宇宙人・古代文明・ヒューマノイド

『レムリア人の17の特徴と、どんな文明だったのかを詳しく解説』レムリアの記憶を蘇らせよう。

レムリアという言葉を聞いて、なにか懐かしい気持ちが湧いてきたり、記憶が甦ったりしませんか?

もしそうなら、あなたは、レムリアの過去世を持っているのかもしれません。

本記事では、レムリア人の特徴と、なぜ、今レムリアにスポットが当てられているのか、さらにレムリアとアセンションの関係についてお伝えします!

1.なぜ今、レムリアが注目を集めているのか?

遠い昔に海底に沈んだとされる幻のレムリア文明が、アセンション真最中の今、注目を浴びているのには、理由があります。

レムリア人は、とてもスピリチュアル的に進化していたと同時に、脳をほぼフル活用していたため、超人的な能力を発揮していたのです。

それらは、テレパシー、テレポーテーション、自分の姿を自在に変容できる能力などです。

日本人には、レムリアの過去世を持つ人が多いと言われていますが、このことと、日本人がアセンションを牽引する役割だと言われていることが、見事にリンクしていますね。

レムリア文明は、一説には、5次元の文明だと言われていますから、レムリア人だった過去世の自分にアクセスすることで、その時の能力を甦らせ、地球を5次元にアセンションさせるのを推進することが出来るのです。

 

2.レムリア大陸は、実在したのか?

レムリア文明は、450万年前から1万2千年前に繁栄していたとされています。

アトランティス同様に、レムリア大陸も、存在していたと推測されていますが、海底に沈んでしまったため、その正確な場所は明らかになっていません。

レムリアの文明は、愛と平和に満ちており、現在よりもはるかに高度な文明だったと伝えられています。

スピリチュアル界では、アトランティスよりも、レムリアについての研究の方がはるかに盛んです。その理由は、レムリア文明がスピリチュアル的に発展した文明だったからです。

その証拠に、レムリアに関連したクリスタルが人気だったり、レムリアのヒーリングなども開発されていますよね。また、レムリア人だった時の記憶を持っている、という人達もいます。

 

【レムリア大陸が存在したかどうかを検証】

レムリア大陸は本当に実在したのでしょうか?それとも、単なるファンタジーなのでしょうか?というわけで、科学的およびスピリチュアル的な見地から、レムリア大陸の存在の有無について検証していきましょう。

 

①科学的な見地からみたレムリア大陸

レムリア大陸の存在を提唱した最初の人物は、イギリスの動物学者であるフィリップ・スクレーターです。彼はインド洋にレムリア大陸が存在したと1874年に提唱しました。それは、キツネザルの生息地についての研究によるものです。

アフリカのマダガスカル島には、その島にしか生息していないキツネザルがいます。そのキツネザルの種は、マダガスカル島以外には、世界中のどこにも見つかりませんでした。

ところが、このキツネザルの化石とみられるものがインドで発見されたのです。さらには、このキツネザルの原猿とみなされる猿が、アフリカ中部、マレー半島、インドネシアでも発見されました。

スクレーターは、このことの辻褄を合わせるには、かつては、インド洋のあたりにインドとマダガスカル島とマレー半島がつながった大陸が存在したのではないかと仮説を立てました。それが、レムリア大陸の始まりです。

 

しかし、1912年に気象学者アルフレート・ヴェーゲナーの提唱する大陸移動説によって、スクレーターによるレムリア大陸説が否定されました。

ヴェーゲナーによれば、アフリカ中部、マレー半島、インドネシアはもともと一つの大陸でしたが、長い歳月の末に大陸が移動してバラバラに分断されました。現在マダガスカル島にしか生息していないキツネザルも、この大陸移動の影響によるものであるというのが彼の主張です。

その後、1968年に地球は主要な15個のプレートで構成されているという、プレートテクトニクス理論が完成します。この理論によって、大陸移動説が確固たるものとなり、レムリア大陸説は否定されたのです。

 

②スピリチュアル的な見地からみたレムリア大陸

レムリア大陸の存在は、ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキーという作家の著書「シークレット・ドクトリンによって突如スポットライトを浴びるようになりました。

最初の地球には、多種多様な半獣半人が住んでいました。ところが、天使はそのような存在を美的感覚にそぐわないという理由で、すべて滅ぼしてしまったのです。

その後、地球にはさまざまな人類が誕生し、レムリア時代になって、子孫を残す文化が継承されるようになります。

ブラヴァツキーによれば、レムリア大陸はインド洋ではなく、太平洋に存在していました。ブラヴァツキー夫人は、もともと神秘学に精通していたため、この理論は沢山の神秘学者たちの共感を得ました。

