この世界の真実―「この世界はヴァーチャル(仮想現実)で、『自作自演』だった!?」

この世界の真実―「この世界はヴァーチャル(仮想現実)で、『自作自演』だった!?」


この世界の真実とは-?現実とはなんなのか-?

これらは、人生の中で、誰もが一度は思索するテーマではないでしょうか?

そこで、本記事では、長年にわたりスピリチュアルを探究している筆者の現時点での最新の真実をシェアさせていただきます。

この「真実」が腑に落ちたなら、現実を自在に創造していくことも不可能ではないでしょう。

では、どうぞ、ワクワクしながらお読みくださいね!

この世界の真実その1.:意識(魂)だけが実体であり、目に見える「世界」は、たんなる幻影に過ぎない

この世界が幻影であることは、物理学でも、証明されていることです。

確固たる物として存在して見える物質も、最小単位まで解析していくと、ほとんどが隙間でほぼ空間に等しいのです。例えるなら、銀幕に映し出された映画のようなものです。

このことは、この世の真実を解き明かしていると言われている般若心経にも「色即是空、空即是色(世界はすなわち空であり、空はすなわち世界である)とある通りです。

いっぽう、この世界を観ている意識の方は、原初から存在しており、生滅はしません。霊魂は不滅なのです。

同じく、般若心経では、魂を「不生不滅不垢不浄不増不減」と表現しています。すなわち、生まれることもなければ、滅することも無く、穢れることもなければ、浄められることもなく、増えることも減ずることもない、ということです。

 

この世界の真実その2.:あなたの世界に起こる全ては「自作自演」

まずは、この世界、というより「あなた自身の世界」は、あなた自身の意識の投影なのです。

こんなもの創造した覚えがない!と思われるかもしれませんが、

あなたの人生どこかの時点であなたの意識の中に入り込んだものなのです。

もしかすると、それは過去世かもしれませんし、他者からもたらされたものかもしれませんし、1年前にTVや映画から吸収したものかもしれません。

あるいは、ポジティブなビジュアライゼーションやイマジネーションの結果で投影されたものかもしれません。

それが、判断しにくいのは、マニフェスト(具現化)される迄にタイムラグがあるからです。

あるものは、ほんの数分後、あるものは、数10回に及ぶ輪廻転生を経たのちに数百年の時を経て具現化されるかもしれません。

とはいえ、矛盾するようですが、全ての出来事は「今この瞬間」に起きているのです。

 

この世界の真実その3.:自分自身でレッテルを貼ることで、「次の経験」を決定している

全ての経験は、意識が何らかの目的によって、望んでいるから経験しているに過ぎず、そこに善悪はありません。

宝くじで1億円当たるのも、道で転ぶのも、意識が経験したいから経験しているだけあって、本来なにが善でなにが悪という善悪はないのです。

ところが、なんらかの経験に「最悪」などのレッテルを貼ることによって、波動が「最悪だ」となり、むしろ「最悪」と本人が認識する波動のものを創造しているのです。

でも、実際には、「苦境」でさえも、目的があって、本人が自ら創造しているのです。

したがって、自分の望まないものをそれ以上創らないためには、経験・出来事を「悪いこと」「最悪なこと」と、ジャッジしないことです。

景色でも見るように、傍観することです。

 

この世界の真実その4.:現実とは、極めて柔軟なもの

これは、真実その1と密接にかかわっているのですが、「自分の世界」は、あくまでも自分自身の意識の投影による幻影に過ぎないため、現実とは、非常にファジーかつ柔軟なものであり、自分自身の波動を変えることによって、現実も容易に変化可能なのです。

確固たる現実は、実は、可変的なのです。

これに似た例が、有名な「あなたが見るまで、月は存在しない」という理論です。

あなたが見るまでは、素粒子がウルトラクイズの〇×問題の決定前のようにうごめいている状態であり、あなたが意識を向けた瞬間に、それは、月という波動の形態をとるのです。

ですから、あなたが高い波動を持った意識で、対象にフォーカスすれば、おのずとそこには高い波動を持っ波動形態の現実がマニフェストされる、ということになるのです。

この世界の真実その5.:なにかを選択してから、具現化するまでにタイムラグがある

何かを具現化しようとビジュアライゼーションしたり、周波数や波動を高めたりしても、望むものがマニフェストされない時、ほとんどの人は、「あ~、やっぱり現実は自分が創造してるんじゃないんだ」と諦めてしまうものですが、肝心なことは、すぐさま具現化されなくても、自分の選択を維持し続けることです。

なぜなら、現在の地球の次元では、具現化されるまでタイムラグがあるからです。

ですので、最初の選択を維持し続けることによって、どれくらいの時間がかかるかは判りませんが、自分の魂が本当に望んだことなら、いずれ具現化されるということになります。

高次元では、望むと同時に物事が具現化されると言われていますから、地球の次元上昇と共に、このタイムラグも縮まってくるでしょう。

もしかすると、それを既に肌で感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

この世界の真実その6.:「手放し」がマニフェステーションのカギ

物事が思い通りに具現化されない原因として、その5以外に挙げられるのが、「手放すこと」です。

ボールを握りしめたままだと、ゲームは始まりません。

ボールを自分のコートの外へと放つことです。

なぜなら、物事が展開するのは、自分の内側ではなく、外側の世界に展開されるからです。

なので、具現化させたかったら、握りしめておかず、外側にいったん放り投げましょう。

望んでいることすら、忘れることが出来たらなお良しです。

絶対こうならなければならないという執着は、そのがんじがらめなエネルギーの性質によって、共鳴の法則から、むしろ膠着状態を招きがちです。

また、「本当に叶うのだろうか」という焦りや不安も、同様に共鳴の法則によって、具現化の妨げとなります。

望みを諦めるのではなく、「必ず叶う」と知っているので、執着する必要などないと、手放すのです。

 

