フラワーエッセンスはハワイの神聖なる森や野生の花からもらえば、心も体も癒される!


みなさんは”フラワーエッセンス”という言葉をご存知ですか?

まだまだ馴染みのない言葉かもしれませんが、現代においてはとてもストレスフルな時代であり、ちょっとしたストレスで心だけでなく体も崩してしまいがちな世の中です。

そんな時代背景もあってか、最近では心の安定や癒しのためにこの”フラワーエッセンス”が注目されはじめています。

もともとの歴史は古く、古くは薬のように用いていたり、現在では内面のエネルギーを正常に呼び戻すために使われたりと幅広い活躍が期待されつつあるエネルギーになっています。

ここではそんなまだまだ知られていない”フラワーエッセンス”の中で、特に大自然からの力を享受しているハワイのフラワーエッセンスについて紹介していきます。

 

1.フラワーエッセンスって何?薬!?アロマ!?ドリンク!?

フラワーエッセンスとは、果たしてなんなのでしょうか?

花から何かをとっているのは間違いありませんが、それは薬になるのでしょうか?アロマになるのでしょうか?それとも飲むならドリンクなのでしょうか?

ここではまだあまり知られていないフラワーエッセンスに焦点をあてつつ、その中でも大自然の力をふんだんに享受しているハワイのフラワーエッセンスを紹介していきます。

 

2.フラワーエッセンスは、ハワイが有名なの!?

2.1 そもそもフラワーエッセンスって何?アロマとは違うの!?

自然界の中でも、癒しの力のある花や植物からエネルギーを人間の体だけでなく心と精神も含めて調和させるために活用したものがフラワーエッセンスで、この中には鉱物や動物なども含まれています。

フラワーエッセンスは、花や植物、鉱物、動物などがもっている癒しの力である”波動”を水に転写したものとなっています。

よくアロマテラピーと勘違いする人もいるのですが、まったく違います。フラワーエッセンスは、花から抽出される物質を小瓶に詰めているもので、見た目はとてもよく似ているのですが、アロマと違い、特に香りはありませんし、作られ方も異なります。

このフラワーエッセンスを飲むことによって、ストレスなどによってマイナスに傾いている体や心の状態を回復させ、本来の人がもっているバランスを取り戻していこうと考えています。

安全面もしっかりしており、副作用は一切なく、赤ちゃんからお年寄りまで飲むことが可能だといわれています。

2.2 フラワーエッセンスって最近流行りだしたの?

最近ようやくフラワーエッセンスという言葉を聞くようにはなってきましたが、今にはじまったことではないのです。

フラワーエッセンスの歴史は意外と古く、有史以前の古代から伝えられ用いられてきたさえといわれているのです。

オーストラリアの原住民であるアボリジニーの人々は花の朝露を薬としてさえ使っており、このフラワーエッセンスの元祖となる手法で傷を癒したりしていたようです。

ここ100年以内で、花療法として開発され、1930年代のイギリスの著名なホメオパシーの医師であるエドワード・バッチ博士により、フラワーエッセンスは生み出されました。

エドワード・バッチ博士は人間のエネルギーにあわせて、39種類のフラワーエッセンスを生み出しています。

2.3 どれくらいの種類のフラワーエッセンスがあるのか?体に害はないのか!?

現在、フラワーエッセンスは世界中に数1000種類以上あるといわれており、日本は特にこのような分野にも目がきくのでクオリティの高いメーカーを手に入れることができます。

ハワイのメーカーは後で紹介しますが、世界的に代表的なのはパシフィックエッセンス(カナダ)、FES北アメリカフラワーエッセンス(アメリカ)、スピリットインネイチャーエッセンス(アメリカ)、オーストラリアンワイルドフラワー(オーストラリア)などになり、現在では星、海の生物、動物、鉱物などからも作られはじめています。

フラワーエッセンスの最大のポイントとして、薬ではないので全く無害、習慣性も無く、他の療法や病院の薬と併用ができるということです。他の投薬の影響も全く受けず、かえってその治療効果を高めるように助けます。

 

3.フラワーエッセンスはハワイでも根づき、よりネイチャーな力を放つ!

