『パーソナルカラーとは?自分に似合う色で幸運体質になる方法』4シーズン別の特徴など公開。

『パーソナルカラーとは?自分に似合う色で幸運体質になる方法』4シーズン別の特徴など公開。

 

あなたは、ご自分の「パーソナルカラー」をご存知ですか?

これは、一人ひとりの肌、瞳、髪の毛の色や雰囲気によって、その人に似合う色の系統を、4シーズンで分類するメソッドです。

このように感じた経験が無いでしょうか?

「あの人が来ている服、イメージに全然合っていない!」

これは、おそらく、その人がご自身の4シーズンの色からズレた色の系統を着ていることから感じる違和感なんです。

カラーセラピーというものが存在するように、自分の波動に合った色の洋服やアイテムを身につけていたり、それが身の周りに合ったりすると、気分があがったり、癒されたりするものです。

自分に似合うパーソナルカラーを知り、それを身につけることで、あなたの良さが際立ち、波動が高まることで、自分自身も癒され、幸運体質にもなります。

逆に、自分の波動にマッチしていない色を身につけると、あなたの良さはかき消され、あなた自身が、それを身につけていることに違和感を覚え、場合によっては、あなたらしくない出来事を体験するかもしれません。

今回採りあげるのは、一番判りやすい、似合う色の系統を4シーズンで分類するパーソナルカラーの方法です。

他人のことは客観視できても、いざ自分のこととなると、意外と判断が出来ていないこともあるでしょう。

 

4シーズンでは、お肌の色をイエベ・ブルベなどと表現していますが、実際にお顔の色がイエローだったり、ブルーだったりする人はいませんので、イエベ・ブルべによる分類は、判断が少々難しいかもしれません。

そこで、よりイメージや感覚で捉えられるような形で、ご自分がどのシーズンに属するかを判断できるように解説していきますね。

パーソナルカラーの判断基準ですが、コーラルオレンジ(春)・ピンク(夏)・ゴールド(秋)・レッド(冬)の中で、どのリップカラーがもっともマッチするかが、最大の決め手になります。

1.パーソナルカラーに関する体験談

筆者が、以前、友人との食事会に、ピンク色のシルクワンピースを着用していったところ、友人の一人が、「林家パー子」(注:派手なピンクだけを着る古株の芸人)と揶揄しました。確かに、「春カラー」の彼女がもし、このワンピースを着用したら、まさに「林家パー子」さんと化してしまうでしょう。

そのピンク色は、「夏カラー」の人だからこそ、その良さを引き立てる色であり、春カラーの彼女が着ると、完全に顔から浮いてしまうからです。

それ程、微妙な色の違いで、似合う似合わないが、決定的に違ってくるのです。

 

最近は、アセンションの影響もあり、パーソナルカラー以外を着ると、違和感が甚だしく、昔は気に入って良く着用していた黒のニットなどを着ると、気分が下がってくる程です。

でも、せっかくのニットを着用しないと勿体ないからと、違和感を無視して、着用していたところ、生まれて初めて、転倒して、顔面を強打しました。

また、かつてメンズライクなパンツスタイルに惹かれ、ダークグリーンのパンツスーツを着用していた時には、映画マニアの同僚から「アンタッチャブル」(*イタリアマフィアの抗争を描いた不朽の名作)とからかわれました。

パーソナルカラーや本人の雰囲気を無視したルックスをすると、傍から見ても違和感があり、運気もイマイチになるんですね。

 

パーソナルカラーは、洋服だけでなく、小物などやインテリアで取り入れても、セラピー効果が期待できます。オーラソーマのイクイリブリアムは、まさにその典型で、インテリアとして飾る目的だけのために購入する人もいる程です。

自分の好きな色・自分の波動にマッチした色を眺めているだけで、心が落ちついたり、癒されたり、ワクワクしたりするからです。

イクイリブリアムは、ミニチュア版の可愛いネックレスも販売されており、これだと、外出する時も好きな色を眺めることが出来ます。

筆者は、10代の頃、部屋のインテリアを全部ピンクで統一していたことがありましたが、他人がどう言おうと、自分はその空間にいることが、ハッピーでした。ピンクは、典型的な夏カラーの色です。

では、さらに詳しく見ていきましょう。

【全83話無料】『私たちの身体(臓器)はオーケストラ。臓器が持つ本来の音(周波数)を奏で、人生にハーモニーを生み出す83のヒント』

 

2.4シーズンカラーを判別しよう。あなたはどのタイプ?

