【ライティング・セラピー】今すぐ出来る!一人で出来て、簡単で、効果抜群のセルフセラピー!紙に書くだけ!頭の中のグルグルを解決!願望具現化!心の浄化!ネガティブ感情の断捨離!アイディアが湧いてくる!

【ライティング・セラピー】今すぐ出来る!一人で出来て、簡単で、効果抜群のセルフセラピー!紙に書くだけ!頭の中のグルグルを解決!願望具現化!心の浄化!ネガティブ感情の断捨離!アイディアが湧いてくる!


世界一簡単で、一人で出来て、効果抜群のセラピーは何か?と尋ねられたら、「ライティング・セラピー」と答えるでしょう。

ライティング・セラピーとは、なにかというと、言葉の通り、「書くセラピー」です。

書くだけで、さまざまな恩恵があるのです!

信じられないかもしれませんが、書くという行為には、大きなパワーが秘められています。

では、それが具体的にどういうことか、目的別に詳しくお話ししていきますね!

1.ライティング・セラピーによる効果

書くこと(以降、ライティング)には、様々な効果があります。

筆者は、ヒーリングによって確実な浄化が行われると、身体からガス体が放出されるのをいつも実感しています。このガス体は、生霊、未浄化霊、アタッチメント、コードなどを含む不要エネルギーです。

幸福な人生を邪魔している、身体についている余計な物、不要な物が放出され、癒されるのを感じるのです。

そして、ある時から、書くことでも、この浄化作用が起こることに気づいたのです!

無論、書くという行為なら、何から何まで、という意味はありません。

例えば、以前、プロモーション関係の仕事をしていた時。

セミナーをアピールするブログ記事のアイディアが、インスピレーションがとして降りてきたとします。

でも、他に締切りが迫っている優先すべき仕事があるので、それが降りてきたタイミングで書けないことがあるのです。

で、先延ばしにするのですが、忙しい中に、なんとか時間を確保し、やっと書き上げて、ブログ記事を投稿すると、身体から大量のエネルギーが出て行って、浄化される、ということが起こるのです。

何度か同じようなパターンがあり、そのたびに身体からエネルギーが出ていくのを体験しているので、「これは、癒しが起こっているんだ!」と気づいたのです。

書きたいことを書く、言いたいことを言う、言えない場合は、代わりに書く、という行為をすることで、癒しが起こるのです。

また、「紙に書く代わりにパソコンに入力するのでいいのでは?」と考える人もいるかもしれません。これは、ケースバイケースで、脳に書き込む必要のある時には、「書く」という行為が必要になりますので、パソコンへの入力では代用できません。

 

2.効果別・目的別ライティング・セラピーの方法

ストレス解消・ヒーリング・頭のグルグルを解消する・心に静寂を取り戻す・心の断捨離

これが、ライティング・セラピーをするうで、もっとも期待できる効果であり、目的と言えるでしょう。

ベストセラー作家であり、教師であるエックハルト・トール氏は、「頭の中のもう一人の自分の声」が、不幸の元凶だと著書で述べています。

これは、エゴの声であるのがほとんどです。

本来私たちは、この「頭の中のおしゃべりのない」、心が平安な状態で生きられるはずなのです。

それなのに、このエゴの声が、四六時中、ピーチクパーチク騒ぎ、あーでもない、こーでもない、と私たちに話しかけているために、私たちは、静寂の中で生きられないのです。魂の至福の状態で生きられないのです。

最近よく言われている「頭の中のグルグル」も同じことです。これが、私たちが冷静な判断を下し、本来あるべき至福の境地でいるのを妨げているのです。

そのためには、この「エゴの声」を、書くことで、徹底的にアウトプットしてしまうことです。

これは、起床時でも、寝る前でも、頭の中でグルグルが始まったタイミングでも構いません。

自分の頭・心が囁いている、あるいは喚き散らしてい不満、文句、グルグル、不安、愚痴、これらを頭や心が空っぽになるまで紙に書いていきます。

書くことによって、もしかすると、その件について、解決するための建設的なアイディアやインスピレーションが降りてくるかもしれません。

そうしたら、それを即座に行動に移しましょう。

あるいは、自分の文句が取るに足らないことだったことに気づき、その件についてもう考えるのは止めることに決めるかもしれません。

あるいは、ストレスが発散され、気が済むかもしれません。

いずれにしろ、頭・心からネガティブな思考というゴミを断捨離することで、お部屋の断捨離同様に、今度は価値あるものが入ってくるスペースが生まれるのです。

 

