レインボーチルドレンとは?その秘められた力と特徴について紐解く! レインボーチルドレンは、アセンションを完成するために派遣された愛の魂?

レインボーチルドレンとは?その秘められた力と特徴について紐解く! レインボーチルドレンは、アセンションを完成するために派遣された愛の魂?


「○○チルドレン」というフレーズを耳にしたことがあるのはないでしょうか。

本記事は、その中で、特にレインボーチルドレンという魂のグループにスポットを当てています。

「もしかして、私/私の子供は、レインボーチルドレンかも?」という方や、子供達をサポートする職種にある方は、是非ご一読くださいね。

1.レインボーチルドレンの定義

地球のアセンションを使命とした人たちを、一般にスターシードと呼んでいますが、彼らを世代別に大きく3つのグループに分けて、インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、レインボーチルドレンと呼んでいます。

この中で、もっとも最近に地球に転生してきた、2005年以降に生まれた魂のグループを、一般に「レインボーチルドレン」と呼んでいます。

では、スターシードの3つのグループの特徴を、時系列順に見ていきましょう。

 

●スターシードの3つのグループ

【第1世代:インディゴチルドレン】※詳しい情報はこちら

インディゴチルドレンは、アセンションする地球に相応しくない旧い体制や社会秩序などを破壊し、新たな制度を立ち上げるための基盤を造るために派遣された魂のグループです。

スターシードの中では先陣を切って転生してきたグループで、この後のグループが転生するために環境を整える役目もあります。

 

【第2世代:クリスタルチルドレン】

クリスタルチルドレンは、平和主義者であり、人類に愛を伝える使者として転生した魂です。

スターシードの中でも、極めて波動が高いため、彼らが波動の低い地球に転生するのは、困難でした。

そのために、まずはインディゴチルドレンが地球に転生し、旧体制を破壊して、新たな制度を立ち上げる環境を整備する必要がありました。その後に転生してきたのが、彼ら、クリスタルチルドレンです。

 

【第3世代:レインボーチルドレン】

レインボーチルドレンは上記2つのグループに続く、第3のグループとして転生してきた、愛と平和によって、アセンションを完成させるために転生してきた魂です。

インディゴチルドレンが旧体制を破壊して新たな制度を開拓し、それを引き継いだクリスタルチルドレンが地球を安全な場所として整え、そこにレインボーチルドレンが転生し、地球を愛と平和の世界へと牽引していく、ということです。

上記2つのグループ同様に、感受性と直観が極めて鋭く、また、ネガティブなエネルギーを愛のパワーでポジティブなものへと変容するパワーを持っています。

 

2.レインボーチルドレンの特徴

では、この項目では、レインボーチルドレンかどうかを判別するために、その特徴について、述べていきます。

なお、○○チルドレンと言っても、最初に「インディゴチルドレン」の魂を発見した方が、○○チルドレンと名付けたことから、そのように呼ばれているだけであって、どの○○チルドレンも、子供とは限りません。

また、各チルドレンを、年代別に分類する手法も、見受けられますが、これは、あくまでも目安に過ぎず、いささか乱暴な気がします。

もしそうなら、「これらの年代に該当しない魂は、ライトワーカーではない」ということにもなりかねないからです。

一般にインディゴが該当すると言われている1975年生まれより前に誕生していても、アセンションを推進しているライトワーカーはいますし、生まれながらに、既存の枠組みに対して、違和感を持ち、正義感が強く、自分が正しいと信じたことは曲げない魂もいるからです。

 

1975年前に生まれた魂が、全てスターシードに属さないとするなら、シャーリー・マクレーンなどが起こしたスピリチュアルなムーブメントは、起きなかったでしょうし、スピリチュアル界の巨匠であるエックハルト・トール氏も、1948年生まれですが、スターシードに属する魂でしょう。

とはいうものの、レインボーチルドレンの最大の特徴として、過去世・カルマを持たずに地球に転生している、というものがありますが、カルマを持たずに転生するとなると、やはり、現在の若い世代ではないと無理があるでしょう。

その理由は、ライトワーカー・アセンションピープルは、アセンションする前に、3世代前までのカルマを解消する役目を持っており、祖父母の代が、戦争を経験しているなら、おそらく彼らのカルマの解消を担うことになるからです。

