2020年春季アセンション最新情報!「タイムリミットは近い?」現在のアセンションの状況は?ライトワーカー・アセンションピープルとして、今優先すべきことは何か―?

2020年春季アセンション最新情報!「タイムリミットは近い?」現在のアセンションの状況は?ライトワーカー・アセンションピープルとして、今優先すべきことは何か―?


アセンションもいよいよ大詰めになっており、情報も混とんとしてきています。

2020年の春分を境に、「世界がガラリと様相を変える」「物質世界が終焉を迎える」と、視ているライトワーカーもいれば、「春分の時点で、アセンションのゲートが25%閉じる」という見解をもっているライトワーカーもいます。

こういう情報を目にして、「果たして、自分がアセンションのレールに乗っているのかどうか」、不安を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ゴールの目前にいる今、私たちは、一体何をすべきなのか、何が正解なのかを、筆者の繋がっている上層界からのメッセージと、他のライトワーカーの現状をベースに、最新情報をリポートしていきます。

1.いま、何をすべきなのか?何が、アセンションのゴール目前にいるサインなのか?

あるライトワーカーは、「いま、もしあなたがアセンションの手前にいるなら、ライトワークの仕事だけをしているはずだし、財政状況は、豊かなはずだし、周りには、愛の存在しかいないはず・・・」といった発言をしていました。

このような状況に該当しない方は、「自分は、アセンションとは、程遠い状況にあるのではないか・・・」と不安を覚えるかもしれません。

この方ご自身は、たしかにアセンションのゴール直前に居るのかもしれませんが、筆者は、この見解に異論を唱えます。

ライトワーカーにしろ、アセンションピープルにしろ、この地球で成すと決めた「目的」や「計画」は、2人として同じということは、あり得ません。

目的のうち、どれをやり遂げて、何をまだやり残しているかは、人によって、千差万別です。

したがって、今必要なのは、「あなたが、やり残していること」を行うことです。

みんながみんな同じことをやり残しているという可能性はありませんから、みんながみんな、現在同じことをしているはず、ということは、ライトワーカーといえども、可能性として、あり得ないわけです。

各自の状況は、そのような画一的なものではないのです。

では、一体何をすべきなのでしょうか?

それは、本人にしか判りません。「ご本人の魂」といった方がより的確かもしれません。

ただ、それは、他人ではなく、あなた自身にしか、判らないのです。

他者にチャネリングしてもらう、ということもあまり当てにはならないでしょう。

他者は、その人の周波数によって、あなたのオーラ場に「視えるもの」が異なってくるからです。

それでは、次項目では、そのヒントになりそうなことをご紹介してまいります。

 

2.今、あなたがすべきことの候補リスト

あなたが、地球で果たそうとしていた目的のなかで、やり残していたことが、今すべきことだとお伝えしましたが、では、一体どのようなことが、その目的として、考えられるでしょうか?

それらを、リストアップしてみました。

①夢の実現

あなたには、やり残している、「夢」はないでしょうか?

上層界では、願望・想念は、一瞬にして叶うと、言われています。

一方、地球では、叶うまでにタイムラグがあったり、なかなか思い通りにいかなかったりします。

そのため、実現することで、大きな達成感や充実感を得られるものです。

これは、何でもすぐに叶う上層界では味わえない、地球特有の感情ですから、これを目的にして地球に来ている魂は多いことでしょう。

あなたには、やり残していることがないでしょうか?

もし、今地球を去るとするならば、なにが悔いとして残るでしょうか?

一説によれば、こうした悔い、「残念」が、肉体を去る際に、残留思念となって、地縛霊等の形になって地上にとどまっていると言われています。

アセンションでは、自分の魂の断片をすべて集めて上昇する必要があります。

「残念」があってはならないのです。

自分にとって、出来る範囲で、可能な範囲で、夢を叶えて、自分の魂を昇華させるようにしましょう。

たとえば、パリコレで、スーパーモデルになって、ランウエイを闊歩したい、という夢があるとします。

100%この通りではなくても、学園祭で同じようなチャンスが巡ってきたり、成りきってウォーキングするところをユーチューブにアップするなど、現在は、以前とは比較にならないくらい、様々な表現の場が増えています。

