ペットは死後どうなるのか?:ペットの魂は何処へ? – ペットロスで悲しんでいるあなたへ

ペットは死後どうなるのか?:ペットの魂は何処へ? – ペットロスで悲しんでいるあなたへ


はじめにお断りしておきますが、今回の記事は、いわゆる「この世界の常識」にのっとって生きている人にとっては、「荒唐無稽」、「脳内お花畑」、「ファンタジー」のようなお話に聴こえるかもしれませんので、気分を害されたくない方は、スルーくださいませ。

でも、ペットロスで深い悲しみにある方や、「ペットは死後どうなるのだろう?」と、不思議に思っていらっしゃる方にとっては、もしかして、救いとなるのではないかと思い、筆者の個人的な体験をシェアさせていただくことにいたしました。

1.飼い犬ティンティン

筆者は、海外で、ティンティンという名のコーギー犬を飼っておりました。

とても優しい性格で、ボール遊びが大好きで、毎日散歩のときには、ボール遊びを欠かせませんでした。ペットを飼ったことのある方なら、理解できると思いますが、ちょっと嫌なことや悲しいことがあっても、ティンティンのお蔭で、癒されていました。

歳月は流れ、ティンティンも高齢となり、ある日、お星さまになりました。

その後、筆者は、日本に帰国することとなりました。

都内でOLをして働くことになったのですが、長年の海外生活ののち、日本に帰国してみると、なにかが大きく変わっていました。

筆者がいない間、日本のエネルギーが変わっていったのに、そこに自分がいなかったため、その変化に適応できなかったのです。

海外での自由でのびのびとした生活から一転し、エキサイティングなこともありましたが、職場環境では、サイキックアタックを受け、辛いことが多い日々でした。

そんな時、家のデスクでうとうとして、変性意識状態のとき、ティンティンが私に言いました。「Mちゃん(筆者)、お願いだから、もう、会社に行かないで。」

「ダメだよ、ティンティン。食べていくためには、働きゃいけないんだから・・・」心の中で、ティンティンにそう答えたところで、私は、ハッと、目を覚ましました。

「えっ?ティンティン、日本まで、私についてきた?・・・いや、そんなはずないよね。」私は、その考えをすぐに否定しました。

「ティンティンとは、仲良しだったけど、でも、死後もスピリットとして私のそばにいるなんて、そんなこと、あるわけない。気のせい、気のせい。」私は、そう自分に言い聞かせました。

2.寺社仏閣での奇妙な現象

その後、筆者は、別の駅に引っ越しをしました。そのマンションの近くには、有名な寺院があり、ヨガをやったのち、参拝するのが日課となっていました。

この駅に引っ越してから、奇妙な現象を体験するようになりました。

それは、筆者が参拝するときに、ほぼ毎回のように、子供をベビーカーに乗せたお父さん、あるいは小さな男の子を連れたお父さんが、一緒に参拝するようになったことです。

「え、今って、シングルファザーがそんなに流行ってるのかな?」

ある時には、筆者がご神仏の前でお祈りをしていると、まるで家族の一員のように、どこかのお父さんと息子が私の隣に並んで、一緒にお祈りをしていることもありました。

「家族じゃないし!」心の中で、そうツッコミをいれ、そそくさと寺院をあとにしましたが、出るタイミングも一緒でした。

それは、別の寺院でも起こりました。

ご神仏に祈りを捧げ、その寺院をあとにすると、見知らぬ小さな男の子が満面の笑顔で、私のところに、駆け寄って来たりしました。その笑顔は、まるで我が子の笑顔にように思われました。

そして、ある時、決定的な出来事が起こりました。

いつものように寺院で祈りを捧げたのち、電車に乗ると、赤ちゃんを抱っこしたお父さんと、お母さんの、家族連れが、乗ってきました。

そのお父さんの刺すような視線を感じたので、お父さんを見てみると、どこかで見たことあるような男性でした。

でも、隣には、奥さまがいますので、筆者は、すぐに視線をそらしました。

ところが、そのお父さんが、「こっちを見てほしい」と言わんばかりに私をじっと見てくるので、「なんだろう、結婚してるくせに。」と心の中で思いながら、仕方なく、そちらを見てみると、私は、驚きで目を見開きました。

その男性の奥さんは、ほかならぬ「私自身」だったのです。

瓜二つというわけではありませんが、筆者と全く同じ特徴をしていました。

この女性は、「別のパラレルワールドの自分」であることを確信しました。

彼女は、自分の夫と赤ちゃんが傍にいるのに、それに全く気付いていない様子で、一言もしゃべらず、別の方向を見ていました。

でも、はたから見れば、エネルギー的に、3人が家族であることは明らかでした。

寺社に参拝すると、その寺社によりますが、参拝後に、自分のガイドが人間となって現れるところと、自分のガイドと自分を含めて、自分の目の前に現れるところがあるのですが、その時には、おそらく、後者のパターンだったのです。

あの男性は、私のガイドだとして、あの赤ちゃんは、一体誰なんだろう?

