チャネリングの方法にはコンシャスとトランス!?つながるのは守護霊、宇宙にハイヤーセルフ!?


最近では、占いやマジックとは違い、新たな分野として、スピリチュアルな世界が注目されています。

その中でももっとも不思議な魅力をはなっているのが、チャネリングです。

チャネリングはとても難しい能力や手法に聞こえますが、本来誰しもがもっている能力であり、チャネリング方法をしっかり身につければ、いろいろな交信を行い、自分を高めていけるかもしれません。

ここでは、まずはチャネリングについて簡単に解説するとともに、チャネリングの方法を準備段階や意識づけの段階から紹介していきます。

 

1.チャネリング方法は、実は誰でも無意識に行っている!?

最近では、女性誌などを中心にスピリチュアルな世界が注目されていますが、その中でも不思議な魅力とともに、人生の道を切り開く手段として、フューチャーされているのが、チャネリングといっても過言ではないでしょう。

まだまだそこまで認知度が高くないチャネリングですが、本来誰しもが少しは体験したり、感じたことがあるものでもあるのです。

しっかりとした教育を受け、チャネリング方法をしっかり身につければ、今後の人生にいろいろ役立てていけるかもしれません。

ここでは、まずはチャネリングについての簡単な知識やどんなチャネリングがあるのかなどを紹介するとともに、チャネリングの方法や注意点などの基礎的な部分について紹介していきます。

 

2.チャネリングの方法を知る前に、チャネリングについてまず知ろう

2-1.チャネリングとは誰でもふれたことのある感覚!?

チャネリングという言葉は耳にしたことがあっても、どんなことか知らない人、やったことがない人、どうやったらそんなことができるのか知らない人、そんな人がほとんどではないでしょうか。

とはいえ、広い意味でとらえれば、誰でもチャネリングと同じ、もしくは似ている状況に遭遇していたりするものなんです。

例えば、何をやってもツイてるなーって日とかってありますよね?それとか、競馬やパチコンなどの賭け事でついてたりすること、くじ引きで狙ったものを手にしたこと、そんな状況も、いわゆるチャネリングと表現してもいいのです。

大ピンチから大逆転、一歩間違えれば大惨事だったけど助かった時、そんな一般的な社会と隣り合わせの状況、そんな中において、通常生きている次元とは違う領域、 高次元の領域になること、それをチャネリングといいます。

そして、意図的に、そんな状態になるように意識レベルでコミュニケーションをとることを目的としたものもチャネリング、そしてコミュニケーションをとるひとをチャネラーと呼びます。

スポーツ選手の思いっきりの良さや、芸術家のアート的才能や一瞬の閃きだって、チャネリングと言っても過言ではありません。

つまり逆に言えば、このチャネリングを訓練することで、自らの力で操り、幸運を呼び込むこともチャネリングの魅力の1つなんです。

2-2.チャネリングは誰でもできるの?チャネラーってなに?

チャネリングは誰でも行うことができるものでもありますが、それでいてある程度の訓練や特性が必要なものになってきます。

このチャネリングをする人をチャネラーといいますが、このチャネリングは後述しますが、トランス状態になったり、深いリラックス状態に入る必要があるので、専門的な知識を身につける必要があります

つまり、訓練をしっかりしないと一歩間違えば、悪意のあるアドバイスなどをひろうチャネリングをしてしまったり、低次元のチャネリングをすることになりかえってマイナスな結果となりえます。

しっかりと訓練をして知識をつけることで、高次元の領域に存在している精神生命体とつながったり、コミュニケーションをとることで、素晴らしいメッセージを得ることができるようになるのです。

現在、有名なチャネラーとしては、ダリル・アンカやリサ・ロイヤルなどがおり、近年徐々に経験豊富なチャネラーが増えてきていますので、それらの方々に師事を受けることも良いかもしれません。

2-3.チャネリングは2つに分かれる!?

大きく分けてチャネリングには2つの方法があります。そして、このチャネリングを行うものを”チャネラー”と呼んでいます。

①コンシャス・チャネリング

コンシャス・チャネリングは、チャネラー自身がはっきりとした意識のある状態で行っていく、チャネリングのことです。

このチャネリングの場合には、チャネラー自体も意識があるため、どのような発言をしたか、どのようなことをしているかを知った状態でできるというメリットがあります。

ただし、このコンシャス・チャネリングは難しいチャネリングといわれており、実際に行えるチャネラーもごくわずかだといわれています。

②アンコンシャス・チャネリング(トランス・チャネリング)

アンコンシャス・チャネリングは、トランス・チャネリングとも言われ、チャネラーは意識のない状態、いわゆるトランス状態においてチャネリングを行っているため、まったく自分で何をやっているのかわかりませんし、終わった後にも覚えていないチャネリングです。

チャネラーが交信したりする対象は、なにも1つだけとは限らず、いろいろな対象とチャネリングにより情報を交信します。

主な交信対象は、以下になります。

神様
天使・妖精・精霊
死者の霊
ガイド(指導霊)
守護霊
宇宙意識

また、この他にも最近流行りのチャネリングとして、”ハイヤーセルフ”というものがありますが、これは自分がハイレベル、つまり高次になったときの状態です。

チャネリングをすることでいろいろな情報をもらうために、自分が何度か生まれ変わったりして、転生を繰り返すことで膨大な情報をもった未来の自分から情報を得るということになります。

チャネリングをとおして、人間は、高次な状態の者や物からいろいろな情報をえて、日々の生活に活かしていくということになります。

 

3.チャネリングをただするのでは意味がない、なんのためにするの?

