実際に効果があった幸せを引き寄せる7つのコツ。誰もが幸せになっていい!

実際に効果があった幸せを引き寄せる7つのコツ。誰もが幸せになっていい!


現在スピリチュアル業界では、引き寄せ術、引き寄せ難民、引き寄せの極意、など、「引き寄せ」というキーワードを使ったビジネスが乱立している様相です。

さて、あなたは、そうした引き寄せ術を実践して、引き寄せを成功させているでしょうか?

もし答えがノーなら、本記事で、そのヒントが見つかるかもしれません。

本記事では、改めて原点に立ち返り、そもそもスピリチュアルな視点に立った「引き寄せ」とはなんなのか?それは、危険を伴うのか?それは、可能なのか?可能であるなら、どうすれば可能なのかをご紹介してまいります。

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

1.「偽」「嘘」の引き寄せとは?

最初に、引き寄せについてご説明する前に、真の引き寄せではないもの、すなわち偽の引き寄せについて説明いたします。

筆者(ライターのAthena)は、基本的には、引き寄せNGのスタンスです。そのNGの引き寄せというのが、まさにここでいう「偽の引き寄せ」ということです。

引き寄せの法則は、魔と繋がると警告している識者がいるうえに、オーラ場が霊視できるサイキックの人によれば、引き寄せ関係の著者には、もれなく低級霊がついているのが霊視できるそうです。しかも沢山。

この理由はどうしてかというと、まず一般にいう引き寄せが、エゴ的な欲望に基づいているからではないかと推測されます。エゴに基づいて、「私に○○が引き寄せられるように、○○をする。」というのが、一般の引き寄せのベースになる考えです。

人間として、現在の地球で生きている以上、エゴゼロの状態で生きるのは聖人でもない限り、難しいわけですが、このように我欲や利己的なエネルギーが支配的になることによって、同じような波動の低級霊を引き寄せているのでしょう。

また、偽引き寄せの場合、「私が○○を手に入れられるように、○○をする」という「交換」がベースですが、これは、まさに、魔の存在の考えと同一なのです。

魔の存在との取引においては、「魂をくれるなら、金・人気・名声なんでも、叶えてやる。」という交換条件がベースになっています。この交換条件が、偽引き寄せの考え方と同じなのです。

一方、神はどうでしょうか?

神が私たちに与えてくださるのは、無償の愛であり、無条件の愛ですよね?これが、神に繋がるか、それとも魔の存在に繋がるかの分かれ道なのです。

なので、巷に流布する引き寄せの法則を実践しているなら、かつ、魔の存在に繋がりたくないなら、それは、控えることをお勧めします。

2.真の引き寄せとは?

項目1で、「真の引き寄せではないもの」の定義をご説明しましたが、では、逆に真の引き寄せとはなんでしょうか?

これは、究極的には、「自分の波動を整えること」だと言えるでしょう。

自分自身の内面の波動が整い、それに従ってオーラ場あるいは量子場も整い、自分の波動に合ったものが、自分の世界に映し出される、ということです。

なぜなら、外界は幻影であり、自分の内的な状態の投影に過ぎないからです。

なので、基本となるのは、あくまでも自分自身の波動を整えることです。

では、どうすれば、自身の波動を整えることが出来るでしょう?

それを、次の項目で説明していきます。

3.人生を上昇させるための基本:波動を整える

基本の波動:ゼロ地点に戻る

では、波動を整えるとは、どういうことでしょうか?

ポジティブなアファメーションをする、ワクワクすることをイメージする、など、いろいろ思いつくかもしれませんが、基本となるのは、「心地よい状態・リラックス状態を作ること」です。

ホッと一息ついて、ハーブティーを飲んだり、リラックスする音楽を聴いたり、近くの公園を散歩したり、何でもいいのですが、自分がリラックスした状態になるのがまずその一歩です。

イライラしたり、ストレスを抱えた状態で、いくらワクワクすることをイメージしても、アファメーションをしても、それが、なんらかの良い結果をもたらす可能性は低いです。なぜなら、波動が伴っていないからです。