私は、そう疑問に思いました。

3.父神の寺院への参拝で、謎が解ける

その後、しばらくして、筆者は、自分の父神が祭られている寺院に、助けを求めて参拝に行きました。

「私は、このように孤独な思いをしています。あなた様が、人間の姿で私の目の前に現れてくれたら、あなた様の胸で泣くことができるのに・・・。」

筆者は心の中で、そう祈り、神殿を後にすると、祈り終わるのとほぼ同時に1匹の黒猫が「ニャー!」と鳴き、筆者のもとに駆け寄ってきました。そして、大好きで大好きで仕方がない、と言わんばかりに、筆者の足の周りをぐるぐる回り、筆者の足に体をこすりつけてきました。

そのとき、私の疑念は、確信に変わりました。

「寺院に行くと、いつも具現化される、あの、男の子は、ティンティンだ!ティンティンは、スピリットとして、いつも私の傍にいる!」

それは、神様からの、「おまえは、一人ではない」という答えでもありました。

そう考えると、いろいろなことが、辻褄が合いました。

例えば、筆者が会社に行こうとするときに、目の前に、突如として、男の子の手を無理やり引いているお母さんが現れ、お母さんが、「さっさと、来なさい!」と怒っていて、男の子が、イヤイヤついて行っている場面を目にすることもよくありました。

ティンティンは、ガイドとして、私についてくれているのですが、会社で私がサイキックアタックに遭うのが嫌なので、行きたくなかったのです。

自由なワンコとしての前世を送ってきたティンティンにとって、よどんだエネルギーの人間界のオフィスなど、到底耐えられるものではなかったのでしょう。

4.すべての疑問が解けた!

その後、日本を離れ、また海外に戻ってきた筆者に、ティンティンは、あるビジョンを見せてくれました。

それは、ティンティンの肉体の死後でした。

ティンティンが、天国に行くと、神様(姿は見えず、声だけ)が、ティンティンに尋ねました。

神様「これから、どうしたい?」

ティンティン「Mちゃん(筆者)の夫になりたい!」

神様「残念だが、Mちゃんには、すでに夫となる魂がおる。Mちゃんの子供なら、なれるが、どうだ?」

ティンティン「うん!子供でもいい!Mちゃんの傍にいたい!」

神様「よし、じゃあ、Mちゃんの傍にいて、彼女を守ってあげなさい」

ティンティン「うん!神様、僕頑張る!」

そうして、ティンティンは、その後、おそらくトレーニングを経て、筆者のガイドとして傍にいるのです。

でも、まだ魂としては幼いティンティンは、人間の姿になると、赤ちゃんか子供の姿として現れ、私の守護ガイドから、世話をしてもらっている状態なのです。

それで、二人が現れるときは、シングルファザーのような形になっているのです。

そして、実をいうと、彼の世話をしている私の守護ガイドは、私が飼っていたカナリアのピッコロ(仮名)の魂なのです。

ピッコロは、不思議な縁で、筆者の実家にやってきたカナリアです。

筆者が、海外から、実家に戻ってくる少し前に、実家の近所に、突如として現れたそうです。

そのカナリアは、誰が捕まえようとしても、逃げ回って、捕まえられなかったのですが、母が手を差し伸べたところ、すんなり捕まったそうです。

母は、近所の方々に聞いて回ったのですが、飼い主が見つからなかったため、母が飼い始めたというのが、いきさつです。

ペットを飼った経験がある方なら、ご存じの通り、ほとんどの動物は、人間より知能が劣りますが、なかには、驚くほど、賢い動物もいます。

ピッコロは、完全に後者でした。

ピッコロの中に、筆者の守護ガイドの魂が、その時すでに入っていたのでしょう。

筆者が、ebay(海外の著名なオークションサイト)で、ティファニーのボールペンを落札しようとしたところ、ピッコロは、なぜか突然、ギャーギャー激しく鳴き、暴れ始めました。