●春カラー

肌色は、明るく、赤ちゃんのような透明感のある肌で、くすみがありません。唇の色は、肌色か、肌に近い淡いアプリコット系の色で、淡いオレンジ系のリップがもっとも似合います。

目の色彩と髪の毛の色彩は、濃くなく、明るい方です。全体的にふんわり柔らかく、「少女」「妖精」のイメージの人です。永遠に少女のようなタイプの人に多いです。

春カラーの人は、ミントグリーンやアプリコットオレンジのようなシャーベットトーンの色味がシックリきます。妖精や子供が身につけそうな色で、他シーズンの人が着ると、甘過ぎてダサくなりそうな色でも、この人が着ると、肌の透明感を引き立てます。

春カラーが夏カラーの色を着るとピンぼけな印象になります。冬カラーを着ると、色のインパクトが強すぎて、ふんわりとした柔らかなイメージが消されてしまいます。秋カラーは悪くありませんが、この人の純粋さを引き出すなら、春カラーがベストです。

 

・人から抱かれやすいイメージ
透明感、可愛い、明るい、いつまでも若々しい、赤ちゃんのような肌、永遠の少年少女、純粋、色素が薄い、妖精、天使、ハーフっぽい

 

・似合う色
コーラルピンク、オレンジレッドなど、イエローベースの、濁りのないポップな色が似合います。

 

・似合うファッションのイメージ
ファッションは、独特の清楚さを活かした、ガーリーな服が一番似合います。男性は、「体操のお兄さん」のようなクリアでポップな色が、センス良く見えます。一見派手っぽい色でも、この人が身につけると、逆にお洒落に見えます。

 

・似合うメイク
メイクは、透明感を活かしたナチュラルメイクが似合います。濃いメイクやギラギラしたラメメイクは浮いてしまいます。

タレントさんで言うと、佐々木希さん、綾瀬はるかさん、橋本環奈さん、安達祐実さん、新垣結衣さん、伊野尾慧さん、志尊淳さん。

 

●夏カラー

肌は、ピンクのリップが映える肌色で、唇の色も、オレンジ系ではなく、ピンクや淡いレッド寄りです。目の色彩と髪の毛の色彩は、真っ黒ではなく、優しいブラウンですが、春カラー程、明るくはありません。

夏カラーの人は、紫陽花のような、パステル系のピンク、パープル、ブルーがもっとも似合う人です。夏カラーの人が秋カラーを着ると顔色がくすんで血色が悪く見え、春カラーを着ると、明るすぎて、大人が子供服を着ているような印象になります。冬カラーも悪くないですが、少々キツイ印象を与えますので、ポイント使いか、顔から遠いところに持っていくと良いでしょう。

 

・似合う色
パウダーピンク、ソフトフューシャ、パステルイエロー、パウダーブルーなど、爽やかなピンク、ブルー系が似合います。真っ白、真っ黒、朱赤ではなく、オフホワイト、ソフトグレー、ピンクレッドが似合います。

 

・人から抱かれやすいイメージ
爽やか、女性らしい、フェミニン、人気者、さり気ない色気、童顔、甘さ、優しい、平和主義。

 

・似合うファッションのイメージ
女性らしさを活かしたフェミニンなファッションがピッタリマッチします。他のシーズンの人が着ると、子供っぽく見えるようなピンクでも、夏カラーの人が着ると、顔色に映えて良さを際立たせます。

男性でもピンクが似合う人はこのグループです。男性は、爽やかさを活かした清潔感あるファッションに、差し色でパステルピンクやブルーを使うと良さを引き立てます。トップスにそのままピンクのシャツやニットを着ても違和感がありません。

 

・似合うメイク
メイクにも、ピンク、ブルー、パープルが映えます。このタイプなら、リップだけでなく、シャドーなどもパステルピンクやパープルを使っても、やり過ぎ感はなく、自然に仕上がります。

タレントさんで言うと、浜辺美波さん、深田恭子さん、石原さとみさん、広瀬すずさん、山崎賢人さん、高杉真宙さん

 