3.1 フローラコロナ:水晶の波動を含み、ブランデーや塩もミックス

まず紹介するのがフローラコロナ(Flora Corona)社のフラワーエッセンスになります。

エッセンスはハワイ島からだけでなく、アメリカのカリフォルニア海岸や森や山岳地帯の野生の花々からも取られています。

フローラコロナ社の創始者はデボラ・クレイドン女史で、その夫の元生化学者であるグリン・クレイドン氏によって考案されています。

フローラコロナのエッセンスは水晶の波動を含む湧水・植物性グリセリン、さらにはブランデーや塩を使って作られています。

ハワイを代表するフラワーエッセンスメーカーです。

<フローラコロナの代表的なフラワーエッセンス>

ジオエレメントウォーター
「エーテル」
エーテル的な生命力である”気”と関連のある正十二面体を水の中に溶かして作られており、全ての真髄(quint-essential)であるエレメントは、あらゆる目的で、複雑な構造をしたあなたの体の層のどの部分にも行き渡り、生命力をもたらしてくれます。
人間にもたらされている自然界の4つのエレメントには、気、エーテル、命を育む力によって、日の出の太陽から生じた色彩がいきいきと注ぎ込まれています。
このジオエレメントウォーターは、各エレメントに関連したプラトン立体と、それぞれの立体を活性化する色が精妙な形で溶け込んでくれています。

フローラコロナ「オパール」

オパールエッセンスをとると体の内側から滑らかなきらめきと穏やかさが湧き出てきます。
この力は一杯のシャンパンのように体と心を祝福し、素晴らしい影響を与えてくれます。
オパールエッセンスは全ての細胞を活性化し、気分を高揚させ、新たな展望を見つけ出すよう助けてくれるのです。
どのエッセンスを選べばいいかわからないときにオススメのエッセンスになってきます。
アロエヴェラジェルに2-3滴のオパールエッセンスを加えてあげるだけで、全身に使ってしまえば十分です。
ジオエレメントウォーター
「5エレメント」
空気、土、火、水、エーテルのコンビネーションは本来もっている生命力の推進力となっています。
これは人間の生まれながらにもっていたエレメントの再生でもあり、このエッセンスを飲むと5つのプラトン立体と太陽系の5つのプラトン立体を整合させます。
自然界の4つのエレメントには、気、エーテル、命を育む力によって、日の出の太陽から生じた色彩がいきいきと注ぎ込まれます。
このエッセンスには、各エレメントに関連したプラトン立体と、それぞれの立体を活性化する色が精妙な形で溶け込んでくれています。

3.2 ハワイアンレインフォレストナチュラルズ:神々が宿る神聖な森からのエネルギー

ハワイアンレインフォレストナチュラルズのフラワーエッセンスは、ハワイ島の中でも人の手が入っていない神々が宿る場所からとっています。

その場所において、神聖な森に育つ野生の花を祈りとともに丁寧に摘みとって作っているのです。

採取はもちろん早朝、朝霧をたたえた開花したばかりの花が一番パワーをもっている時間を狙ってつみます。

つんだ花は水に浮かべ、太陽の光をあてその花のもつパワーを水に転写し、アロハと感謝をこめて大地に返しています。

古代よりハワイでは、自然との調和を第一に考える風習があり、自然を尊重しながら、自らの文化も発展させてきているのです。

ハワイアンレインフォレストナチュラルズの代表的なフラワーエッセンス>

ナチュラルブリスフォーミュラ
このナチュラルブリスフォーミュラは、一人になるのが恐い人、真面目でちょっとした間違いが気になってしまう人、気分が落ち込みもち上げたい時、うつっぽい症状の時に向いているエッセンスです。
他人や自分をすぐに批判しがちにな人、考えすぎて必要なことをうまく言葉で言えなくなっている時におすすめのエッセンスなんです。
型にはまった考え方を緩め、柔軟な心をもつことで、自由な選択ができるようになるさえ考えられています。
ストレスリリースフォーミュラ
ストレスリリースフォーミュラは、まさに名前のとおり、ストレス対応のエッセンスです。
過度のストレスを感じていたり、職場の人間関係に悩んでいたり、緊張がほどけず眠れない時などにオススメのエッセンスです。
ストレスリリースフォーミュラは恐れや不安、仕事や人間関係など原因のはっきりしたストレスを解放してくれ、リラクゼーションへと導いてくれます。
レフア(感じる)
レフア(感じる)は、他の人にどう思われるだろうと気にして、自分の態度を変えてしまって本来の力を出せない人や自分を見失っていると感じてる人、そして、もっと自分の意見を表現したい人に向いています。
レフアは他の人の意見に左右されたり、固定観念などにとらわれて、自分の本当の気持ちがわからなくなっている時におすすめのエッセンスなんです。