こうした機会を利用して、アイディアを行動に移し、少しでも、自分の魂を満たしてあげるようにしましょう。

似たような活動でも、意外と満足感が得られたりするものですし、それを機にさらに大きなチャンスが巡ってくるかもしれません。

 

②ライトワーカーとしての使命を果たす

ライトワーカーとして、地球に降り立ってきている以上、大なり小なり、アセンションに関わる使命をもっているはずです。下記は、その一例です。

あなたを必要としている人が、サポートを求めて繋がってくるはずですから、そうした人たちをサポートする活動を行いましょう。

‐ヒーラー・カウンセラー等として、アセンションピープルをサポートする。

‐地球の次元上昇のために、ライトワークを行う。

‐アセンションに必要な情報を発信していく。

‐旧世界を崩壊させる。

 

③ソウルファミリー・ツインと再会する

これまで、バラバラに活動していたソウルファミリーやツインと再会を果たすときに来ている人も増えています。

ソウルファミリーやツインソウルが繋がると、独力で活動しているときよりも、はるかにライトワーカーとしての活動が拡大したり、軌道に乗ったりします。

各自のエネルギーが融合することで、相乗効果が生まれるのです。

また、ソウルファミリーと出会うと、魂が響きあい、懐かしい感情が湧いたり、過去世が甦ったりします。

ですので、積極的にソウルファミリーと繋がっていきましょう。

ソウルファミリーとの出逢いを起こす方法ですが、これは、筆者自身の体験で、他の方にも当てはまるかどうか、保証はできませんが、筆者の場合は、繋がりの深い寺社を参拝することで、ソウルファミリーと出逢うようになりました。

 

④カルマの清算

カルマの清算というと、何かおどろおどろしいもののように聞こえますが、要は、自分が成したことが、自分に還ってくる、という、シンプルな宇宙の法則のことです。

これについては、様々な要素をはらんでいますので、さらに詳しく見ていきます。

1.過去世

たとえば、過去世で、お姫様で、何もしなくても、周りが掃除でも食事の支度でも、何でもやってくれて、市民からお金を徴収して贅沢な生活をしていたとします。

一見、とても幸運なことのように思われますし、今世でも、リッチな生活が待っているように思われるかもしれませんが、もし、地球での転生が今回で最後なら、これを清算するための力学が作用します。

具体的には、どんなに働いても、わずかなお金にしかならなかったり、自分が一生懸命働いて稼いだ金を人から奪われたり、誰かのために、掃除や炊事で面倒を見ることになるでしょう。

どんなにまじめに働いても、最低限のお金しか入ってこないかもしれません。

しんどいかもしれませんが、これは、アセンションのために、カルマの清算をしているのですから、ゴール間近のサインと割り切って、乗り切りましょう。

2.過去世その2

過去世で、戦争や戦(いくさ)で勝ち続けてきたとします。

これも、一見良いことに思われるかもしれませんが、勝者がいれば、必ず敗者が存在します。

今度は、敗者の立場を味わうことで、プラマイゼロになるのです。

たとえば、過去世で源氏方であり、平家を滅ぼしてきたとするならば、今度は、平家方によって滅ぼされる経験をします。

筆者は、源氏の血筋なのですが、明らかに平家方の血筋の親友がいました。20年来の親友で、固い絆で結ばれていたのですが、最後の最後で、予期せぬ形で裏切られました。

でも、これで、勝ちのカルマを清算できたのですから、ありがたいことであり、キツイ役目をしてくれたことに、感謝しています。

日本も、第2次世界大戦では敗戦国となりましたが、他の戦争で、多くの勝ちを収めてきましたから、これもカルマとして残っていたでしょう。

それが、二度の原爆という形で清算になったのかもしれませんし、東日本大震災も、清算の一部かもしれません。

 