●秋カラー

ベースにゴールドが入っている感じの肌色で、ゴールドやヌーディーな色のリップが似合います。黄色味の強い肌やブロンズ系の肌も、秋カラーに含まれます。春カラーの人は、瞳の色彩と髪の毛が明るい茶系ですが、秋カラーは、さらに重厚感のあるダークブラウンです。

リッチ&ゴージャスなイメージの人で、ブラウン系、ゴールド系を着させると、秋カラーが、もっともハマります。ブラウンとゴールドが、この人の良さをもっとも引き立てます。

 

・人から抱かれやすいイメージ
リッチ、ゴージャス、お嬢様、資産家、上品、落ち着いた、ワイルド、高級。

 

・似合う色
キャメルやブラウンなど、実りの秋をイメージさせる、ゴージャスな色が似合います。くすんだ色がむしろ、この人の良さを引き出します。

 

・似合うファッションのイメージ
服装は、色味さえマッチしていれば、カジュアルなものから、フォーマルなものまで秋カラーの人を引き立てます。秋は、ブラウン系のチェックやツイードが似合います。ドレスなどは、思い切ってゴールドを選んでも、浮いたりせず、この人のゴージャスな雰囲気を際立たせます。

 

・似合うメイク
メイクも、ゴールド系・ブラウン系が、この人を美しく見せます。オレンジなども、アースカラーをベースにした色が映えます。

 

タレントさんで言うと、ローラさん、新木優子さん、長谷川潤さん、大野智さん、長瀬智也さん、平野紫耀さん、吉沢亮さん。

 

●冬カラー

肌は、春カラー同様、透明感がありますが、冬カラーの場合、赤ちゃんではなく、モノトーンのイメージです。リップはピュアレッドが似合います。頬や唇に血色はあまりなく、瞳の色彩と髪の毛は、真っ黒に近いです。あるいは、肌と髪の毛の色のコントラストがハッキリしています。

冬カラーは、パリコレのモデルが着るようなスタイリッシュな色がベストマッチで、黒、赤、白など、ハッキリとした色が、冬カラーの人を引き立てます。女性は、近寄りがたい美人というイメージで、人があまり身につけないビビッドな色が映えます。夏カラーだと、本人のインパクトに負けて、服が幼稚っぽく見えます。人によっては、秋カラーも似合うでしょう。

 

・人から抱かれやすいイメージ
カリスマ性、超絶イケメン、美女、近寄りがたい、モデル、目力強い、カッコいい、日本人離れ

 

・似合う色
ブラック、ホワイト、ビビッドピンク、ロイヤルブルーなどの、ハッキリしたビビッドカラーが似合います。

 

・似合うファッションのイメージ
モデルが着るようなトレンディな服や斬新な服などが、このタイプの人を引き立てます。4シーズンの中で、タキシードが一番似合う人です。普通の人が着こなせないような服でも、この人が着るとサマになります。

 

・似合うメイク
コントラストの効いたメイクが映えます。レッドのリップカラーに目の覚めるようなブルーのシャドーなども似合います。

タレントで言うと、池田エライザさん、黒木メイサさん、松本潤さん、山田涼介さん、新田真剣佑さん。

 

*なお、各カラーに属するタレントさんは、筆者独自の判断をベースにしており、他のかたの見解と異なる場合もありますことをご了承ください。

筆者は、パーソナルカラーについては、クリスチャン・ディオールブティックに勤務した時に磨いた感覚を活かして判断しております。

 

まとめ

いかがでしょうか?

ご自分のパーソナルカラーのイメージが掴めましたでしょうか?

ご自分では判断が難しい、という方は、身近にいるセンスの良い家族や友人に、自分にどの色が似あうかを聞いてみると良いでしょう。

【全60話無料】★サアラの『あなたが《生まれてきた意味》を知り、自分らしい幸せを生きる。』 

【動画セミナー】『ユニバーサル・アストロロジー ~魂の計画書:Book of Lifeを読み解く~』

スピリチュアルを専門とする翻訳家・執筆家。 ベストセラーあるいはロングセラー訳書8作品あり。 英語のスペシャリストでもあり、英検1級・TOEIC965点を獲得。 他にも英語学習コンテンツクリエイター・通訳・カウンセラー・ナレーター・声楽家としてマルチに活動。 海外在住。