3.3 カウアイフラワーエッセンス:カウアイフラワーエッセンス102種類、ジェムエッセンス48種類

カウアイフラワーエッセンスの主題は、どんな人にも実現できる夢の種が眠っているという趣向です。

その夢を発芽させ育てていくために、カウアイフラワーエッセンスでは、思考、感情、行動を様々な角度から自分らしさをとりもどすために、102種類のカウアイフラワーエッセンス、48種類のジェムエッセンをとりよせています。

カウアイ島のありとあらゆる愛のエネルギーがつまっているカウアイフラワーエッセンスをぜひお試しください。

カウアイフラワーエッセンスの代表的なフラワーエッセンス>

アフリカンチューリプ
アフリカンチューリプは、多くの過去生から持ち越したアストラル体に浮いている暗いものからの影響から解放してくれます。
極度の情緒不安定、突如としたおさえきれない恐れや、繰り返し浮かんでくる不快な思いといった症状に対応してくれるはずです。
ビーチ ヘリオトープ
ビーチヘリオトープは、ひどく悲しみ悲嘆する子供のためのエッセンスです。
幸福感、落ち着き、強さを復活させてくれますし、子供のときの泣きすぎによる呼吸の問題にも癒しを与えてくれます。
アマリリス バルバドス リリー
アマリリス バルバドス リリーは、感情を強化、浄化してくれます。
何がおこっても以前よりは上手に対応ができるようになることを期待できます。
内面の不安や不調和、葛藤を収拾し、平和と明確な叡智をもたらしてくれるでしょう。

 

4.フラワーエッセンスの使い方を伝授!ハワイも使い方の基本は一緒

4.1 舌下が最もエネルギーが伝わるポイント!

フラワーエッセンスの飲み方にはポイントがあります。

もちろん普通に飲んでもいいのですが、最も体内に花のエネルギーを伝えるには”舌下”がいいといわれています。

そのため、直接フラワーエッセンスの原液を舌下に垂らす方法がオススメです。

また、飲む頻度は薬と違い、何度も何度も飲むことが大事なのです。

できることなら3週間くらいとりつづけることが大事だといわれています。

どちらかといえば量よりも頻度だと考えられているのです。

4.2 選び方は、感情にまかせて!

かなりフラワーエッセンス種類は多いのでどのブランドであったとしても選ぶのに迷ってしまいますよね。

こんな時はどうしたらいいかというと感情にまかせてください!

そして、その感情もその瞬間の感情を選ぶのです、ここ1週間くらいの感情やちょっと前の感情では意味がありません。

フラワーエッセンスを選ぼうとしているまさにその瞬間の感情でいいのです。

また、深く考えて、深層心理にまで感情を掘り下げる必要もありません、表面上の辛い、悲しい、嬉しいというわかりやすい感情に従ってください。

フラワーエッセンスとは、人々が自分で自分を癒せるようになることを目指したことからはじまっています。

そのことからもあまり深く考えずに自分の性格や現在の自分の心の状態などを見ながら、自分で自分にふさわしいフラワーエッセンスを選びましょう。

5.まとめ

どうでしたか?フラワーエッセンスを知っていた人も、知らなかった人も少しはフラワーエッセンスに興味が湧いたんではないでしょうか?

特にフラワーエッセンスは怪しいものではなく副作用もなく安心してお使いいただけるものです。

アロマとは違いますが、それと同じくらい手にとってチャレンジしてもらいたいものでもあります。

その際にはそのときの感情に従い、素直にフラワーエッセンスを選びましょう。