願望実現

これは、海外のユーチューバーの実話なのですが、彼は、毎日ノート1ページ分、叶えたい願望を書く、というのを習慣にして、実際に具現化に成功しているそうです。

「そんな簡単なことで願望が叶うわけない!」と言うかもしれませんが、毎日ノート1ページ分書くという行為を継続できる人はどれだけいるでしょうか?

ほとんどの人は、つい「今日は忙しいからムリ」とか、「今日はそういう気分じゃないから」などと言い訳をして、途中で断念してしまうものではないでしょうか。

彼も、人間のこうした流されやすさや、怠惰な習性を良く自覚していたので、必ず毎日友人とそのノートを交換するのを決まりにしたそうです。

そして、結果的に何が起こったかというと、実際にノートに書いたことが現実になっているそうです。

日本でも、「手帳に書くと夢が叶う」という願望実現法を提唱している方がいらっしゃいますが、これも基本的に同じコンセプトですよね。

で、書いたことを実現させるには、どのようなスタイルで書いたらいいかというと、これは、完了形+感謝の言葉を入れる、というのが、脳の仕組み的に、理に適っているでしょう。

具体的には、「神様、○○を実現してくださって、ありがとうございます。」これがお勧めです。

「神様、○○を叶えてください。」これだと、叶わない状態が続くかもしれません。

「たった、これだけのことで?」と思うかもしれませんが、継続は力なり、です。

紙に書くと、脳に書いていることになる、というのを聞いたことがありますよね。

ユーチューバーの彼のように、毎日継続することで、脳に確実に落としこまれていくと共に、自分の内面が投影されている「現実」「世界」が変化していくでしょう。

http://aitree.net/dnaactivation-movie/

人間関係の修復・ネガティブな人間関係

誰かに対して言いたいことがある。ネガティブな人間関係に苦しんでいる。

こんな時は、本来なら、本人と話し合って修復するのが一番です。

でも、何らかの理由でそれがままならない時もありますよね。

相手に本音を話すことでむしろこじれる可能性がある。相手とのパワーバランスにおいて、自分が言える立場にない。すでに相手と音信不通の関係にある、あるいは現在相手と話し合うことが物理的に不可能、など。

こんな時にも、ライティング・セラピーが活躍します。

相手に対して、自分が思っていながら、言えないことを、思いっきり書きましょう。

手紙形式でもいいですし、文句や声にならない叫びを書いてもいいです。

心の中のもやもやが無くなってスッキリするまで、胸の内を書きます。

書いた手紙は、相手に渡すことで、むしろこじれる可能性があったり、相手の怒りを買う可能性がある場合は、相手に渡す必要はありません。

書くことの目的は、自分の心にあるゴミ、ネガティブ感情を廃棄することですので、渡すというプロセスは必ずしも必要ではなく、書きだすことによって、ゴミが取り除かれれば、それで目的達成なのです。

なお、人間関係の中には、DV、パワハラなど、書くだけでは解決できないことも勿論あります。

その場合は、書くことによって、何をすべきかがハッキリと認識できることありますので、それを、閃いた時に行動に移しましょう。

こうした閃きは、ハイヤーセルフやガイドからのものが多いです。

ネガティブ感情を抱いている低波動の時には、周波数の違いから入ってきにくいのですが、いったん心からゴミを取り除くと、高次元のアメッセージが入ってきやすくなるのです。

潜在意識を上書きする

人間は、潜在意識が意識のほぼ97%を占め、自分で認識できている顕在意識は、わずか3%だと言われています。

この潜在意識が、私たちの思考・行動・創造する現実を左右しているために、潜在意識の攻略が、幸福な人生、成功の秘訣と言われていますが、厄介なのは、潜在意識は、その名の通り、意識の深層部分にあり、自分では認識できないところ。

なので、その潜在意識を書き変えるのに、みなさん四苦八苦するわけです。

どんなに、私は成功したい、幸福になりたいと顕在意識のレベルで考えていても、潜在意識にそれにブレーキをかける信念や固定観念があると、ブレーキとアクセルを同時に踏むことになり、現実創造が上手くいかない、というわけです。

そこで、このライティング・セラピーを活用しましょう。

紙に書くと、脳にも書き込まれます。

漢字の書き取りや、平家物語、英語のスペルなども、紙に書いて覚えましたよね?

