<次元の上昇>アセンションするために必要不可欠な6つの方法


上昇を意味するアセンション【Ascension】
スピリチュアルのジャンルにおいて話されるのは
『次元の上昇』についてがほとんどです。

では、次元の上昇とは一体なんなのでしょう。

基準になる次元は、現在私たちが生活している三次元です。
そして、めざす次元は二つ先の五次元になります。

五次元は魂の世界(霊界)と言われています。
私たちが生きてきた中で穢れてしまった魂を、肉体から切り離して浄化し、
負の感情を忘れることで本来の自分の姿を取り戻します。

これが次元の上昇です。

より良い人生を歩むためにも、アセンションの方法について学びましょう。

1.アセンションする前に知っておきたいこと

1.1.アセンションという考えの発祥

インターネットを開くと、アセンションについての記述がたくさんありますね。
いろいろな人の、さまざまな考えを覗き見て参考にできます。
もちろん、それらの解釈に「正しいもの」「間違っているもの」などはありません。

最終到達目標はあくまでも『アセンションすること』
自分にあったアセンションの方法を見つけるため、基礎知識をしっかりとつけて、参考にできるものを選べるようにしておきましょう。

そもそも、アセンションという考えが、どういったところから発祥したのかをご存知でしょうか?
Ascension(アセンション)は日本語では『上昇』という意味になります。

アセンションという言葉が注目されているのは、
イエス・キリストが復活し天に昇ったことを表現する際に使用するためです。
キリスト教の祝祭日になる“キリスト昇天祭”は「the Ascension Day」という風に記述します。

この“キリストの昇天”は、生命が終わり、魂が肉体から離れていくこととはまったく違います。
もしそうであれば、アセンションする=死ぬこととなってしまい、得られるものが無くなってしまいます。

しばしば、こちらの解釈を間違えている方が見られるので、あくまでも“精神的な上昇”を目指しましょう。

1.2.人類におけるアセンション

人類におけるアセンションとは“次元の上昇”です。

現在、私たちが地面に足をつけて生きている世界は「三次元」です。
アセンションで目指す次元は「五次元」になります。

三次元の世界には、綺麗なものから醜いものまで、すべてが詰まった混沌とした世界です。
精神的なお話に絞れば、「暴食」「色欲」「強欲」「憂鬱」「憤怒」「怠惰」「虚飾」「傲慢」「嫉妬」など、7つの大罪をはじめとした、人の心の中に生まれる悪い感情がかなり世界に広がっています。

ですが、アセンションして五次元世界に精神を上昇させることで、このような負の感情から解放されます。
具体的には、「喜び」「思いやり」「平和」「親切」などの感情に支配され、負の感情を忘れることができます。

このおかげで、本来のあなたの心を取り戻し、汚い感情の無い素晴らしい人生を歩むことができます。

2.アセンションするために必要不可欠なこと

2.1.地球のアセンション ‐自然の浄化作用‐

アセンションするためには、まずは“浄化”が大切です。
アセンションするために必要なことを、まずはわかりやすい地球のアセンションで解説します。

地球における“浄化”とは、人類の言葉でいう『自然災害』になります。
ですが、地球には感情はありません。地球を汚してしまうのは人類の負の感情です。
地球は、人間の行いで溜まった良くない空気を、自然災害によって打ち消しているのです。

もし、自然災害のない平和な世界だったら、人類は危機管理をすることがなくなってしまいます。
人間のエゴとエゴの衝突で起こる凶悪な犯罪にまみれ、人類はすでに滅亡してしまっていたかもしれません。

地球は私たちに、自然災害を通して気づきへのメッセージをくれているのです。
自然災害といえど、起こすには莫大なエネルギーが必要です。

地球が自らエネルギーを利用して、私たちに伝えようとしてくれていることはなんなのでしょう。
自然災害について考えてみるのも、より良い人生への手掛かりになるでしょう。

2.2.人類のアセンション ‐魂の浄化‐

人類は、まず“魂の浄化”をすることが必要不可欠です。

“魂の浄化”とは、今までの人生の中で犯してきた罪ときちんと向き合い、償う・許すといったことを、自問自答しなければなりません。
些末なことでも、思い出せることがあるならば、きちんと浄化しておくことをおススメします。

五次元に上昇するためには、四次元(過去・未来)を通過するほかありません。
途方もないことかもしれませんが、負の感情を捨てるには、過去と向き合う必要があります。

きちんと過ちを認めれば、意識せずとも負の感情から距離を置くことができるでしょう。

五次元世界への到達を気づくことはできません。
五次元に到達している時点で、すべてが「当たり前のこと」になっているからです。

「良い行いをしよう」「あの人のためになにかしよう」こういった感情は、アセンションとは遠い考え方です。
打算的・エゴなどの負の感情に近いからです。

次元の上昇を完了している人は、考えずとも、自分のため・人のために進んで良い行動を選択します。
まずは意識して良い行いをしていき、慣れてきたら無意識でその行いが続けられるように意識してみましょう。

2.3.肉体からの魂の解放

先にも述べていますが、肉体からの魂の解放は「=死」ということではありません。

簡単に説明すると、
8月の真夏日に肉体が感じる「暑い(不快)」という負の感情に対して、次元の上昇を完了している人は「夏なのだから、暑いことは当たり前」といった風に、自然を受け入れて、不快に感じることはありません。

