【量子力学・脳科学を使って望み通りの人生を創造するマニュアル:風の時代に合った願望実現の方法】

【量子力学・脳科学を使って望み通りの人生を創造するマニュアル:風の時代に合った願望実現の方法】

 

引き寄せの法則は効果的であり、願望実現は成功すると断言する人たちがいる一方で、引き寄せの法則を実践しても、今一つ願いが叶わない、負のループから抜けられない、という人達が一定数いるのも事実です。

ということで、後者のような状況にある方々のために、本記事では、量子力学と脳科学を使って、自分が望む通りの人生を創造するためのマニュアルをご紹介します。

【全83話無料】『私たちの身体(臓器)はオーケストラ。臓器が持つ本来の音(周波数)を奏で、人生にハーモニーを生み出す83のヒント』

1. 今ある豊かさ・奇跡にフォーカスする

私たちは、「もっと豊かさが欲しい」「もっと奇跡が欲しい」と感じて、つい「今持っていないもの」に意識を向けがちです。

これは、SNSがここまで発展してきたことも大きな要因の一つです。

リア充をアピールする人たちの投稿と我が身を引き比べ、「私も月収○億円達成したい!」「なんでこの人達は、こんなに豊かなのに、私は○○なんだろう!」と、欠乏感、嫉妬、自己嫌悪を抱いてしまうのです。

 

でも、ここで覚えておかなければならないことは、私たちの脳は、自分が意識を向けたものを拡大させるという性質を持っている、ということです。

彼らと自分を比較して、「所有していないもの」「達成していないこと」に意識を向けていると、欠乏意識から、ますます脳はあなたに「欠乏」を体験させてしまうのです。

つまり、自ら欠乏を創造してしまうのです。

 

「SNSを頻繁にチェックするのは、不幸への近道」という研究データが出ていると読んだことがありますが、その背景には、このような心理的要因が隠れているのです。

従って、豊かさや奇跡を引き寄せたいのなら、現在「無いもの」ではなく、身の周りにある豊かさや奇跡に意識を向けることです。

生まれた時には、裸一貫で生まれてきたのに、今は、雨風をしのげる住まいがあり、眠れるベッドがあり、食事が食べられ、洋服もあります。

 

パソコンを開けば、有益な情報、エンターテインメントの動画、スターの情報、楽しい動画、仕事など、沢山のものが無料で入手できるのです。

相談に乗ってくれる友人、家族、パートナーに恵まれていたら、それだけで、とてもラッキーです。

仕事が出来るだけの、体力、健康、能力、才能があるのも、大きな財産です。

蛇口をひねれば、飲み水が出ますし、温かいシャワーを浴びることも出来るし、料理するキッチンもあります。

 

一歩外に出れば、洋服や食料品が手に入るお店が沢山あります。

これらは、考えてみると判りますが、その人の境遇によって、あるいは住んでいる国や地域によっては、持っていない人たちもまだ沢山いるわけです。

そう考えると、自分がどれだけ恵まれているかが判るでしょう。

要は、このような沢山の豊かさがあることに気づけるセンスがあるかどうかなのです。

 

「自分は、なんて恵まれているんだろう。なんて豊かなんだろう。身の回りには奇跡が溢れているんだ!」意識がこちらに転換されれば、脳は、さらにそれを創造していきます。

これは、脳科学的にも証明されていることなのです。

持っていないものではなく、今ある豊かさに意識をフォーカスすることを、習慣にしましょう。

 

2.豊かさ・奇跡ノートをつける

これは、項目1をさらに強化するための行動ですが、先ほど例に挙げたような、自分の身の周りにある豊かさや奇跡、普段は、当たり前だと思っているものを、ノートにリストアップしていくのです。

ノートがビッシリ埋まるくらい、沢山の豊かさがあることに、改めて気づくはずです。

こうすることで、さらに、「自分てホントは凄い豊かだったんだ」「奇跡を起こしているんだ」ということを認識し、自然に感謝の思いが湧き上がってきて、それに浸ることになるでしょう。

こうした感謝の思いによって、脳は、さらなる豊かさと奇跡を創造するように働きます。

 

3.ツラい時こそ、スマイルを作る

脳科学的には、人間は、ポジティブな動作をすると同時に、ネガティブな思考をすることは不可能だと言われています。

笑顔でいると同時に、ネガティブなことを考えることは不可能だということです

そこで、ネガティブ思考に陥っている時、不毛な思考がグルグルしている時には、敢えて「笑顔」を作るのです。「嬉しい」という感情が伴っている必要もありません。

 