 

【レムリア大陸が滅びた原因とは?】

レムリア大陸が滅んだ原因は、地殻変動による洪水説が有力となっています。大洪水でレムリア大陸は海底に沈んでしまったと考えられています。

一方で、アトランティスに侵略されて滅んだという説もあります。アトランティスとレムリアの間で、争いが起こり、レムリア大陸が消滅してしまったのです。

アトランティスも、レムリア同様、高度な文明を持っていましたが、平和主義のレムリアと異なり、アトランティスは「戦闘」や「侵略」という性質を持っていました。

レムリア人は、すべてにおいて「愛」をベースに生きていたため、アトランティスからの侵略に抵抗せず、滅亡したのではないか、と推測されています。

 

3.レムリア文明の特徴とは?

①プラーナが生命源

レムリア人は、食べる必要がないため、彼らには「食事」という概念はありません。特別な儀式の際には、果実などをいただきましたが、それは、あくまでも例外的であり、普段は食事の習慣はありません。

では、彼らの生命源はなにかというと、エネルギーとして「プラーナ」という光を呼吸で体内に摂り入れていました。プラーナとは、宇宙から降り注ぐ小さな光の粒子のエネルギーのことです。

頭頂部の「クラウンチャクラ」から、呼吸をするようにプラーナを摂りこんでいたのです。

 

②コミュニケーションの方法はテレパシー

レムリア文明では、コミュニケーションの方法は、言葉ではなくテレパシーでした。言語を使うことなく、心の中で思っていることが、そのまま相手に伝わるのです。

そのため、レムリア人には、「嘘をつく」という概念は存在しません。思っていることがそのまま伝わりますから、嘘をつくことは出来ないのです。なので、自分にも相手にも、常に正直でした。

 

③移動はテレポーテーション

レムリア文明では、考えが即現実になるので、乗り物は使わず、テレポーテーションで移動していました。家の中にいる時に、「ビーチに移動したい」と思えば、次の瞬間にはビーチに移動しています。

 

④すべての生命体とコミュニケーション可能

レムリア人は、動物はもちろん、植物を含め、どのような生命体ともコミュニケーションが出来たのです。

レムリア文明では、生命は、全て家族のようでしたから、生命が宿っているかぎり、全ての存在同士が、コミュニケーション可能なのです。

 

⑤全ての物をみんなでシェア

レムリアでは、「所有物」という概念はなく、家も物も、全てのものは、みんなで共有していました。

レムリア文明における「共有」の概念は、物にとどまらず、人間も同じでした。パートナーとして男性と女性が生活を共にすることはあっても、「私の妻」「私の夫」「私の子供」という概念はなかったようです。

「進化した文明では、子育ては、魂が成熟した者みんなで行なう」という説もありますから、辻褄が合いますね。

レムリア文明ではみんなが、心と心で一つに繋がっていたので、物も人も、共有するのが当前だったのです。

 

⑥女性が重要な役割を担っていた

レムリア文明において、最も重要な役割に就いていたのは女性でした。

その一つが、女神官です。女神官は約10名で構成されており、その役目は自然から送られてくるメッセージをレムリア人に伝えるメッセンジャーです。

4.レムリア人の特徴とは?

レムリア文明の特徴からも判る通り、レムリア人は、現在の人間よりも、はるかに進化していました。

①高次元に属していた

レムリア人は、神々や天使に近く、光を放った高次元の存在です。イエス様や天使を描く際、頭部に光輪を描くものですが、これは、次元が高いほど、放つ光が強くなるからからです。

レムリア人は、誰にでも愛をもって接していたので、常に光り輝いていました。自分だけではなく、他者にも優しくすることが、レムリア人にとっては自然なことだったのです。

 

②脳の使用率がほぼ90%!