口ではどんなにポジティブなことを言っていても、波動がイライラしているなら、イライラした状態を世界に創り出すでしょう。

スピ系の某Youtuberさんは、この心地よい状態を作ることを、「ゼロ地点に戻る」と表現しています。

この状態が、あらゆるポジティブな現象化のベースにあるからです。

なにか、ショックを引き起こす出来事に見舞われた、ストレスに苛まれている、そういった時には、無理にポジティブになろうとせずに、まずは、このゼロ地点に戻ることです。

ゼロ地点をキープする

ゼロ地点が脅かされるような出来事が続くと、どうしても、波動を整えることは難しくなります。なので、人生から、波動を下げるような現象をなるべく排除しようと努めることが肝心です。

誰しも、完全にストレスフリーの人生の実現は、難しいかもしれませんが、出来る範囲で、ストレスをもたらすストレッサーを排除するように働きかけていきましょう。言い換えるなら、波動が下がるようなことを出来る範囲で避ける、ということです。

満員電車を避けるために、30分早く家を出る。ランチは、混雑した社食を避け、外の空気を吸いながらとる。

給湯室の悪口大会の輪に交わらない。

そうすることで心の平安を保つのが、前より容易になってくるはずです。

疲れたら、積極的に睡眠をとる

疲れていると、あるいは睡眠不足だと、現実が上手くいかなくなることが多いものです。

現実を創造していくための生命エネルギーが不足しているのです。

そんな時には、いったん魂を休めて、充電させることが大切です。すなわち、睡眠をとることです。

睡眠をとることによって、意識のプラグをマトリックスから抜くことになり、現実を創造するためのエネルギーを補充することが出来ます。

睡眠によって、波動を仕切り直すことになるのです。

自分がハッピーなことをする

ゼロ地点、すなわち心地よい状態のキープに慣れてきたら、今度は、自分がハッピーなことをします。

「ハッピーって、一体何をしたらいいの?」

そんな人は、自分が楽しいと感じる行動をリストアップしてみましょう。

お金をそんなにかけずに、自分をハッピーにする行動は、結構あるものです。

例を挙げると:

・近所の公園や近場のビーチにピクニックに行く

・ペットと戯れる

・DVDを観る

・ホテルにアフタヌーンティーをしに行く

・ウインドーショッピングに行く

・読書する

・体育館にスポーツをしに行く

・映画鑑賞する

・絵を描く

・カラオケに行く

・美術展に行く

・パワスポ探検に行ってみる

・Youtubeに動画をアップする

・ブログを投稿する

・書店に行く

・美味しいカフェラテを飲みに行く

・スイーツの美味しい店に行ってみる

・メイクで変身してみる

・行きたかったショップに行ってみる

・ペットショップに行く

いかがでしょう?

筆者は、落ち込んでいるクライアントさんには、自分の好きな活動をリストアップして、その中から、最低2、3個の項目を毎日するよう勧めています。

ちなみに筆者は、読みたい本で既に絶版となったものがあると、国立国会図書館に行って、読書を楽しんでいます。

毎日「やるべきこと」(義務)しかしていないと、魂が枯渇してきて、自分が何のために生きているのか、判らなくなってきます。

自分にも積極的に喜びを与えることで、私たちは元気を取り戻してきて、自然と「やる気」も湧き上がってくるものです。

叶った状態の波動を先取りする

心地よい状態を作り、自分の魂に栄養を与えたら、今度は、自分の願望が叶った状態を先取りしましょう。

その波動が、あなたの内面から放射されることで、あなたの量子場に影響を与え、世界に投影されます。

ほとんどの人は、願望があると、それがやってくるのを「待っている」心情でいるものですが、そうすると、「○○が起きるのを待っている」波動を放出するため、「○○を待っている」現実が現象化されてしまいます。

なので、「既に叶った波動でいる」のが正解なのです。

既に叶った波動を先取りして、それがあなたから放出されていると、それに従って、あなたの世界も、その波動に見合った現実を創造していきます。

ただ、これには一つ落とし穴があり、それは、人間は、自分の潜在意識が信じているものを創造するようになっている、ということです。

従って、どんなに願望が叶ったと、表面的には信じていても、潜在意識で、それを疑っていれば、潜在意識が信じている現実の方が具現化される、ということです。

感謝をする

これは、5とも密接に関連しているのですが、自分の願っていることが叶ったら、私たちは、どんな感情をいだくでしょうか?

