アラビア語で指揮官、存在、メッセンジャーといった意味を持つバシャールという言葉を自ら名乗りました。

これがバシャールという存在のざっくりとした概要です。

1-2 どうやってオリオン座の近くにいるバシャールの発言が聞けるの?

テレパシーでメッセージを送りあうバシャールの発言は、一般の地球人には伝わらず、チャネラーという、ある意味通訳のような媒介者、ダリル=アンカを通じて我々は聞くことができています。

ダリルは元々宗教者でも精神世界の人でもなく、特殊効果デザイナーとしてハリウッドでヴィジュアルエフェクトの仕事をしていた、どちらかというと機械系のエンジニアです。今まで携わった作品は「スタートレック」「アイ、ロボット」「パイレーツオブカリビアン」「ダイハード4.0」「アイアンマン」など多数あり、どれもヒット作ですので、ハリウッドでは能力を認められた一流の技術者であり、ビジネスマンと言えます。

そのダリルがなぜバシャールのチャネラーになったのかというと、ある時UFOを目撃したことがきっかけとなって、チャネリングができるようになったとのことです。そしてバシャールとの交信記録を本にまとめて出版し、それによって人々はバシャールの発言を知ることができてるのです。

1-3 ダリル=アンカのするチャネリングとは?

ここで、ダリルのしているチャネリングについて補足的に説明しておきます。チャネリングとは、高いレベルの霊的存在や、神、宇宙人、死者などの現実に会うことはできませんが、どこかに存在している常識を超えた人物、生物、意思と、テレパシーのようなもので交信することを言います。それは、通常人間が会話するような、意識がはっきりしている状態でのコミュニケーションではなく、ある意味日常の精神状態から離れてしまっている状態でメッセージを受け取るということです。これができる人物を、チャネラーといいます。

このチャネリングは1980年代にいわゆる「ニューエイジ」と言われた文化風潮の中で注目されたものです。特に、たいていの人間より知恵や洞察力において勝っている「意思」のメッセージを受け取れるので、それによって学びと導きが得られるとして重視されました。

チャネリングの方法は、その「意思」がチャネラーに乗り移って、その口を借りて話す場合、チャネラーの手を自動で動かして言葉を書く場合などがあります。その際にチャネラーは必ずしも意識を失ってはおらず、意識がはっきりしている中でそれを行うこともあります。

2 なぜバシャールの発言に人々は耳を傾けるの?バシャールの発言集

さて、このようなチャネリングの方法によって、ダリルがバシャールから受け取っているメッセージですが、これは一部の人たちから広まり始め、今はかなり広範な人たちから支持をされています。それは、たとえが適切かどうかは微妙ですが、イエスキリストやモーゼのような神の言葉を代弁する預言者の言葉に対するかのような趣きになっています。

このような、ある意味現代の常識の範疇外であるバシャールという存在とその発言に、なぜそこまで人は注目するのか、という点について考えていきます。それに際し、まずはバシャールがチャネリングによってどのようなマッセージを発信しているのかを見ていきましょう。発言しているボリュームはかなり多いのですが、そのうち主なものを以下に抜粋しました。

2-1 「情熱に従って生きなさい」

バシャールが発信するメッセージに一貫して流れている思想は「情熱に従って生きる」ことの重要さです。この「情熱」は、ダリルのチャネリングの言葉の中では、英語でexcitement、joy、love、passionなどの言葉になっていますが、日本のバシャールの信奉者の間では「ワクワク」と訳されています。つまり「自分がワクワクすることを判断や選択の基本軸において生きていきなさい」ということです。

ただ、その自分がワクワクすることを中心にそれだけに取り組んでいると、何か自分勝手な行動をしているように思えますが、バシャールはその「ワクワクすることに取り組むことが、自然に全体の幸福や繁栄に貢献する」としています。

2-2 「身の回りに起こることが自分の意思に反していても、それを自分の行動を中断させたり、妨害するものだとみなさないこと」

これには2つの解釈があります。1つは、自分の意思に反した困難があってもそれを困難と考えずに受け止めていったほうが結果的に乗り越えられる、という解釈です。もう1つは、自分の意思に反して中断させるようなことが起こるということは、そもそもその意思が本当に自分が好きなこと、つまりワクワクすること、ではないということに気づきなさいという解釈です。前者の解釈は比較的ほかでも聞いたことがあるような指針ですが、後者に関しては非常に斬新な考え方だと言ってよいでしょう。

