アセンションの預言書? 『アミ小さな宇宙人』の魅力に迫る!―あなたもきっとアミを読みたくなる!

アセンションの預言書? 『アミ小さな宇宙人』の魅力に迫る!―あなたもきっとアミを読みたくなる!


「アミ小さな宇宙人」といえば、スピリチュアル本の中の、不朽の名作のひとつ。

本書にインスピレーションを受けた人は、数えきれません。

筆者も、「アミ」の魅力の虜になった一人です。

筆者の中にある、アセンション後の世界のイメージは、これをベースにしていると言っても過言ではありません。

本記事では、スピリチュアル・フィクションの金字塔とも呼べる、アミ小さな宇宙人の魅力をあますところなくお伝えしていきたいと思います。

未読の方なら、本記事をお読みいただければ、きっと、読みたくなってしまうはず!

既読の方でも、もう一度読み返したくなってしまうことでしょう。

『アミ小さな宇宙人』とは?

【基本データ】

『アミ 小さな宇宙人』は、チリの作家、エンリケ・バリオス氏のスピリチュアル小説であり、1986年にチリで出版され、ベストセラーとなりました。その後、本書は11か国語に翻訳され、世界的ベストセラーに。日本でも1995年に徳間書店から出版され、以降大ベスト&ロングセラー作品となっています。

続編に、『もどってきたアミ 小さな宇宙人』『アミ3度目の約束 愛はすべてをこえて』があり、これら3部作は、今でも色あせることのないメッセージ性があり、ファンの間では絶大な人気を誇っています。

 

アミの大まかなあらすじ

一人の少年ペドゥリート(主人公)の元に、進化した惑星から来たという、見た目は少年の、宇宙人アミが現れます。アミはペドゥリートをUFOに乗せて、様々な惑星を訪問する中で、地球がいかに未開の地であるか、また地球が進化するには、どのような生き方をすべきかを彼に教えます。

とてもざっくりとした言い方をすれば、「地球の少年と他の惑星から来たETの友情を描いた、小説版の『ET』に近いもの」と表現できるかもしれませんが、大きな相違点は、この小説では、ETであるアミが、地球人のペドゥリートに、「進化した惑星はどうあるべきか、そこに住む人たちはどうあるべきか」を指南する点にあります。

また、この本がもう一つ話題になっているポイントは、これが著者バリオス氏の実体験に基づく実話なのではないかという点です。

 

アミがここまで人気のヒミツ

アミがなぜここまで不動の人気を保っているのか、そのヒミツを簡単に要約してみました:

●アミの語る「真実」がハートに共鳴するから。

●自分の故郷の惑星がそうだったから、郷愁を覚える。

●本書に散りばめられた数々の叡智

●沢山のソウルがアセンションのために、地球に来ており、アミの話す世界観が、アセンション後の地球のあるべき姿だと、魂のレベルで「知っている」から。

 

アミ名言集

「百聞は一見に如かず!」というわけで、アミの中から、心に響く珠玉の名言を集めてみました。

ネタバレになりますので、本でじっくり楽しみたい方は、この項目はささっと流し読みして、感動の楽しみはとっておいた方がいいかもしれません。

●愛について

この世界の人々は、おたがいに、みんな愛しあっている大きな家族なんだ。だからみんなすべてを分かち合って仲よく生きているんだ。そう考えると、とても単純なことのようにさえ思えた。

基本は愛

それが宇宙の基本法なんだ。

とても単純で、素朴で、しごくあたりまえのことのようであるけれど、これを体得するのは容易ではない。

だからこそ進歩が必要となってくるんだ。」

きみは神とおなじ物質からできている。きみは愛なんだよ。

進歩が少しずつ、われわれの真のアイデンティティである“愛”を認識させていくよ」

「とても単純で、素朴で、しごくあたりまえのことであるけれど、これを感じ体験するのは容易なことじゃない。もっとも進歩したひとが、より崇高な愛を体験し、より深い愛を表現するんだ」

「好きということはひとつの愛のかたちだ。

愛がなければ楽しみもない。

愛をもって生きるほうが、ずっと楽しく生きられるんだよ

「じゃ愛が、人間のもっている可能性の最高のものだ」

「そのとおりだよ。やっとわかったね。ペドゥリート。」

「そうしたわざわいとは無縁に、できるかぎりスムーズに前進をはたすのが望ましいけれど、それができるのは、全体の意識の高まりだけなんだ。

そしてその意識の高まりを生んだものこそ、愛であり、愛にみちびかれた知性なんだよ。だからこそ、地球の愛の成長をたすけることが、なにをおいてもたいせつなんだ。

なんであろうと、愛にもとづいてないものは幸せをつくりだせないんだから。

 