筆者は、「なんだろう、うるさいな」と気にかかりながらも、落札のボタンをクリックしました。

落札の品を楽しみにしていましたが、届いたのは、偽物でした。

「そうか、だからピッコロが、急に鳴き始めたのか・・・」でも、後の祭りです。

また、ピッコロと筆者は、ピッコロから抜け落ちた羽で、綱引きをして遊ぶことが良くありました。

ピッコロがくちばし、筆者が指で、羽の両端を引っ張り合います。

もちろん、人間である私の方が、力が強いので、筆者が勝つのが当然のはずです。

でも、実は、必ず、ピッコロが勝つのです。

綱引きをしている最中に、筆者が、ふと、なにか別のことを考えた一瞬のすきを狙って、ピッコロが、グイっと引っ張るのでした。

これは、相手の一瞬のスキを突く、柔道や剣道と似ています。

したがって、ピッコロは、たとえカナリアの姿をしていても、魂的には、かなり成熟しているので、人間として現れるときは、大人として現れるわけです。

5.ある友人との関係

あるライトワーカーさんから数か月前に受けたヒーリングの後、ある重大な気づきが降りてきて、私は、感動で涙をぼろぼろこぼしました。

それは、筆者の親友の一人が、大切に育ててきた別の飼い犬の生まれ変わりだということです。

この気づきの前に、あるきっかけで、その友人の名前(外国人)と、飼い犬の名前が、ほぼ同じだということに気づき、ハッとしたのですが、その時にも、「思い過ごし、思い過ごし。」と、その考えを一蹴しました。

でも、彼が、私の夢を叶える手助けをしてくれたことを考えると、やはり、私が大切に育てた恩返しをするために、私の人生に現れてくれたのだと思わざるを得ません。

 

6.ペットと「宇宙の法則」の関係

なぜ、このように、ペットが、自分の守護ガイドになったり、自分を助ける友人になったりという形で生まれ変わるのでしょうか?

これは、「宇宙の法則」と大いに関係しています。

私たちは、ペットに対して、「いっぱいお金を稼いできてほしい」とか、「幸せにしてくれないと困る」とか、「宝石をプレゼントして欲しい」とは、思わないですよね?

彼らの存在そのものが愛おしいのです。

傍にいるだけで、幸せなのです。

これってなんでしょう?

まさに、「無条件の愛」ですよね。

何の期待もせずに、ご飯をあげて、散歩に連れて行って、一緒に遊んで、相手の喜ぶ姿が自分にとっての幸せなのです。

これこそが、「純粋な愛」ですよね。

そして、「自分が与えたものが、自分に還ってくる」

これが宇宙の法則です。

なので、自分が心から愛したペットは、恩返しに、自分のところにやってきてくれるんです。

無条件の愛を返しに。

ひるがえって、もしこれが、人間だったら、どうでしょう?

なんの期待もせずに、相手に無条件の愛を注ぐことができるでしょうか?

通常は、難しいですよね。

でも、これこそが、多くの人間関係が破綻してしまう原因なのでしょう。

また、芸能人の方で、「家族に怪我などが起きないように、ペットで金魚を飼うことにしている」とおっしゃっていた方がいらっしゃいましたが、このように、家族に悪いことが起きないように、犠牲になってもらうために、ペットを飼うことにしている場合も、無条件の愛ではないですから、ペットが恩返しにやってくることはないでしょう。

でも、批判しているわけではありません。

芸能人のような人気商売では、その分受ける嫉妬や恨みも大きいでしょうから、大切な家族をなんとしてでも守りたいという気持ちは理解できます。

 

7.お勧め映画

ネタばれになってしまいましたが、ある映画を観たとき、筆者の体験と同じようなことがストーリーになっており、やはり、ここで述べられているようなことを信じている人は、私だけはないんだと、感じました。

その映画とは、「陽だまりの彼女」です。松本潤さん、上野樹里さん主演で、お二方とも、実にいい演技を見せてくれていますので、ペットの蘇りについて確信を深めたい方は、ご覧になることをお勧めします。

 

まとめ

いかがでしょうか?

あなたが可愛がっていたペットは、あなたが本当に愛していたなら、いずれ、人間の姿で、あなたの前に現われるかもしれません!

なので、悲嘆にくれることなく、その日を楽しみに待つのもいいのではないでしょうか。

『バイオフォトン・アクティベーション』

★この記事もオススメです♪