そういった次元に到達することが最終目標になりますので、
実際に到達したかどうか、自ら確認することは難しいです。

3.アセンションするために、次元について知りましょう

3.1.今いる世界について知る

まず、前提として注目したいところは、精神世界の話ですので、
よくある「一次元・点の世界」「二次元・線の世界」「三次元・立体の世界」というくくりではありません。

三次元とは立体。そして、私たちが住む世界は「三次元だ」と言われています。

三次元の精神世界は“楽しいこと”や“嫌なこと”すべての感情が混ざった混沌とした世界なのです。
この世界に意識を置いてしまっている状態では、いくら自分の意識を高めようとしても、他者の介入で簡単に穢れてしまうことがあります。

自分を律することができると思っていても、外からのアクションで穢れてしまうことを回避するのはとても難しいのです。

例えば、暑い日に“暑くない”と自分に言い聞かせることでコントロールはできますが、
誰かが隣で「暑い」などを言い続けることによって、自分の心もそちらに同調しようと動いてしまいます。
これが、三次元の精神世界における他人からの攻撃です。

こういったことから身を守るためにも、アセンションして意識の次元を高めておくことで、三次元からの攻撃に干渉されない精神に到達することができます。

3.2.めざす世界について知る

五次元への消化を目指すと書きましたが、五次元の精神世界についても知っておきましょう。

五次元に到達すると、すべてのことが楽しくなります。
三次元の世界では「これがやりたい」などの欲にまみれていましたが、五次元世界では、出会うもの・体験するものすべてを楽しむことができ、自分の糧とすることができます。

また、心は穏やかになり、宇宙から発信される愛やエネルギーを素直に受け取ることが可能になります。

悪いことについて気にならなくなるので、とても自分らしく生きることができるのです。

アセンションで目指すのは五次元ですが、その先にあるものは「自分らしさ」です。

本当の自分らしさに気が付くことが、アセンションです。
ですが、前述のとおり、アセンションで五次元に到達したことは、すでにそれが当たり前のことになっているので気が付くことができません。

まずは意識して五次元に近づき、次第にアセンションしてけるように計らう必要があります。

4.アセンションする方法を模索しましょう

4.1.“無意識”を意識する

五次元に到達したことは意識できないと何度も述べてきました。
では、どうすれば五次元に近づくことができるのでしょうか?

しばしば、アセンションとは「三次元から五次元への飛躍」と捉える方がいますが、
これは「昇華」の文字通りの熟語の意味を捉えてしまったもので、
実際には、無意識を意識すること(四次元)を通過しています。

五次元で自分らしさに気が付くためには、自分らしさを模索する必要があります。

“自分探しの旅”のようなわざとらしい行いは必要なければしませんが、
もし、都会の喧騒にうんざりしているなら、田舎に引っ越すことも四次元的行動と言えます。

五次元に到達するためには、無意識を意識できる環境作りも大切だからです。
無意識を意識することをはじめれば、その意識もいずれは必要なくなります。

楽しくないことでも、楽しいと思ってみたり、
興味が無いことにもチャレンジしてみるような環境も変化も
自分らしさをみつける近道かもしれません。

その次元に到達するためにも、無意識をしっかりと意識して生活していきましょう。

4.2.日頃からの些細な行いが重要

嫌なことを“嫌だな”と思ったまま生活していては、とうていアセンションに達することはできません。

「何事も経験だ」「できなくても精一杯やろう」「今を楽しもう」

こういった気持ちで日々を過ごすことで、たくさんのものを楽しむことができ、
自分へのプラスになる経験として対処することができます。

「楽しもう!」と思っている時点で、アセンションへの一歩は踏み出せています。

あとは、大きな心で現状を受け入れることも大切です。
いろいろなことを感じ取り、消化できるように意識しましょう。

そのうち、宇宙からのエネルギーや、人の心の動き(自分より次元の低い人)を読み取ることができるようになります。
そうなれば、おのずと自分がしなければならないことに気が付き、より良い人生を歩んでいけることに繋がります。

5.それでもアセンションがわからない人へ

5.1.似ている“悟り”との比較

“アセンション”に並んで“悟り”という言葉が使われるときがあります。
悟りとは「真理に辿りつくこと」です。

似ているのは“すべてが自分のことのように思える”という点です。

アセンションにおける“すべてが自分のことのように思える”というのは、
「情けは人の為ならず」のような、巡り巡って自分にプラスになる行いができるということです。

悟りにおける“すべてが自分のことのように思える”というのは、
人類、地球、宇宙、すべてと繋がっているということなのです。

アセンションは、言ってしまえば自分のためにすることなので、間違えないようにしましょう。

5.2.カルマの浄化からはじめましょう

それでもアセンションへの一歩が踏み出せない方は、まずはカルマの浄化をしましょう。

カルマとは、罪のことです。

今までに犯してきた罪を、一つずつ思い出し、反省し、許していきます。
大きなことから、小さなことまで。後悔していることをすべて払しょくします。

そのうち、まずは自分に対して寛容になることができることでしょう。
自分にたいして寛容になれ、心に余裕がでてくると、他人にも優しくなることができます。

そうなれば、次の段階へ。
生活環境を少し変えてみたりと、自分らしさを模索していきます。

あとは、自然に身を任せていれば、アセンションできることでしょう。

6.まとめ

いかがでしょうか。
アセンションの方法についてなにか掴めることはありましたでしょうか?

実際、アセンションはなにかと考えながら生きている方より、
一生懸命“今を楽しもう”と生きている人の方が、明らかにアセンションに近いのです。

ですので、難しく考えずに、まずはカルマの浄化から、五次元への上昇を目指していきます。
無意識に生活することを意識していれば、気づかないうちにアセンションできていることでしょう。