笑顔を作ると、脳は、「この人は、良いことがあったんだ」「この人は、『快』を感じているんだ」と解釈し、それに見合った現象を起こそうとします。スマイルを作ることで、脳がエンドルフィンを分泌し、鎮静作用で痛みも軽減することが科学的に判っています。

朝起きた時、何もなくても、寝起きで、「バンザイ!」をするのも良いです。これも、脳が「良いことがあったんだ」と、辻褄合わせをしようとして、喜ぶような出来事を創造しようとするからです。

振り返ってみると、筆者が接客業をしていた時、とてもラッキーだったのは、職業柄、毎日笑顔を絶やさなかったことが関係しているかもしれません。

『DNAアクティベーション ~アダムコードの活性化~(動画セミナー)』

4.自愛の時間をとって、心地良い感情を感じることを優先にする

人間は、自分自身が満たされていなければ、誰かを幸せにすることは、ほぼ不可能です。

分け与えるはずの幸せが欠如しているからです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

毎日、わずかな時間でも、自愛の時間をもって、自分を「おもてなし」することです。

 

自分で自分を満たせるようになれれば、人から何かを求めて搾取しようとしなくなりますし、人にも愛を与えようという気になります。

忙し過ぎて、自分のことで手一杯なら、人にも親切にする余裕はありません。

まずは、自分が心地良いと感じる、あるいは幸せを感じる活動をリストアップしてみましょう。

これは、「カリブ海へ旅行してビーチでのんびりする」といった大げさなものである必要はありません。

カリブ海のポスターを部屋に飾って、それを眺めながら、トロピカルドリンクを飲んで寛ぐことでも良いのです。

 

大好きなアイドルのDVDを視聴しながら一緒に踊ったり。ランチの時には、足を延ばして、公園で新鮮な空気と一緒にお弁当を満喫したり。会社帰りで、ウインドーショッピングや一人カラオケ、映画を楽しんだり、本屋さんをぶらぶらしたり。

天気が良い日は、ビーチにピクニックに行ったり。友人とお洒落なホテルにアフタヌーンティーをしに行ったり。愛犬や愛鳥と戯れたり。仕事の合間に美味しいケーキとお茶でティータイムをしたり。

とにかく、自分が幸せを感じられる活動を毎日3個以上は実践するのです。

そうやって、自分を満たしていると、「自分は大切にされている・愛されている」と魂は感じ、他者にも愛を分け与えようとします。

そうやって他者に分け与えた愛が、めぐりめぐって、豊かさとなって、あなたの元に還ってくるのです。

 

5.自分の視界を綺麗に整える

私たちの第三の目は、意識していなくても、常に周りの環境を観察しています。

たとえあなたが、気にしていない、見ないふりをしていても、周囲の環境は情報として、常に脳にインプットされているのです。

従って、あなたが長時間過ごす寝室やデスクが雑多だと、それは、脳に絶えずインプットされ、それに見合った雑多な状況を、オートマティックに具現化していきます。

これが、掃除と断捨離が、開運に抜群の効果を発揮する理由なのです。

そこで豊かさを具現化するのにお勧めなのが、仕事中などに、お気に入りのものが視界に入るようにしておくことです。

 

夢に見た海外の都市の写真でも良いですし、お気に入りのアクセサリー、大好きな絵画、お気に入りのブランドのアイテムなど、常に視界に入るようにしておくのです。

お気に入りのものが視界に入ることで、気分は上がりますし、仕事をしながらも、ワクワクした感情が湧き上がってくるでしょう。

そうすると、あなたが仕事をしている間も、脳は、あなたにワクワクすることや気分が高揚することを創造しようと活動するのです。

 

6.感謝の波動を出す

引き寄せの法則でも、「自分が出す波動が大切」と言われています。ネガティブな波動を出すことで、ネガティブな人・物事・出来事を引き寄せ、ポジティブな波動を出すことでポジティブな人・物事・出来事を引き寄せるのが、引き寄せの法則だからです。

では、ポジティブな波動とは、具体的にどんな波動を指すのでしょうか。

スピリチュルアルでは、「ワクワク」が良いと、良く言われていますよね。

ワクワクも良いですが、人間が抱くなかで、もっとも周波数の高い感情は何かというと、「感謝」だと言われています。

 