●人生全般について

宇宙とは神の想像による創造なんだ。

それは芸術であり、一種の遊びだよ。

人生とは”遊びのルール”の本当の意味を

魂が正しく捉えることが 出来るようになるまで

学び続けていくことなんだよ。」

「人生が提供してくれたすべてのものに

注意の目を向けるようにつとめてごらん。

たえずいろんなすばらしさを発見するだろう。

頭ばかりで考えるかわりに、

感じるように知覚するようにつとめてみてごらん。

人生の深い意味は思考のもっとむこう側にあるんだ・・・

人生は現実のおとぎ話のようなものなんだ・・・

神がきみにささげた美しい贈りものなんだよ・・・

なぜなら神はきみを愛しているからね・・・」

もし、人生やその瞬間が美しいと感じはじめたとしたら

そのひとは目覚めはじめているんだ。

「目覚めているひとは人生はすばらしい天国であることを知っていて

瞬間、瞬間を満喫することができる。」

「そう、きっときみの世界は、きみの惑星の運命は、この本を読んでいるきみの行動しだいだろう。きみがきみの惑星のすべての運命の決定をくだすことになるだろう。

よろこび、健康なユーモア、楽天主義、希望、責任、悪意のない魂、信念、許し、隣人へのたすけ、ほんものの愛などが、ますます必要不可欠なものになっていき、それが人類にとって、そして一人ひとりにとって、高い水準の存在へうつるのに必要なエネルギーになると言っていた。

自分の魂が想像したものは全て、実現可能な事だから、努力と持続と信念を持って実現すべきだ

「うん、≪水瓶座の時代≫のことだよ。地球という惑星の新しい発達段階で、数千年もの間続いた野蛮な時代の次に来る、新しい愛の時代のことだよ。地球よりも繊細な宇宙エネルギー に支配されるようになり、全ての人の愛の成長を助けるようになるんだよ。」

人々は幸せになるために生まれてきているんであって、傷つくために生まれてきているんではないんだ。だから、我々もこの≪救済計画≫に乗っ取って働いているんだよ。最近地球で愛についてよく語られているのに気がついたかい? 」

「人々は以前、残酷な行為に対してそれほど繊細ではなく、戦争も当然のことと考えていた。でも今はもう違うんだ。大部分の人はただ平和に生きることを願っている。新しい時代の人間は、より繊細な放射の影響を受け、可哀想に苦悩に対してより敏感で、より傷つきやすくなっているんだよ。」

「ここには罰もなければ刑務所もない。その人自身が苦しむことになるんだよ。つまり、自分で自分を罰するんだ。たとえばきみは、おばあちゃんのほおをなぐったりする?もし、かりになぐったと想像してごらん。どう感じる?」

「そりゃ、とても心が痛むよ。とても後悔するし、たえられないことだよ……」

「それが、自分で自分を罰するということだよ。きみはおばあちゃんを傷つけたり、侮辱したり、彼女のものを盗んだりなんかしないだろう。それどころが、反対にたすけたり保護したりするだろう」

「うん。もちろん。だってぼく、おばあちゃんのこと愛しているもん」

「ここは、みんな、愛し合っているんだ。みんな、兄弟なんだよ」

「ここでは、輸送はすべて空を使っているから、そういったものは必要ないんだ。すべての円盤は、”スーパーコンピューター”と直結してあって、それぞれの円盤の操縦に干渉しているんだ」

人生を楽しく、充実して生きることだよ。楽しんだり、働いたり、勉強したり、奉仕したり、たすけの必要な人を援助したり……未開文明の援助をするんだよ。すべて”救済計画”の枠の中でしかできないので、あまり多くのことはできないけど」

「ちょつとでもいいから、考えることをやめてごらん。ずっと幸せになれるよ。この今という、たいせつな瞬間をムダにしてはダメだよ……」

「彼らは先々のことをいろいろ想像して、思いなやんだりなんかしないんだよ。ただ、この今を充実させることを、まず心がけているんだ、きみもこれは学んでほしいね」

われわれの最大の幸福は、人に奉仕し、援助すること、そして人の役に立っていると感じられることによって得られるんだ。みんな、平和に対するはっきりとした認識を持っていて、創造者を愛し、生命を与えてくれたことに感謝し、それを十分に満喫する。人生とはわれわれにとって科学がどんなに発達しようと、とても単純なものなんだよ。」

「ひとたび同化してしまえば、宇宙親交から科学的、技術的、精神的な援助が受けられる。そうするともう、苦悩や不安や死を永遠に過去のものとすることができるんだよ」

「自分自身がかわらなくてはね。より正しく、より正直に、よりやさしくね。そうしたらこんどは、その変化を外にむけて、意識を変えるのに役立つような知識を、人々に教えていくんだ。」

「それがひろがっていくと、”狼”のしもべたちの数も日に日にすくなくなって、いつか”狼”にあやつられるひとも、食いつく人もいなくなり、そうして、人類にとって最後の変化がおとずれるんだよ」

ひとの中にはすべてがあるんだよ、ビンカ。すべてがね!

