バイオフォトンとは

バイオフォトンとは宇宙とも繋がる光?8つのミステリアスな謎に迫る


バイオフォトンとは、人間の体内から発している光であり科学的にも研究などされていて、注目を集めています。

バイオフォトンとは、生命と光子を合体させた名をつけられていて、生きている時の活動内容に寄り、目には見えない光を発しています。癌を患っていたり、喫煙が多かったりする時にバイオフォトンとは光輝くとも言われています。

最近、目に見えない光であるバイオフォトンとは、意識にも関係してきて、幸福や夢を叶えるなど引き寄せにもつながるでしょう。科学的には、全てが解明されているわけではないですが、分かってきている事も増えてきています。

1.バイオフォトンとは意識であり体内から発する『光』

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、ミステリアスな光とも言われており、人間が「最近輝いている」など周りから言われるようになった時にも、バイオフォトンが関係しているのかというと、そこはまた少し違ってくるようです。

職場でもオーラが輝いている人がいたり、芸能人を街で見かけたりすると、他の人にはないようなオーラを感じたりすることもありますよね。このオーラは果たしてバイオフォトンと関係しているのかというのも、注目されているようです。

歴史あるバイオフォトンとは、英語の『BIO(バイオ)』と『PHOTON(フォトン)』を組み合わせて作られた名前であり、生体の光子につながる意味になると言われています。スピリチュアルに興味がある方は、顕在意識と潜在意識のことをご存知の方も多いです。

バイオフォトンは、この意識にも関係していると言われています。特に、潜在意識は引き寄せの法則などを通して知ったという方も少なくないでしょう。

言葉は耳にした事があるけど、実際にはどの様な働きをするものなのか分からない方も多いです。バイオフォトンとは、そういった意識にも関係していて、健康にも関係してくるとも言われています。

1-1.人間が光っているのには理由があった

バイオフォトンとは、体内から光を発すると言われています。人間が、最近輝いているように感じると思ったり、きらめく光を体内から放っているように感じたりする時があります。

バイオフォトンとは、そういった光とは関係があるようで、そうではないとも言われており、体内から発する光でもあるようです。ただし、光と言っても、目に見える光とは違い、生物発光とは言うものの、蛍が放つ光のように目に見える光に関してはバイオフォトンとは言わないようです。

体内の細胞が活動的になっている時に、バイオフォトンとは力を発揮するとも言われています。光ろうとして光るのではなく、バイオフォトンとは自然に放たれる体内からの光と言ってもいいでしょう。

バイオフォトンとは、素粒子であり、意識でもあると言われています。バイオフォトンとは、意識に変えると、夢や希望があるならそれを意識し続けることで、そのようにバイオフォトンが導いてくれるといいます。

マイナス思考で常にネガティブだと、中々その状態から抜けられないのも、バイオフォトンの光がそういった光を放っていないため、意識がどんどんネガティブになればなるほど、向上するどころか、理想とは逆のことを引き寄せてしまうそうです。

こう考えると、バイオフォトンとは、意識した通りに働きかけて光を放ってくれる生体光子であるとも言えるでしょう。

2.バイオフォトンとは生物から発している光

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、私達人間や植物、虫など生物から発している光とも言われています。バイオフォトンとは、体に指示やコントロールなどをする働きがあり、生物の体をより良い振動やコンディションに向上させていく効果もみられるようです。光と一体化すると言っても過言じゃないでしょう。

バイオフォトンとは、興奮している時や楽しみがあってルンルン気分の時にも光を発している事が多いと言われています。

3.バイオフォトンとは目には見えない光

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、光を発しているのなら、どの様な光なのかも存在を知る為に目で確認したいと思う方も多いようです。でも、残念ながらバイオフォトンとは目に見えない存在でもある為、それは難しいと言われています。

目に見えない程の観測が難しい光のようです。サイズで例えると、星の1/1,000,000とまで言われているためほんの少しの光の為、こうしている間にもバイオフォトンとは光放っているとも言えます。

バイオフォトンとは、観測する為には、光電子倍増管などを使用しない限り、測定は難しいと言われています。

4.バイオフォトンとは癌を患っている時に光を発することが多い

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、癌を患っている時に光を発することが多いとも言われています。バイオフォトンとは、微弱生体発光と日本では呼ばれているらしく、癌など病気を患っている時に光を発することがよく見られると言われています。

バイオフォトンのフォトンは活性酸素にも深い関係があり、腎不全を患っているかたにも、酸化している物質で光を発しているのが発見されたようです。バイオフォトンとは、DNAにダメージがある際にも、光を発しているとも言われています。

健康な体の細胞が発する光には、一貫性があると言われており、健康ではない体の細胞から発する光には、一貫性がないという事も発見されているようです。こういった事からも、放射線の療法にもつながってくるのが考えられると言われています。

バイオフォトンとは、体への影響も軽減できると言われるため、体の状態を調べるのにも用いられると言われています。

バイオフォトンとは、バイオフォトンが発する光の量により、癌細胞の進行状況なども分かるようで、光の強度が強いほど、癌細胞が増えていることが考えられるので、ある意味恐ろしさも感じます。

いつまでも健康でいる為にも、バイオフォトンとは毎日のヘルシーライフにとっても、重要な鍵を握っているのかもしれません。DNAに、バイオフォトンが充電される事により、意識の覚醒にもつながると言われています。

こうして、今も人間の体からは、バイオフォトンが発していると思うと、常に良いバイオフォトンを放てる様にしたいものです。

5.バイオフォトンとは宇宙と深い関係にある?