DNAの改竄など、理由はいろいろあるでしょうが、現在の私たちは、脳の数パーセントしか、使用していないと言われています。一方、レムリア人はなんと、少なくとも90パーセントも使用していたのです。

テレパシーやテレポーテーションの方法は、脳にインプットされており、脳がほぼフル回転だったので、それが出来ていたのでしょう。

 

③好きなように容姿を変えられる

レムリア人は自分の好きなように容姿を変える能力も持っていました。紫色の瞳にしたいと思えば、瞳は紫色になり、肌をゴールド色にしたいと思えば、ゴールド色の肌になります。

なので、1人として自分と同じ容姿の人は存在せず、みんなが自分の好きな外見だったのです。

 

④男女の区別はない

レムリア人には厳密な男女の性別はありませんでした。「男として生きたい」と思えば、男性の姿で生き、「女として生きたい」と思えば、女性の姿で生きることが可能だったのです。

 

5.あなたも過去世はレムリア人だったかも?過去世がレムリア人の特徴とは?

多くの日本人の過去世はレムリア人だったと言われています。その理由は、日本もレムリア大陸の一部だという説があるからです。

 

①人の気持ちが読み取れる

人の気持ちが読み取れる、という人は、テレパシー能力の名残であり、レムリア人だったのかもしれません。

 

②奉仕の仕事をしている

レムリア人は、愛に溢れ、奉仕精神が強かったので、看護師、ヒーラー、警察官など、人のためになる仕事や人を守る仕事に就いている人も、その可能性が高いでしょう。

 

③人魚、ユニコーン、妖精などのファンタジーを好む/存在を信じている

ファンタジーや、空想上の生き物、イルカなどのスピリチュアリティの高い動物たちを好んだり、あるいは、その存在を信じています。

これは、レムリア時代にそうした生き物と人生を共にしていた記憶が残っているからです。動物たちとの関係性も、今とは異なり、「人とペット」ではなく、生命のある対等な存在同士でした。

 

④自然と調和のとれた生活を好む

レムリアは、自然が豊かだったので、花、ハーブ、アロマオイル、ガーデニング、農業、環境など、自然を愛し、地球環境を保護する仕事についている人も、過去世がレムリア人の可能性があります。

 

⑤クリスタルやパワーストーンを好む

レムリア文明でもクリスタルを幅広い用途に使用していましたが、それらは現在流通しているクリスタルよりも、機能も輝きもはるかにレベルが上だったそうです。

レムリア時代に、クリスタルを扱った仕事をしていた人なら、クリスタルを懐かしく感じるかもしれません。

レムリア文明が滅びると予知したレムリア人は、アセンションの時代が到来したときに備えて、レムリア時代の能力を再び甦らせれるように、さまざまな能力をプログラミングしたクリスタルを眠らせておいたそうです。

そうしたクリスタルは、今世に生まれ変わった自分やソウルファミリーに届くように設定しておいたため、現在、当時のクリスタルとの出逢いが起こっている人もいるでしょう。

 

⑥ライトワークなどスピリチュアルな能力に長けている

レムリア文明は、スピリチュアルに発展した文明でした。

ヒーリングやチャネリングなどは、レムリア人にとっては、当たり前のことなので、いったんコツを飲み込むと、すぐに使いこなせるようになる人が多いでしょう。

 

⑦愛に溢れた平和主義者

レムリア人は平和主義者でしたので、レムリア出身者も、基本的に優しく、愛情深く、繊細なエネルギーを持ち、平和主義の人が多いでしょう。

今の競争社会が合わずに、神経をすり減らしている人もいますが、エネルギーを充電する方法や、ヒーリングのテクニックを身に着けた人は、本来のパワーを取り戻しているでしょう。

 

6.レムリアと縁のある場所とは?

レムリア大陸は広範に及び、日本や東南アジアを含め、太平洋の大部分を占めていたという説が有力です。

レムリア文明のほとんどは、大陸が滅亡すると同時に失われてしまいましたが、その一部が日本にも残っているとみなされています。

そのひとつが沖縄です。実際には、日本全土にレムリア文明が残っていたのですが、文明が発達するにつれて、レムリア文明は、影を潜めていったのです。

 

ただ、沖縄には、レムリア大陸だった頃の自然が手つかずで残っているため、レムリアのエネルギーも保たれているのだそう。

沖縄は、日本の中でも、有数の癒しのパワースポットであり、それに惹かれる人が多いですが、レムリアのエネルギーが残っているからだとすれば、納得ですね。

また、富士山がご神体として崇められている理由は、そこにレムリアの記憶やエネルギーが残っているからだと伝えられています。

その他にも、シャスタ、ハワイなども、レムリアとつながりが深いと言われています。

いずれも、平和に満ちたエネルギーで名高い場所ばかりですね。

あなたにレムリアの過去世があるなら、これらの場所に行くことで、その時の記憶が呼び覚まされたり、能力が甦ったり、当時一緒だった仲間とのご縁が結ばれるかもしれません。