「でも魂の自由なしには、ほんとうの幸せなんてありえないからね」

もしきみがみんなのためになるような、よい考えをもっていたとする。でも、きみにそれを発言する勇気がないとする。そうしたら、そのよい考えはけっしてみんなに知られることもなく、闇にうもれてしまうよ。きみの恐怖心のせいでね・・・。ほんとうはきみに賛成するひとだっているかもしれないのに

「子どもたちと、子どものような心をもったひとたちは信じるよ。真実は美しく平和だっていうことを知っているからね。彼らがきみを通して伝えたわれわれのメッセージを普及することに貢献するだろう。

地球のひとたちは、いま、自分自身で努力しなければならないときを迎えているんだよ」

 

●統治について

「ここはだれも、だれにも、命令なんかしないよ。ここはもう、みな、組織化し終わっている。もしなにか特別なことがあった場合、賢者たちがその分野の専門家と集まって決定したり、コンピューターにインプットしたりする」

「考えるのは自分のことばかり、みんなの豊かさについてはまるでかえりみようとしないわずかなひとたちが、世界を動かす舵をにぎっているからなんだよ。それに、そのひとたちがにぎっている権力はとても大きいから、自分たちにとってつごうがいいと”考えている”状況にむけて、かってな思惑だけで人類全体をひきずりまわしているせいなんだよ」

もし武器や兵器にお金をまったく使わないとしたら、飢えるひとはひとりもいなくなるどころか、すべてのひとが大金持ちのような生活ができるんだ。すべてのひとがだ!

 

●仕事について

文明世界のひととは、ひとに役立つことで幸せを感じられるひとのことなんだ。ここではたくさんのひとが楽しんでいるけど、大部分のひとは、別のところにあるピラミッドの中の研究所や大学ではたらいたり、おくれている惑星に使命を果たすためにミッションとして出かけ、奉仕しているんだ。」

「人生とは幸福になることだし、それをじゅうぶんに楽しむことだ。でも、最大の幸福は、ひとに奉仕することによって得られるんだよ……」

「実際ここはほんの少ししか仕事がない。重労働はみな機械やロボットがやってしまうし。ぼくたちは”天国”にいるんだよ。ペドゥリート」

「これもほんとうのことだけど、銀河系当局は、一人一人、その人にいちばんむいている仕事をたのむんだよ。そうするとやっぱり、やるほうのやる気もやりがいも、ぜんぜんちがってくるからね。」

「まったく、なんという人間不信だ!文明社会では、だれもひとを”利用したり”しない。われわれはだれも売ったり買ったりなんかしないよ。第一、お金なんか存在していないんだからね……」

「わかったよ、アミ。でも、どうしてタダではたらけるの?」

もしね、きみに愛があるなら、ひとに奉仕できることで幸福に感じるし、どうじに、人から奉仕を受ける権利をもつんだ

「それぞれみんな、一人ひとりが、自分の感じているものを表現して、観客に見てもらって、よろこんでもらったり、自分でもどうじに楽しんだり、友情のきずなをつよめたりするんだよ」

もしまだ、奉仕への欲求が生まれていないなら、なにもすることはない。ひとに言われたり、自分で決めて義務的に奉仕しなければならないというものじゃないんだ。愛にかんすることは、すべて自由であって、けっして義務じゃない。もし、自由でないとしたら、それは愛に属していない

 

人類は、アミからなにを学ぶべきなのか?

本書がこれほどまでに多くの人々の共感を集めているということは、人類にとって、アミの描いている世界が、机上の空論ではなく、実現可能だということの証左なのではないでしょうか。

「現状を鑑みると、到底実現可能なゴールとは思えない・・・。」

一人だけの力では、確かにそうかもしれません。

でも、私たちみんなが協力したなら?

一人ひとりが出来ることから、はじめていったなら?

先ずは、ご自分から、アミの描く世界を一歩ずつ創造しはじめてみませんか。

あなたが、波動(周波数)をシフトするだけで、世界は変わり始めるのです。

なぜなら、究極的には、あなたの世界は、あなたの内なる世界の反映なのですから。

まとめ

「アミ小さな宇宙人」は、進化した惑星から、地球に送られてきた、アセンション後の地球の「青写真」のように思えます。

一説によれば、この世界で創られる物語や映画は、すべてどこかの世界(次元)に既に存在しており、そこにアクセスした人の元にインスピレーションとして降りてきているということのようです。

ならば、アミの説く世界もたんなるファンタジーではなく、すでにどこかの次元に存在することになります。

私たちに必要なのは、その世界のパラレルワールドへシフトすることなのかもしれません。

その世界にシフトするには、前述の通り、自分の周波数を変え、またその「真実」に基づいて行動をとっていくことです。

あなたも、もしアミに共感したなら、アミの貴重なメッセージを活かして、共にアセンションを推進していきましょう。

2017年から魚座から水瓶座の時代!?次の2150年は公平分配の社会へ。

 

「あの世」の本当のしくみとは? 人はどこからやってきて、どこにかえるのか?