また、筆者の周りを見てみても、若い世代の方が、一般的に波動が軽く、新しい考えに柔軟ですし、筆者と同世代の友人やその上の世代に、アセンションのビジョンを語っても、ほぼ理解を得られないばかりか、あからさまに拒絶反応を示します。

ただ、もともと○○チルドレンとして誕生していなくても、また1975年より前に誕生していても、アセンションのエネルギーを自らに融合させることに成功した魂は、自らのDNAの中の、インディゴ→クリスタル→レインボーの資質を覚醒させ、進化を遂げている可能性もある、ということです。

 

1.生まれた時点で覚醒している

レインボーチルドレンは他のグループと明確に違う部分があります。

それは、この世に誕生した時から覚醒しているため、新たな学びを必要とせず、自分が何をすべきか、自分の使命を認識している、ということです。

具体的に言いますと、地球のアセンションを推進するためには、自分が何をすべきなのか、何がアセンションにとってプラスであり、なにが課題なのかを、既に把握している、ということです。

旧い体制の地球に誕生して、それに翻弄されてきた魂に比較して、はるかにアドバンテージがあるのです。

なので、レインボーは、「自分がレインボーである」ということを明確に自覚することが重要になります。

そうすれば、周囲に何と言われようと、自らの使命にダイレクトに邁進していくことが出来るでしょう。

 

2.7色のレインボーカラーのオーラ

彼らの大きな特徴は、文字通り、7色のレインボーオーラを帯びていることです。

これは、つまり、7つのチャクラの全てが、健全で活性化されている状態であることを意味しています。

オーラカラーは、その人の特徴を示しているわけですが、7色全てが現れることは非常に珍しく、高次の精神性を持っていること、神に1番近いところから来たことを示しているとも言われています。

3.ネガティブ・エネルギーをポジティブ・エネルギーに変容することが出来る

レインボーチルドレンの愛と平和のエネルギーはパワフルなので、ネガティブなエネルギーをポジティブ・エネルギーに変容することが可能です。

例えば、場の環境がネガティブなのに、その人がやってくるだけで、途端にパッと波動が明るくなる人がいます。レインボーチルドレンは、まさしくそのタイプなのです。

彼らは、ネガティブ・エネルギーに対して、共鳴することがなく、反応もせず、ありのままの自分の、愛と平和のエネルギーで、波動を清浄化することが出来るのです。

これは、カルマや過去世がない魂の、成せる技です。

 

4.過去世を持たずに転生している

前項目でも述べましたが、レインボーチルドレンの大きな特徴は、過去世を持たずに、地球に転生していることです。

ほとんどの人間は、過去世があり、それによる学びもあるわけですが、過去世の行いから、さまざまなカルマを背負って生まれてきます。

過去世では、カリユガの時代(悪が栄える時代)を生きてきたこともあり、そのカルマを清算することになりますから、ライトワーカーの場合は、使命と同時進行だったり、人生の大半を費やすことになったり、アセンションするうえでは、大きなハンディになりえます。

ところが、レインボーチルドレンは、地球への転生が初めてなので、カルマの影響を受けることなく、カルマの清算に追われることなく、のびのびと使命に専心できるのです。これは、非常に大きなアドバンテージです。

 

5.感受性と直観力が鋭い

前述の通り、レインボーチルドレンは、オーラがレインボーであることから、7つのチャクラが健全に機能しています。

これは、すなわち、一般に超能力と呼ばれるような能力や、直観力や感受性が人並み以上に鋭いことを意味します。

真実を見極める能力が高い、ということです。

また、チャクラが全て機能していることから、摂り入れるエネルギーの量も大きく、波動が高いことも意味します。

 

6.愛がなんであるかを知っていて、不安や恐れがない

レインボーチルドレンは、生まれた時から、愛が何であるかを認識しており、それに対してゆるぎない確信があります。

なので、彼らの考えは、極めて純粋で、打算というものがなく、愛と対極に位置する、不安、心配、恐れなどのネガティブな感情をほとんど抱きません。

 

7.強靭な意志と忍耐力が備わっている

レインボーチルドレンは、地球に誕生した時から、自分の果たすべき役目を認識しており、使命を遂行するために行動します。

使命を果たそうとするときの忍耐力や意志は極めて強靭で、他者の意図や環境による影響などは跳ね除けてでも、使命を全うしようとします。

 