嬉しい!も、勿論ですが、まずは感謝の念を抱くのではないでしょうか?

神様に対して、パートナーにし対して、親に対して、友人に対して、支えてくれた全ての存在に対して。

感謝は、「最強の波動」だと、一説には言われているほどです。

なので、感謝の念を先取りで抱くことも、とても有効です。

ただ、まだ現実として目に見えていないものに対して、感謝の念を抱くのは、なかなか難しいものですので、これは、ちょっと難易度が高いかもしれません。

そんな時には、自分が今現在、感謝している人や存在に対して感謝を抱くといいでしょう。

大成功を収めている人気某Youtuberは、毎日感謝ノートをつけているそうです。

これは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、毎日、自分が感謝している人に対して感謝の言葉をノートにつづっていくことです。

あとは、毎朝起きた時に、自分が感謝する人に感謝の思いを抱くのも効果的です。

話がちょっと脱線するかもしれませんが、筆者が都内でOLをしていた際、強力なサイキックアタッカーによって、脚の痛みを転嫁させられてしまい、脚がちぎれそうなほど痛い時期がありました。

神社に行っても、神様に祈っても、ほとんど痛みが取れませんでしたが、感謝の思いをいだいたら、はじめて痛みがひいていったのです。

それほど、感謝のエネルギーは、パワフルだということですね。

口グセの法則を使って、「神様、ありがとうございます」これを口グセにして併用するのも良いでしょう。

4.引き寄せにおけるマイナス要因とは?

不要な物は処分する

筆者は、なんでもかんでも捨てれば捨てるほど開運するという片付け術には、与しません。

どちらかというと、自分の使っているものは、大切に長く使いたいというスタンスです。

先日も、持ち手が取れてしまったハンドバッグですら、とても愛着があったので、捨てる時には、悲しかったほどです。

それに、筆者が海外を離れていた間に、友人が筆者の所有品を保管しておいてくれたお陰で、どんなに助かったか判りません。再会した時には、私が使うのを、みんな(物)が待っててくれたような気がしました。

とはいうものの、確かに廃棄した方が、運気の上がるアイテムもあります。

それは、自分の運気が低迷していた時に身に着けていた洋服、アクセサリー、使用していたアイテムです。

これらは、運気低迷のエネルギーを放っているので、波動の法則により、似たようなエネルギーの物・出来事・人物を引き寄せることになります。願望実現とは対極に位置する波動です。

なので、こうしたものを思い切って廃棄することで、波動が変わります。

引っ越しなどによって運気が刷新されるのも、引っ越す際に、それまで廃棄できなかったものも、思い切って処分することになるからです。

また、パワストの記事で、隕石には、パワーがあるというお話をしましたが、自分にポジティブな働きをしている石は別として、どういうエネルギーが入っているのか見当もつかない、得体のしれない隕石なども、廃棄した方が良いこともあるでしょう。

というのは、その隕石が、どこかの惑星のネガティブETを介する媒体となっている可能性があるからです。

宇宙存在と一口に言っても、全てのETが、地球人類よりも精神的に進化しているわけではなく、なかには地球人を陥れて楽しんでいるような存在もいるという話もありますので、珍しい隕石なら、なんでもパワーがある、という発想はしない方が得策です。

ネガティブな人間関係

運が変わる時には、人間関係も変わります。

あなたの足を引っ張るだけの相手だったり、相手といることでネガティブな感情しか抱きえないなら、双方にとってマイナスでしかありませんから、そうした関係は解消した方が、互いにとってプラスになるでしょう。

物の断捨離と同じで、自分にとって有害な人間関係を断ち切ることで、新たな人脈が生まれるスペースをつくることになります。

まとめ

いかがでしょう?

これからは、「真の引き寄せ」で、人生がさらに上昇のスパイラルに乗っていくと良いですね♪

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

2017年から魚座から水瓶座の時代!?次の2150年は公平分配の社会へ。

★この記事もオススメです♪