 

7.まとめ

あなたが、もし過去世でレムリア人だったなら、アセンションのエネルギーが降り注いでいる現在は特に、なんらかのきっかけで、その記憶が甦るかもしれません。

レムリア人だった時の記憶が、今甦るのには、意味があります。それは、その能力をアセンションを牽引するために活用することです。

最近になって、ヒーリング能力やチャネリング能力に目覚めた人が増えているのは、そのためです。

あなたも、これまでにない能力に目覚めているなら、是非その能力を人類と地球をサポートするために活用しましょう。

あなたがそう決めたなら、きっと宇宙から沢山のサポートがあるでしょう。

By Athena

 

レムリア時代な過去生を再体験し、当時のエネルギーと融合するワークも開催しております。

おすすめ記事

おすすめ記事 サアラ

2022/11/10

【叡智の情報会(動画セミナー:2022年6月収録最新版)】

  祈りの力で世界を変える。 この情報会では、高度な精神性、文化、テクノロジーを持った、地球外の星での記憶を持ち、その驚くような能力を生まれながらに継承しているSaarahat(サアラ)さんから、 高次元の存在や偉大なマスターとのコンタクトによって得た情報と、サアラさん自身が様々なタイムラインを見て得た、最新で正確な宇宙の情報をお伝えします。 その時々に必要なエネルギーワークや調整も行われるセミナーです。   その場には出てきませんが、 イエスやアインソフ議会のメンバーが会場をエネルギ ...

ReadMore

おすすめ記事 サアラ

2022/10/20

【動画セミナー】『ユニバーサル・アストロロジー ~魂の計画書:Book of Lifeを読み解く~』

  Contents人生の中で一番大切なことは、自分を幸せにしてあげることです。この講座で期待される成果講座で学ぶ内容サアラさんからのメッセージよくある質問 Saarahat(サアラ) プロフィール 人生の中で一番大切なことは、自分を幸せにしてあげることです。  ☑この人生であなたがやるべきことな何か?  ☑それに必要な才能や、まだ見つけ出されていないあなたの能力は何か?  ☑より豊かで幸せな人生を送るために、あなたは何をすることが有益なのか?  これら ...

ReadMore

おすすめ記事 サアラ 宇宙人・古代文明・ヒューマノイド

2022/1/25

【動画セミナー】『神、神社、地球外生命体の真実』

ReadMore

おすすめ記事 サアラ

2022/1/3

【動画セミナー】『あの世の本当の仕組みと、本当の輪廻転生』

   あの世、輪廻転生、死とは何でしょう? 人生とは何か? 生きるとは何か? 本当に幸せに生きるためには、一度、死やあの世がどういった世界なのか、 輪廻転生とはいったい何なのかを考えてみる必要があります。 あの世、輪廻転生、死を学ぶことで、生きる事とは何か? 生きる事の本質や意味が見えてくるからです。 この動画セミナーは、Saarahat(サアラ)さんからあの世の本当の仕組みを学ぶことで、 死に対する恐怖をなくし、本当に幸せで、魂の望む人生を歩むためのものです。 今まで伝えられてきた、間違いだら ...

ReadMore

おすすめ記事 エネルギーワーク 光一

2021/8/31

量子場や潜在意識に直接働きかけ、あなたの本質を目覚めさせる『覚醒CD』

  あなたの量子場や潜在意識に直接働きかける、 高濃度のエネルギーと量子音楽(波動)をただ聞くことで あなたの本質が目覚め人生が無限の成長をしていきます。     この『覚醒CD』の《特徴や期待される成果》 この覚醒CDは、凄腕エネルギーワーカー光一氏によるエネルギー封入と、敏腕音楽プロデューサーHIRO氏が手掛ける高機能性音楽を活用し、あなたの覚醒を促進します。   ☑ 量子場に直接働かけ、潜在意識や思考が変わる。 ☑ 松果体の活性化 & ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

Athena

スピリチュアルを専門とする翻訳家・執筆家。 ベストセラーあるいはロングセラー訳書8作品あり。 英語のスペシャリストでもあり、英検1級・TOEIC965点を獲得。 他にも英語学習コンテンツクリエイター・通訳・カウンセラー・ナレーター・声楽家としてマルチに活動。 海外在住。

-宇宙人・古代文明・ヒューマノイド