8.親がクリスタルチルドレンである可能性がある

次の特徴は、自分の親が、クリスタルチルドレンである可能性がある、ということです。

クリスタルチルドレンも、感受性が強く、繊細で高い波動を持っているため、地球の環境に適応するのは難しく、インディゴチルドレンが地球に入植し、波動がある程度変容した後に地球に転生してきました。

それでも地球の波動に馴染むのは困難で、多大な苦労や経験を経て、覚醒していきます。

このような辛い経験をしているクリスタルチルドレンの親ならば、レインボーチルドレンが抱える悩みにも共感でき、サポートをしやすいわけです。

そのため、クリスタルチルドレンを親に選んで、地球に転生してくるレインボーチルドレンが多い、ということです。

 

9.2005年以降に地球に生まれた魂

これは、この項目の冒頭でも述べましたが、2005年以降に生まれているかどうかも、一つの目安にはなります。

この年以前に生まれている進化した魂は、インディゴチルドレン、あるいはクリスタルチルドレンに属しますので、愛の波動を持ち、2005年以降に誕生した魂なら、レインボーチルドレンではないかと推測することが可能です。

また、1995以降に生まれたクリスタルチルドレンが進化を遂げ、レインボーチルドレンへと変容する可能性もあるそうです。

これは、オーラカラーがレインボーに変化することで、判断できますね。

 

3.レインボーチルドレンの子育ておよび適切なサポートの方法

上記2の項目の特徴で述べた通り、レインボーチルドレンは普通の子供とはきわめて異なることから、そのお子さんを子育てする親御さんは、戸惑う場面も多いかもしれません。

親自身がクリスタルチルドレンやライトワーカーの場合は、多少なりとも理解できると思いますが、全員がそうとは限りません。

そこでこの項目では、レインボーチルドレンの子育て方法と、子育てする上での注意点をご案内していきます。

 

1.周囲の人達との軋轢による孤独

レインボーチルドレンは、誕生した時から覚醒しているので、自分の使命を全うすべく、やるべきことを着実に実行していきます。

自分が信じたことにゆるぎない確信をもって実行していくので、それに理解や共感を示さない周囲との軋轢や摩擦が起こり得るでしょう。

特に日本人は、協調性のない人を排除しようとする風潮がありますので、自分の意思を貫こうとすると、周囲から反発を食らったり、トラブルに発展することもあるかもしれません。

また感受性が強いことから、社会や大人の偽善や嘘もすぐ見抜くことができるので、ある種の大人からは、変わった子供と捉えられかねません。

周囲から理解されないと、レインボーチルドレンは孤独になりますから、親御さんのサポートが必要になります。

レインボーチルドレンが言うことは、世間の常識からすると、常軌を逸していたり、荒唐無稽に思えるかもしれませんが、よくよく話を聞いてみると、彼らの意見の正当性が理解できるでしょう。

もし、周囲から理解されないようなことがあれば、親御さんが、代わりに、理解できるように周囲に伝えてあげるようにしましょう。

なにより、レインボーチルドレンが、一人で孤独に陥らないように、サポートしてあげることが極めて重要です。

 

2.エネルギーに敏感であるため、ストレスやアレルギーに配慮する

前述の通り、レインボーチルドレンは、全チャクラが活性化されていることから、普通の人よりも、感受性が極めて強いのが特徴です。

そのため、普通の人が気にならないようなことが気になり、それが大きなストレス要因となる可能性があります。

なにかにストレスを感じているようなら、彼らの話を聞き、出来る限り解決してあげるようにしましょう。

また、波動が純粋なため、添加物や化学的な物質にアレルギーとなりやすいので、その場合は、食事をオーガニック(有機)や自然食品を中心にするなどの配慮をしましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

レインボーチルドレンは地球のアセンションを完成させるために、重要な使命と役割を担って誕生した魂です。

彼らの親御さんや、サポートする立場の方は、彼らが使命を全うできるよう、レインボーチルドレンを、全面的にサポートしていきましょう。

それが、ひいては、自分自身の使命の全うに繋がるかもしれません。

『DNAアクティベーション(動画セミナー)』

★この記事もオススメです♪