なので、この目的のためには、面倒だからと言って、パソコンに入力するのではなく、しっかり紙に書きましょう。

書き方は、「私、○○は、○○しました。(完了形)神様、ありがとうございます。」が基本形です。あとは、状況や目的によって、アレンジしましょう。

 

浄化(浄霊)・意識の拡大・現状打破

浄化、浄霊、意識の拡大、現状打破には、ズバリ般若心経の写経をお勧めします。

「お経を紙に書いたからって、いったい何の意味があるの?」

経験のない方は、そう思われるかもしれません。

でも、これは、やった人にしか判らない、文字通りまさに「摩訶不思議」な効果をもたらすのです。

もし、般若心経の写経に何の効果もなければ、これだけ沢山の人が、貴重な時間を割いて、わざわざやっている意味が不明ですよね。

では、なぜ般若心経にこのような効果があるのかというと、これは、筆者の個人的な分析ですが、まず、般若心経は、そのわずか276文字の中に、この世の真理が隠されているとされています。

それを写経することによって、この世の真理を自分の脳・細胞に説くことになるわけです。

それで、意識の拡大という奇跡が起こる、という仕組みになっているのです。

筆者の経験では、現状打破やどうにもならない問題の解決といった現象が起こっています。

また、「この世が空である」という真理をしっかり紙に書くことで、オーラ場にいるかもしれない未浄化霊が悟りに至り、「この世の全ては幻想だったんだ」と気づき、何らかの執着によってしがみついていたのが、私たちから離れていくために、浄霊の効果も生まれるのでしょう。

未浄化霊が成仏することで、オーラ場に邪魔な存在が無くなり、現状の打破が起こるのでしょう。

その方法ですが、白い紙に、筆や筆ペンで行うのをお勧めします。

もしなければ、必ずしも筆か筆ペンを使う必要はなく、ボールペンやシャーペンでも構いません。

筆者は写経したものを、壁に貼ったりもしています。これで、魔を退散させるというわけです。

「耳なし芳一」が体に書いたのも、般若心経とされています。

それだけ、霊を浄化する作用が強い、という証ですね。

 

情報のアウトプット

人間には、さまざまな天賦の才能があります。

そして、その天賦の才能を提供することで、自分にも、巡り巡って、必要なものが供給されるようになっているのです。

それが、宇宙の法則の一つです。

そして、中には、情報の収集力に強く、情報の提供が使命の人もいます。

「実質的な労働とかお金に比べたら、単なる情報に、そこまでの価値は無いよね」などと考える人も中にはいるかもしれませんが、明日、地震が来る、という情報を知っていれば、命を救うことが出来ますし、確実に価値が上がる投資商品を知っていれば、資産を拡大させることもできますし、これを実践すれば、確実に健康になるという情報を知っていれば、病気の人を癒すことが出来るかもしれません。

有益な情報は、時として、お金を超える価値があるのです。

なので、普通の生活をしている人が知りえない、最上の有益情報にアクセスできることは、強味であり、これを必要な人に届けることで、多大な貢献をなすことが出来るのです。

こうした特技の持ち主が、情報を自分だけのものにしていて共有しないと、やはり、自分にも必要なものが巡ってこなかったりします。

そうした宝は、必ずしも無償である必要はありませんが、積極的に提供することで、エネルギーが活性化され、さらに有益な情報が入ってくるという好循環が生まれるのです。

ご参考までに、太陽星座・月星座の守護惑星が水星の方が、こうした資質を持っている傾向があります。

 

まとめ

いかがでしょうか?

単なる「書く」という行為は、簡単でありながら、こんなにも奥が深いうえに、さまざまな恩恵をもたらすのです!

早速始めてみましょう!

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

★この記事もオススメです♪