確かに、筆者(ATHENA)がサイキックアタックに遭い、首の骨が痛くて動かせなくなる程になった時、それを治したのは、感謝の想いでした。(サイキックアタッカーに対する感謝ではありません。)

ですが、「ありがとうを唱えると、イライラする」「なんでこんな状況なのに感謝をしなきゃならないの?」「感謝すべき事なんか一つもない」そう思っているのでしたら、「感謝をする」という行動も無意味です。

大切なのは、あくまでも波動ですから、イライラしながらありがとうを呟いているということは、発している波動は、イライラの方であり、具現化されるのも、イライラにマッチした出来事の方だからです。

心から感謝が抱けるか否かは、その人の性格的なものや状況もあるでしょうから、心から感謝できないタイプの人は、このメソッドは効果が無いでしょう。

 

7.自分を満たす呼吸をする

呼吸は、自分の波動やオーラ場をスピーディーに整えるのに、最適な方法です。

私たちは、ストレスがあったり、ネガティブな感情がある時には、大抵呼吸が浅くなっているものです。

こんな時には、意識的に呼吸をすることで、波動オーラ場を整えましょう。

呼吸は、鼻から吸って口から吐きます。背筋を伸ばしましょう。手は、ハートに当てるか、合掌するのがお奨めです。普段より、ゆっくりめに呼吸するよう意識します。

 

身体から、ストレス・ネガティブ感情・邪気を全て吐き切るようイメージして、ゆっくりと吐きだします。宇宙から、頭頂のチャクラを通して、「無条件の愛」「奇跡」「幸運」「豊かさ」などのエネルギーが入って来るようイメージして、息を吸います。この時の色は、ゴールド、ホワイト、レインボーなど、好みの色でOKです。吸ったら呼吸を少し留め、また息を吐くを繰り返します。

ストレスに苛まれたとき、現実が苦しい時など、自室や公園などで、5分~10分も行なえば、心が満たされていくのを感じるでしょう。

 

8.過去の成功体験・豊かだった時の波動に浸る

これは、驚きの事実かもしれませんが、どのような物質も、突き詰めていくと、ほぼ100%空間です。

素粒子が高速でスピンしているので、確固たる物質に見えますが、実際には、中身はスッカスカなのです。

また、一見なにも存在しないように見える無(大気)の中に、万物を構成する「元」が存在しているとも言われています。

 

ある文献によれば、イエスは、なにもないところから、お金を出したと言われていますが、彼のDNAは、このこと、すなわち無から有を生むことが可能であることを、当然のこととして理解していたため、このような「奇跡」と呼ばれることを、楽々と行なっていたのでしょう。

私たち人間も、これを当たり前だと確信できていれば、イエスと同じ御業を成すことは、理論上は、可能なはずです。

家もお金も、あらゆる物質は、元をたどれば、空間を満たしている「気」と同じもので創られているわけですから、あとは、「奇跡」「豊かさ」「感謝」の波動をプラスすれば、「気」は、タイムラグを経て自分の望むものとして創造されるはずです。

これが、ビジュアライゼーションや瞑想で思い描いたものが具現化されるカラクリです。

 

これこそが、「欠乏」「無いもの」ではなく、「豊かさ」「あること」「奇跡」「感謝」に意識を注ぐことがカギである理由です。

「欠乏」「無いもの」を意識すると、「気」は、タイムラグを経て「欠乏」「無いもの」を創造しますので、「豊かさ」「有ること」「奇跡」「感謝」に意識を向けることが大切です。

また、「自分が豊かだった時のこと」「ラッキーだった時のこと」「奇跡が起きた時のこと」を思い浮かべることで、脳や肉体が、その時の周波数を帯びるため、空間の気と融合して、その時の状況を創造しようとします。

「豊かさ」「奇跡」というと、漠然とし過ぎていて、イメージしにくい人は、この過去の記憶を思い出すメソッドの方が容易かもしれません。

 

まとめ

いかがでしょうか?

地の時代から、ライトな風の時代に入ったことで、目に見えない波動・気といったものが、願望実現や望み通りの人生を創造するうえで、ますます重要になってきました。

この流れを活かして、波動をコントロールすることで、軽やかに願望を実現させていきましょう!

by ATHENA

 

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

『神、神社、地球外生命体の真実』

『88のエネルギーパターンのダウンロード:きめればすべてうまくいく』