2-3 「他人にも自分にも厳しくしすぎてはいけません」

これは表面だけ読むと、他人にも自分にも多少甘くしてもいい、という発言のように見えますが、本当の意味するところはもう少し違うようです。

まず「他人に厳しい」ということはどういうことかというと、他人を自分の価値観に押し込もうとしていることです。ですので逆にそれを受け止め「他人を変えるよりは、自分を変えることの方がストレスがなく、答えに近づける」という示唆です。

そして「自分に厳しい」というのことは、とは言えそのように自分を変えることがなかなか難しくでも、それによって自分を非難するべきではない、ということを述べています。その裏側には、自分をいたずらに低い存在だと思わず、存在価値があると信じることの推奨です。そのように自分の根本には価値があるということを前提にしながら、自分を変えなさい、ということを言っているわけです。

2-4 「あらゆるこちには必ず意味があることを理解しなさい」

これはわかりやすいかもしれません。目の前で起こっていることが自分にとって良いことでも悪いことでも、それは何らかのプロセスの中で自分に対して必ずプラスになると肯定的にとらえなさい、ということです。

2-5 「人生の目的という言葉で自分を縛ってはいけません」

人は、目的があることを尊いと思うように子供のころからしつけられ、教育されてきています。そのために、その目的が達成できない場合、自分の否定に走ってしまいがちです。しかしバシャールがいうところによれば、「人生の本当の目的は自分自身でいること」です。そのように考えて、1歩引いて物事を見ると、返ってその目的を達成させるためのほかの方法が見つかる、ということも言っています。

2-6 「なりたい自分になれると思うように行動しなさい」

これも比較的わかりやすい話です。まず大切なのは、自分がどうなりたいのか、ということとそれを達成するには何をしなければならないのか、ということをしっかり考えてみる、ということです。そして十分に考えたら、その通りに行動すれば、自ずからなりたい自分になれる、ということです。

ここで大切なのは、「なりたい自分」の姿に対して「それは無理」などのように、自分であらかじめ限界を決めてしまわないことです。

2-7 「拒否してきたものごとを、まず受け入れてみなさい」

人はなぜ恐れを抱くかというと、自分が拒否しているものが自分に襲い掛かることを想像しているので、その実現を恐れているからです。たとえば、別離、死、失敗などです。それを、そういうことも悪くはない、あるいは自分の価値はそれでは揺らがない、と考えて受け入れることをバシャールは推奨しています。そして受け入れた途端、その恐れは消滅し、同時に拒否するという心の動きもなくなると言います。

2-8 「豊かさとはする必要があるとき、する必要のあることをできる能力」

豊かさというと人が1番に考えるのはお金でしょう。しかし、たとえば1000万円手元にあっても、やりたいことにかかるお金が2000万だったら、その人は自分を豊かだとは思わず、「お金がない」と思います。

逆に言えば「今したいことができればそれは豊かなこと」だと思えば、「ご飯が食べたい時に食べられ」「寝たい時に寝られ」「家族といたいときにいられる」だけでそれは豊かな人生だと考えられるわけです。

かえって「お金をどれだけ持っている」というように、金銭のことを中心に考えると、それが自分の豊かさの下限値になって、自分を豊かだとおもえなくなるということも指しています。

2-8 「奇跡とは、それに気づけるか気づけないかの違いだけで、実は周りにあふれています」

よく考えれば、今自分が生きているということ自体奇跡です。なぜなら、何万個もの精子の中のたった1個が母体の卵子で受精して生まれたということ自体が奇跡ですし、そしてその後実はたくさんあったかもしれない危機を未然に防いで今まで生きてきた、ということも奇跡です。結婚しているのであれば世界中の30億人の男性と、30億人の女性の中から、たった1人に出会えて結婚したということも奇跡です。

それを奇跡だと思わなければ当たり前の日常ですが、そういう「確率論」に気づけば、自分の生きていることだけではなく、周囲の自然にも事象にも奇跡はあふれていることがわかります。

2-9 「最高の幸せとは全体のために尽くしている時に感じます」

ラグビーの合言葉は「all for one,one for all」ですが、バシャールはおそらくそれと同じことを言っています。全体のために尽くしていると思っても、全体のために尽くせる環境に自分を置いてくれているのは、その全体なのだ、ということです。つまり、全体のために、と思ってすべての人が尽くせば、それは結局自分に返ってくる、というわけです。

いかがですか。これらの言葉だけを読んでいると、それがオリオン座の近くにいる宇宙人の言葉だとはとても思えないではないでしょうか。それくらい、今の日本人の、あるいは今の世界の状況に合致した内容で、示唆のある言葉を伝えてくるので、バシャールの発言は支持されているのでしょう。

3 バシャールによれば、2012年からすでに変化は始まっている?バシャールの予言とは?