バイオフォトンとは

スピリチュアルなどに興味がある方は、バイオフォトンとは宇宙にも関係しているのか気になる方も少なくないでしょう。細胞から光を発しているバイオフォトンとは、DNAがフォトンを放つことであることでも知られています。

バイオフォトンのフォトンは、オーラにも関係しているとも言われています。バイオフォトンを利用して、DNAを活動的にすることも出来るようです。

バイオフォトンの充電も必要とされており、瞑想やヨガなど神秘的なことから脳の真ん中あたりにある、『松果体』という幸せホルモンとしても知られるセロトニンを分泌する部分を元気にさせると効果があると言われています。

『松果体』は、ゼロポイントフィールドに繋がっている大切な通信の役割を果たす部分でもあるそうです。こういった事から、DNAが元気になり、それによって意識に関してもオーラへと近づく道のりをたどるきっかけを作ってくれるようです。

人間の体から発する光は、意識でもあると言われています。人間の意識こそ、輝く燃料と言っても過言じゃないでしょう。意識は、大切な存在でもあり、今ある環境やコンディションなども意識から来ていると言われています。

バイオフォトンを使って、自分を向上させる意識をしていくことで、更なる輝きを得ることが出来るかもしれません。また、バイオフォトンの光子であるフォトンには、引き寄せなどの意識にも関係してくるとも言われています。

人間の喜怒哀楽も、全身から放っているバイオフォトンを通して放出されているのかもしれません。バイオフォトンのように、光というと良いものだけ光の様なイメージが強いですが、悲しい時も怒りを感じている時も光として発していると言われています。

テレビが、周波数を合わせないとチャンネルを観ることが出来ないのと一緒で、バイオフォトンの周波数もこの様なテレビのイメージを浮かべると分かりやすいです。バイオフォトンを放出している際には、波も放たれていることにつながります。

そして、その波というのが、人間でいうと『意識』につながるそうです。つまり、幸せになりたいという意識を強く持っていて、その時に発する光は、周波数を合わせて幸せになるように動いてくれるような考えになるでしょう。

ポジティブを意識し、前に進んでいく事で、自分を向上させる光を気づかぬうちに発しているかもしれません。何故気づかぬうちにというかというと、それはバイオフォトンとは目に見えない光だからです。

6.バイオフォトンとはセラピーでも大活躍

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、生物の細胞に存在する光と言われていますが、この光を通してセラピーをすることにも役立つようです。バイオフォトンセラピーと呼ばれており、日本語では光子共鳴療法と呼ばれてもいます。

ミラー・イメージと呼ばれる不調和周波数の反転を使用し、最終的には全く違う波がいい具合で落ち着く効果があるようです。バイオフォトンセラピーは、人間の体が不要としている周波数をコントロールし、正常な状態に導いてくれる働きにも期待が出来ると言われています。

また、スピリチュアルなセラピーなどで、専門家に寄りオーラが見える時には、このバイオフォトンが放つ光に関係してくるのかもしれません。また、バイオフォトンセラピーには、手足のツボからバイオフォトンの量などを測定できるとも言われています。

健康な体の細胞は、バイオフォトンを長い時間キープ出来ると言われており、健康に問題がある細胞には、バイオフォトンは、あまり長い時間は存在していられないそうです。

バイオフォトンセラピーは、花粉症にも効果をもたらしていると言われています。バイオフォトンセラピーに寄り、波動が中和され、色々な症状を和らげていく期待が持てるようです。

7.バイオフォトンとは歴史ある光

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、どれくらいの歴史があるのかも気になります。ロシアのアレクサンダー・ダルビッチ氏(生物学者)に寄り、1923年に発見されたのが初めてと言われています。

その後に、DNAから明らかになったバイオフォンの発見が、フィリップ・アルバート・ポップ(研究者)に寄り確認されていると言われています。1960年代以降、日本だけに限らず、ヨーロッパでも研究が進められていて、まだまだミステリアスな光は全貌を明かしていないそうです。

世界中で、研究グループが作られてバイオフォトンとは何か調べられています。こうして研究が薦められているのにも、ミステリアスな部分を解くだけではなく、医療関係や化学、農業などといった様々な分野で利用が出来るのではないかと期待されています。

8.バイオフォトンとは体内時計にも反映する?

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、体内時計にも反映すると言われています。バイオフォトンに関する研究も年々進んでいるようで、体内時計というのは人間だけではなく、生物にあるものらしいです。サーカディアンリズムと呼ばれる1日の生活リズムにも関係している体内時計になります。

遺伝子レベルで調整されており、バイオフォトンを検出する技術を使って、脳の中にある遺伝子などを観測する為にも役立っているようです。バイオフォトンとは、未来の研究にも大きく関係してくるようで、今後の研究結果にも目が離せません。

9.バイオフォトンとは輝くミステリアスな光

バイオフォトンとは

バイオフォトンとは、生物の細胞から発する光であり、科学的にも全てが解明されているわけでもないようで、まだまだ世界でも研究は続いているようです。歴史あるバイオフォトンとは、DNAを元気にさせる事にも大切な存在であると言われています。

バイオフォトンとは、目で観測は難しいと言われる大きさというのもあり、特別な機器を使用しない限り肉眼で確認するのは難しいそうです。

バイオフォトンとは何か、科学的な事も関係してきて難しい部分もありますが、バイオフォトンのメカニズムの全てが明らかになっているわけでもないと言われています。

また、スピリチュアルに興味がある方は、バイオフォトンの光は意識である事も認識しておくと良いでしょう。是非この機会に、バイオフォトンとは何かあらためてチェックしてみては如何でしょうか。