3.過去世その3

筆者は、あることをきっかけに、過去世が甦る能力が開眼しました。*過去世については、こちらの記事をご参照ください。

つい最近になり、あるビジョンが甦りました。

それは、中世のような時代に、自分が天使で、魔女に首を絞められて殺されそうになり、正当防衛で、魔女を滅ぼした過去世でした。

その魔女とは、筆者にとって一人の肉親でした。今世で、その肉親から、なんども命を奪われそうになる経験をしているのですが(もちろん、過失です)、筆者に復讐を果たすために、絶対に逃れられない肉親という形をとったのだと気づきました。

考えてみると、若い時には、タートルネックやハイネックのニットが大好きで、何枚も持っていたのですが、アセンションが始まったと言われる2012年ころから、突然首回りになにかが触るのに耐えられなくなり、今では、一枚ももっていません。

その後、別の時代にも、魔女を滅ぼしている過去世が甦りました。

そして、その時に剣を突き刺した魔女からは、今世で復讐を果たされました。

誰かを滅ぼすと、たとえ正当防衛でも、滅ぼされる、という経験をして、プラマイゼロになるのです。

 

4.先祖のカルマの清算の代行

上層界からライトワーカーとして地球に転生している場合、アセンションの使命だけでなく、先祖のカルマの清算にも契約している可能性があります。

先祖自身も、自身のカルマの清算をしてから成仏していればいいのですが、なかには、出征していたりして、カルマが大きすぎて、自分だけでは、カルマを清算しきれずに、この世を去っている魂もあるでしょう。

その場合、3世代まで、つまり、祖父母の代まで、カルマの清算を担うことになるでしょう。

筆者は、先祖供養は、宗教じみたことに思われ、まったく関心がありませんでしたが、アセンション間際のこの段階にきて、その必要性を感じさせるサインを受け取り、試しに先祖供養を行ってみたところ、事態が好転し始めたことから、その必要性を強く認識するにいたりました。

まじめにやっても、努力しても報われない、物事が停滞している、という方は、もしかすると、先祖供養が課題として残っている可能性があります。

なお、先祖供養については、こちらの記事で詳しく説明していますので、ご参照ください。

 

3.地球に来た究極の目的とはなにか?

すべての魂に共通した目的は進化することです。

未知なることを経験し既知とすることで、それぞれの魂は成長・進化していきます。

それが、自身が属しているソウルグループの成長・進化につながり、更に大きなソウルグループへと続いていき、宇宙の進化に繋がっています。

あなたの地球での経験は、何一つして無駄なことはなく、自身の魂の進化だけでなく、宇宙の進化に貢献しているのです。

だからこそ、あなたはこの地球で、未知なることを既知とするためにやってきたのです。

いまあなたがどんな人生を送っていようと、それをあなたのエゴがどう感じていようと、あなたの魂はそれを経験したことがないからこそ、経験がしたくて今ここにいるのです。

ですから、目の前で起こっていることをしっかりとやりきることです。

あなたの目の前の現実は、意味あって起こっているのです。それをやりきると、魂が経験したい新しい現実が現れてくるのです。

  

4.ライトワーカー・アセンションピープルとして、今、重要なことは何か?

ライトワーカーとして、アセンションピープルとして、今、アセンションのためになすべきことは、

「私はライトワーカー」「私は、○○」という垣根を取っ払って、みんなが繋がることです。

癒しが得意な人、お金儲けが得意な人、株が得意な人、不動産を持っている人、有益情報を得るのが得意な人、農業が得意な人、ライトワークが得意な人、芸術が得意な人、語学が得意な人、設計が得意な人、情報発信が得意な人、料理が得意な人、ITが得意な人・・・。

ライトワーカーと、アセンションピープルが、みんなで繋がり、絆を強め、その資力を分かち合うのです。

たとえ少ない資力だったとしも、ポットラックパーティーのように、みんなで分かち合えば、必要なものはいきわたり、みんなで豊かに暮らしていくことが可能です。

さらに、その資力を拡大させてゆくことも可能です。

でも、例えば、自分さえ豊かであれば、それでいい、という考えに基づき、孤立して成功しようとする人は、アセンションしない世界へと向かっているかもしれません。

 

まとめ

本記事の内容を実践することで、

悔いを残すことなく、アセンションのゴールを切りましょう!

2017年から魚座から水瓶座の時代!?次の2150年は公平分配の社会へ。

★この記事もオススメです♪