バシャールはこのような、ある種の「生き方、考え方の指針」の発言だけではなく、将来や未来についての「予言」もしています。それは以下のような内容です。

・いまは自分と異なる周波数の世界も経験できている。
・しかし、2012年から始まる分化が始まり、それは2015年からさらに加速する
・すると、自分の周波数以外の世界を経験することは、難しくなっていく
・2033年から2050年には、自分が選択した周波数以外の世界のことはほとんど聞こえなくなる
・2100年には、自分が選択した周波数以外の世界は体験できなくなる
・これはその体験が、ポジティブでもネガティブでも関係ない

ということで、正直かなり難解です。そもそも「周波数」とは何を指しているのか、ということですが、同じく「周波数」という言葉をどのようにバシャールが表現しているかということで、それに関するメッセージを抜粋してみます。

「自分は誰か」という存在の表現が「ワクワク」である。自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳するとワクワクという気持ちになる。


すべてのものがエネルギーであり、ある種の周波数で振動している。したがって自分の現実の中にひきつけることができるのは、自分と同じ周波数のものだけである。

これでもまだ難解ですが、何とか理解可能なように意訳してみると、周波数とは言ってみれば「自分の価値観とそのフィルターを通したものの見方」と言えそうです。仮にそうだとして、先の予言をもう1度振り返ると、バシャールが言っているのは「今は自分の価値観以外のことについても受けいれられているが、2012年以降それができなくなり、2100年にはそれを全く受け入れられない人間と、その人間が作った世界になる」ということに読み替えられます。

ここで現実に目をやると、アメリカ国民が選択した「アメリカ第1主義」と言い、イギリス国民が選択した「EU離脱」と言い、明らかに「全体の=他国の価値観を受け入れない」国が増えてきています。それは「他の価値観を受け入れないテロの頻発」にも現れています。

また個人レベルに目を向けても、本来は障害であり、病気に分類されるはずの「コミュニケーション障害」というものが、普通の健康な人間が少しコミュニケーションが苦手なだけで「コミュ障」と称され、そして本人もそれを違和感なく受け入れて自己紹介に使ったりしている、という状況は、自分の価値観しか受けられない性格や態度が社会的に認知され、肯定され始めている、ということだとも言えます。

バシャールの予言はそのように考えてくると、どんどん世界も、社会も、そして個人も「閉じていっている」ということへの警鐘なのかもしれません。そしてそれを今のうちに何とかしなければならない、と警告しているのかもしれません。

4 バシャールをこんな風に受け止めて生活してみたら?

このようなバシャールのメッセージですが、こういう一連の言葉を、特にUFOも信じない人たちはどのように受け止めたらいいのでしょうか。ダリルが単なる詐欺師か妄想家だと捨ててしまうには、あまりに発言内容が的確です。とは言え、オリオン座の近くのエササニ星という設定には、正直戸惑う人も多いでしょう。そんな人は、バシャールの言葉を以下のように受け止めてみたらいかがでしょうか。

4-1 宇宙人ではなく、地球のどこかの哲学者が話していると思って聞いてみる

バシャールの発言がエササニ星人の発言ではなく、生きていても、亡くなっていてもかまいませんが、どこかの国の哲学者の発言だととらえることです。それくらい、バシャールのメッセージは今の人間に対して、有益な方向性を示してくれていると思われます。そうとらえることで、自分の人生が豊かになったり、考え方がポジティブになったり、生きやすくなったとしたら、それはそれで十分に価値のあることではないでしょうか。

4-2 どれか心に留まる言葉を1つ選んでそれに従って暮らしてみる

それが受け入れられたら、次にバシャールのメッセージの中から自分の気持ちにフィットする言葉を1つ探してみましょう。その言葉を自分の心の中で反芻することで、生きる希望が湧いたり、折れかけてた心が復活したり、現実の困難に立ち向かえたりすれば、それは十分にバシャールのメッセージを体現していることですし、そうなれば、それが宇宙人の発言だろうと、日本のお坊さんの発言だろうと、あまりそこには意味はなくなります。要は、このメッセージを読んで、自分が生きやすくなるかどうか、ということです。

まとめ

いかがでしたか。

眉唾でバシャールのメッセージを読んだ人も多いかもしれませんが、できるだけ公平な観点で解説しましたので、ある程度はリアルな日常生活の中に落とし込めたのではないでしょうか。本当にバシャールが存在するのかどうかは、その個人個人が判断することで、誰かが正解を持っていることではありません。ただ、そのメッセージで自分が何を気づき、何を行動と気持ちに反映させるか、だけです。

そのようにとらえればバシャールのメッセージは非常に貴重なものだと言えるはずです。