この世界の真実その7.:人生は演繹的

私たちは、過去に○○があったから、現在△△の状況にあると、人生を過去から現在の横軸の流れで考えがちですが、筆者の考えは逆です。

私たちは、まず「ゴール」を先に決めているのです。

そして、そのゴールを達成するのに必要なプロセスは全部やる、と決めてきているのです。

従って、もし「なぜ今○○をしなければならないんだろう」と疑問に思う状況や、一見無駄に思えることをせざるを得ない状況に置かれているなら、それは、あなたがなんらかの目的を達成するために必要な手段の1つである可能性が高いのです。

それは、今のあなたには、なぜ必要なのか判らないかもしれませんが、後になってそれがなぜ必要か判ってくるものです。

こんな体験をしたことが無いでしょうか?

「なんでこんな仕事をしなければならないんだろう」とか、「こんな仕事別に好きじゃないのに配属になってしまった」とその時には感じていても、後になってから、「ああ、あのときあれを学んでおいて本当に良かった!」と後に役に立った出来事。

未来のあなたが、達成するのに必要なことを綿密に計画していたのです。

具体的な例を上げますね。

世界的ベストセラー、「Power of Now」の著者であるエックハルト・トール氏を例にとってみます。

彼は、かつて絶望の淵に立たされていました。恐らく、自殺も考えていたことでしょう。そのさなかに、いわゆる超常体験をします。

その後、様々な探究の末、Power of Nowを執筆し、本書は世界的ベストセラーとなり、著名な教師となります。

素晴らしい筋書ではないでしょうか?

勿論、顕在意識のレベルでは、意図して「苦しみ」「絶望」を経験したわけではありませんが、真実にたどり着くには、必要なプロセスだったのです。

これに類した例は、枚挙にいとまがないでしょう。

 

「真実」はあなたを自由にする!

聖書には、イエスの言葉、「真実はそなたを自由にするだろう」という言葉がありますが、上記の真実がまさにイエスの述べる「真実」である可能性があります。

なぜなら、これらが真実だとするならば、これは、途方もない「自由」をもたらすからです。

自分の世界を創造しているのが自分だとするなら、自分の世界はいかようにも自分でデザインできるからです。

これが意識の解放、自由でなくて、なんでしょうか?もう、幻影に振り回される必要は無くなります。

もう、「幸福になるための方法」を追求する必要は無くなります。 終わりないゲームの終了です 。

現実・自作自演説についての重要な捕捉

1)宇宙の法則

形而上学を長年研究してきた結果に基づく持論ですが、各自の現実創造のベースには、「宇宙の法則」が機能していますから、あくまでもそれをベースにして、世界の創造がなされるのであり、それを無視した創造はなされない、ということです。

ですので、たとえ、「自分の世界は自作自演説」に到達し、それに基づいて自由自在に創造しようとしても、人によっては、宇宙の法則が思い通りに世界を創造するうえで、足かせになってしまうでしょう。

たとえば、判りやすくするために、極端な例を挙げますが、善悪は別として、「人に危害を及ぼす」という行為をしている人が、「みんなが自分をサポートしてくれる世界」を創造しようとしても、その世界は創造されず、「人から豊かさを奪う」「人に入るはずの豊かさを剥奪する」人が、「豊かさがふんだんに与えられる世界」を創造しようとしても、その世界は創造されない、ということです。

2)地球で自分の世界を創造する意義とは?

この世界が、自分が創造した、たんなる幻影だとするなら、その意味、意義は何なのでしょうか?

幻だとするなら、なにもかも無意味なのでしょうか?幻なら、もう好き勝手に生きて、やりたい放題でOKなんでしょうか?

私たちは、何を目的として、意識を地球に降ろすことを選んだのでしょうか?

これについては、すでに答えを出している方がいらっしゃると思いますが、

「愛を経験すること」ではないかと、筆者は推測しています。

高次存在や他の惑星存在を「チャネリング」していると主張している方々の著書やチャネリング本は、全てではありませんが、大抵は、「あなたは神に愛されているから、なにやってもオッケー!」「なにやっても自由だから、オッケー!」という説を繰り広げている物が多いですが、これで果たして、「愛」を経験するでしょうか?

実際どんな行動をするかは人によって大きく異なるので一概には言えませんが、「なんでもかんでも、やりたい放題」というチャネリング系の推奨している生き方・あり方・波動は、「愛を経験する」という世界の創造とその波動からは、かけ離れているよう物が多いように思われます。

なお、チャネリングといっても、クライアントさんの問題を解決する目的でチャネリングするライトワーカーさんやヒーラーさんは、この限りではありませんので、くれぐれも誤解なきように! 

まとめ

「この世界の真実」の数々、いかがだったでしょうか?

これをベースにしたなら、コツさえつかめば、自分で自分の世界を創造するのも、夢ではないですね。

ご自身の世界を思い通りに創造するために、是非この情報をお役立てくださいね。

なお、次回の記事では、具体的にどのようにして創造していけるかを予定しておりますので、乞うご期待!

★サアラの【あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。(全60話】