3-1.なりたい自分になるのが、あくまで目標

チャネリングの大きな目的は、ちょっとした悩みを解決するということではなく、”なりたい自分になる”ということに向かっていろいろな交信を行うことなのです。

もちろん、チャネリングはYes、Noのような答えだけを求めるだけではなく、自分の中の本当の心の声にしたがったり、直感などを見つめ直すのも大事なチャネリングの1種です。

そういった大きな目標があるものなので、ちょっとした悩みなどを解決することが目標ではありませんし、ましてや、ちょっとした自分のわがままを叶えるようなことに使うものでもありません。

例えば、本当は良くないと思っている行動を肯定するためにやったりすることはなく、心の声に従うように行うので、本当は良くないと思ってるならば、その行動をとらないようにチャネリング結果はでるはずです。

チャネリングのメリットは、心の声に従うことで、物事を好転させていくことでもあるからです。

そのため、占いで都合がいい結果が出てるから、それに従うような感覚とは別物で、本来自分が進むべき道をチャネリングによりはっきりさせて従っていくことで、なりたい自分になるということになります。

3-2.コツはあるのか?

コツは訓練していく上で上達はしていくとは言われていますが、まずは本当の心からの声を聞くということなので、どんな結果が待ち受けているかなどとは考えず、先入観は持たないことが大事です。

同様に、変な期待や思い込みも捨てさりましょう。この行為は、日頃の生活でも大事で、日頃から自分の心の声に耳を傾けるように訓練しておきましょう。

そうすることで感性が研ぎ澄まされ、自然体でチャネリングができるようになりますし、心の声ではないものに違和感を覚えるようになります。

このコツが備わってくると、なんとなく”自分には必要”とか、”自分には必要ではない”、”自分の本意である”、”自分の本意ではない”といった感覚を嗅ぎ分けることが出来るようになってくるでしょう。

また、自分の予想と違っていても、否定的な感情を抱かずにそれが心の声なのであれば、従っていくことも大事なコツです。

3-3.エゴは捨てさり、真の声を聞く

自分の中のエゴを捨て去ることも大事な一歩です。

エゴからの問いではチャネリングはできないといっていいでしょう。

チャネリングは、曲がった気持ちであるエゴなどではつながらず、自分がしっかりと目標をもって自立して、なりたいものに近づこうとしていることが重要です。

人や物に依存しないで自分で行動しているときにこそ、正しいチャネリングは行えるといってよいでしょう。

また、エゴなどではなく真の心の声に従うからこそ、自分の心に自信ももてますし、信頼も安心も勝ち得るのです。

3-4.チャネリングの注意点は?

まずは、最初っからチャネリングの動機を明らかにしておくことが大事な要素です。

チャネリングを必要としている人は、その動機は様々かもしれませんが、その動機をはっきりさせておくことで、雑念を増やさないことにもつながりますし、かえってきた答えにも敏感に反応できるはずです。

さらにチャネリングは、しっかりとした先生に学んだり、正しい知識を身につけないことには乗っ取られる可能性などもあるといわれていますので、チャネリングをする前にはしっかりと訓練を受けるようにしましょう。

 

4.チャネリングの方法で大切なのは準備、そして、その後の成長

4-1.静かな状態を作り出す

先ほども少し紹介しましたが、まずは、集中して、静かな状態を作り出すことが大事です。

できることなら、時計などのちょっとした音でも心が乱されるのであれば、排除することが望ましいでしょう。

さらにチャネリングには、いろいろなエネルギーが飛び交いますのでできることなら電磁波を発するものも除外しましょう。

当然、チャネリング中は、テレビや携帯電話なども同じ空間から遠ざけましょう。

4-2.リラックスと雑念払いで、心を無に

リラックスもチャネリングには大事な要素なので、ヨガなどからリラックスできるポーズを取り入れ、体の安定感と集中力を高めましょう。

そして、深い呼吸を何度か繰り返し、鼻から大きく息を吸いこみます。

それから、ゆっくりと時間をかけて口から息を吐き出し、この際にネガティブな気持ちを外にだし、体内にポジティブな気持ちがは一入るようなイメージを意識しましょう。

さらに余計な雑念を払いのけ、心の中を空っぽの無の状態にします。

このステップは、チャネリング際には慣れるまでは難しいので、しっかりとした訓練をしておきましょう。

繰り返しますが、知識や経験の浅い状態でのチャネリングは危険なので、すべてのステップをしっかりと訓練しましょう。

日々の悩みやストレスなどを払いのけ、無にすることがチャネリングの成功の秘訣でもあるので、このステップはしっかりとやりましょう。

そして、しっかりと無にできたら、メッセージを受け取れるようにオープンな気持ちで待ちましょう。

4-3.チャネリング後にどう成長していくのかも大事

みなさんは、おそらくチャネリングをすることで、今の現状を打開したり、人として成長したり、悩みを解決したりできるかもしませんが、そこで止まるのではなく、その後の生活において、チャネリングを通して変わった意識をつなげていきましょう。

当然のごとくチャネリングは単なる好奇心を満たすだけのもではありません。

しっかりと、人として成長して、自己探求も行い、新しい次元の自分になることを目標にして、いろいろな広がりが生まれるように今後も継続して探求していきましょう。

 

5.まとめ

いかがでしょうか?チャネリングといっても、その目的は人それぞれかもしれませんが、多くの人において、さらなる高みの自分になりたい、出会いたいということ、そして、今後の人生で成長していきたいという先の目標がやっぱりあるのではないでしょうか。

そのためには、まずはチャネリングの正しい知識や方法などをしっかりとしたチャネラーなどから学んでいくことが大事になってくることでしょう。

レイ・チャンドランの高度なチャネリングで大天使メタトロン、ミカエル、そして動植物や自然とつながろう!

DNAアクティベーションとは?潜在能力を開花させるDNAの活性化について徹底解説